FXトレードの基礎知識

FXトレードでの証拠金とは

2019年12月29日

FXトレードは通貨を売買するトレードです。売買をするからにはお金が必要ですが、その売買のためのお金のことを「証拠金」といいます。

証拠金はFXだけでなく株式売買や日経225のような先物取引をするさいも証拠金を使って売買が行われます。このような証拠金を使って売買が行われる取引を「証拠金取引」といいます。

FXでは証拠金に関係する用語が三つあります。「必要証拠金」、「有効証拠金」、「証拠金維持率」です。それぞれ理解しておかないと、取引にいくら必要なのか、あるいはどの程度の損失まで取引できるのか分からずに強制的にロスカットされることにもなりかねませんので、今回は証拠金について詳細にご説明してまいります。

なお当社はMT4 EA開発の専門業者です。MT4 EAはFXの自動売買ソフトですがMT4 EAを使用するさいも必ず証拠金は必要ですので、この機会にぜひとも証拠金について理解してください。当社が開発しているMT4 EAに興味のあるかたは以下のリンクから詳細をご確認ください。すべてのMT4 EAは無料でご使用いただけます。

無料EA一覧

必要証拠金とは

必要証拠金とはその名の通りFXトレードに必要な証拠金の事です。いくら必要なのかはFX会社が設定している最大レバレッジによって変わってきます。レバレッジについてご存じない方は以下のページで説明しておりますのでご覧ください。

FXトレードのレバレッジ

日本のFX会社の最大レバレッジは以前は各社自由に設定でき中には数千倍のレバレッジをかけられるところもありましたが、金融庁のレバレッジ規制により2010年には最大レバレッジ50倍に、翌2011年には最大25倍に規制されました。そのため現在日本のすべてのFX会社の最大レバレッジは25倍(法人口座は最大400倍)です。

それでは日本のFX会社では必要証拠金がいくらになるのか計算してみましょう。以下が必要証拠金額の計算式となります。

取引する通貨ペアの現在のレート 

FXトレードでの証拠金とはの続きを読む

FXにおけるトレンドラインとは

2019年11月26日

FX取引では、相場の方向性を分析するために、表示チャート上にラインを引くことがあり、その中でも多く使用されているラインが「トレンドライン」です。トレンドラインとは相場が上昇しているのか下降しているか、または上昇や下降の程度はどのようなものかを知るために使われており、今回はトレンドラインについて詳しく説明していきます。

トレンドラインを上手く使用することで、今の相場はエントリーすべきなのか見送るべきなのかを判断したり、エントリーのタイミングやポジション決済のタイミングを知ることもできます。しかし、誤った使い方をしてしまうと思わぬ損失をこうむる事にもなりかねませんので注意が必要です。

なお当社はMT4 EA開発の専門業者です。EAはプログラム上でエントリータイミングや決済タイミングを判断し自動的に取引を行いますのでチャート上にラインを引く必要はありませんが、当社でEAを作成する際にはトレンドラインを引いたりしながら分析をして最適なシステムを開発しています。当社が開発しているMT4 EAに興味のあるかたは以下のリンクから詳細をご確認ください。すべてのMT4 EAは無料でご使用いただけます。

無料EA一覧

トレンドラインの引き方

まずは正しいトレンドラインの引き方についてご説明します。以下の画像をご覧ください。

tre1

まずは白のラインで、谷が発生した部分の2つの主なローソク足の終値(画像のAとB)を結ぶラインを引きました。このラインは上昇していますので、この相場は「上昇トレンド」ということなり、相場の方向性が分かりました。

次に赤のラインでBから次の谷が発生したローソク足の終値(画像C)を結ぶラインを引きました。AとBを結んだ白いラインよりもラインの傾きが急になっていることから上昇トレンドの勢いが強くなったことが分かり、相場のトレンドの強さの違いが分かりました。

通常はトレンド発生すると上昇トレンドの場合はトレンド中にいくつかの谷ができるので、いくつかのトレンドラインを引くことができます。そのラインの角度の変化を見る事でトレンドに勢いが出て生きたのか、あるいはトレンドの勢いが無くなってきたのかを判断することが可能になります。

ここでFXを初めて間もない方に多い、誤ったトレンドラインの引き方を紹介します。以下の画像をご覧ください。

tre2

先ほどと同じ相場ですが、上の画像ではローソク足の「終値」ではなく「安値」にトレンドラインを引いています。このチャートではトレンドラインが機能しているように見えますが、実はよくある誤ったラインの引き方です。以下の画像をご覧ください。

tre3

白のラインのように、ローソク足の終値同士を結ぶとAのラインを引くことができます。しかし、赤いラインのように安値同士を結んでしまうとBのラインが出来てしまいます。これでは正確なトレンドの強さが分からないので、トレンドラインは必ずローソク足の「終値同士」を結ぶ」ことを覚えておいてください。

それでは次に「下降トレンド」を説明しますので、以下の画像をご覧ください。

FXにおけるトレンドラインとはの続きを読む

FXにおけるレジスタンスライン・サポートラインとは

2019年09月14日

FXで相場分析を行うさいにレジスタンスラインとサポートラインを良く使用します。レジスタンスラインとサポートラインはチャート上に引く水平線のことで、どちらもチャート上の目安となる価格に引かれます。

レジスタンスラインとサポートラインをうまく活用すると、価格の転換のタイミングが分かりやすくなるため、エントリーや決済が行いやすくなります。

レジスタンスラインとサポートラインは非常に利用価値の高いテクニカル分析ですが、引き方を間違えると正しく分析ができません。今回はそれぞれについて詳しく説明してまいります。

なお当社はMT4 EA開発の専門業者です。EAはプログラム上でエントリータイミングや決済タイミングを判断し自動的に取引を行いますのでチャート上にラインを引くことはありませんが、当社のEAの場合はそれ以外の方法で相場の転換のタイミングを判断しております。ご興味のあるかたは是非、当社のMT4 EAを使用してみてください。すべてのMT4 EAが無料でダウンロードできます。

MT4 EA

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは抵抗線とも呼ばれ、高値で何度か価格が反発しているところを結んだ水平線です。以下の画像をご覧ください。

regi1

上の画像のように複数回高値で反発しているところに引く水平線がレジスタンスライン(抵抗線)です。その名のとおりレジスタンスラインが引ける価格帯が上値の「抵抗」になっているわけです。

市場参加者の多くは相場価格がレジスタンスラインに近づくと、買いポジションを持っている人は「レジスタンスラインで価格が転換して下がるかもしれない」と判断して、レジスタンスラインの付近で利益確定を行うきっかけになります。

またポジションを持っていない人は同じく「レジスタンスラインで価格が転換して下がるかもしれない」と判断して、売りのポジションを保有するきっかけになります。

そしてレジスタンスラインで何度も何度も上値を抑えられれば抑えられるほど、そのレジスタンスラインは強い抵抗になります。以下の画像をご覧ください。

regi2

レジスタンスラインで何度も反発すると相場参加者の多くが「またレジスタンスラインで反発する」と判断しますのでレジスタンスラインで「買いポジション保有者の利益確定の売り」と「新規エントリー者の売り」が多く入ります。よって、再びレジスタンスラインで相場価格が反転する可能性が高くなるのが特徴です。

FXにおけるレジスタンスライン・サポートラインとはの続きを読む

FXにおける平均足とは

2019年06月18日

平均足はその形がコマに似ていることから「コマ足」とも呼ばれるテクニカル指標で、株式トレードやFXトレードで良く使用されるテクニカル指標です。平均足はローソク足と同じで日本で生まれたテクニカル指標ですが、海外でも平均足は人気でMetatrader4(MT4)などのチャートシステムにも「Heikin-Ashi」として標準装備されているものが今や一般的となりました。

平均足はローソク足と同じく日本で生まれたテクニカル指標だけに見た目もそっくりで、平均足もローソク足と同様に「実体」と「ヒゲ」で作られています。しかしそれらの意味は異なっています。平均足はローソク足よりもトレンドが分かりやすいというメリットもあり人気のあるテクニカル指標ですので、今回はローソク足との違いも含めて説明してまいります。

ローソク足についてご存知ないかたは以下のページで詳細に説明しておりますので先にご覧になってください。

FXでのローソク足

なお、当社はMT4 EA開発の専門業者です。当社のMT4 EAにはある理由から平均足を使用したものはございません。その理由はこのページの最後の「MT4 EAと平均足」の項目でご説明しております。しかし当社のMT4 EAは平均足に変わる別な手法で高精度なFXトレードを実現しておりますので、ご興味のあるかたは是非、当社のMT4 EAを使用してみてください。すべてのMT4 EAが無料でダウンロードできます。

MT4 EA

ローソク足と平均足の違い

それではローソク足と平均足の違いについてご説明します。ローソク足と平均足の形は非常によく似ていますが内容が異なります。とはいえ平均足はローソク足のデータを利用して作られていますので、まずは簡単にローソク足のおさらいからしてみましょう。 ローソク足は一定期間の「始値」「高値」「安値」「終値」の四本値であらわされます。それぞれのローソク足のどこを意味しているのかは以下の画像をご覧ください。

FXにおける平均足とはの続きを読む

FXにおけるダウ理論とは

2019年05月09日

ダウ理論とは、19世紀後半に活躍したアメリカの金融ジャーナリストであるチャールズ・ダウが提唱した理論で、もともとダウ理論は「株価はすべての事象を織り込む」という思考で株価の将来の値動きを判断するために使用するものですが、FXにも十分応用可能ですので今回は株価を為替レートに置き換えてダウ理論について説明いたします。

本来のダウ理論は以下の6つの理論から成り立ちます。

1. 為替レートは全ての情報を織り込む
2. トレンドには3つの波動がある
3. トレンドには3段階からなっている
4. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する
5. 平均は相互に確認されなければならない
6. トレンドは出来高でも確認されなければならない

先に述べたようにダウ理論は株の売買の研究から生み出されたものですので、ダウ理論の中にはFXには当てはまらない部分もあります。そこで今回はダウ理論の中でもFXで応用できさらにFX初心者の方でも実際のFXトレードに役立つ「3.トレンドは3段階からなっている」と「4.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」という二つの理論に絞って説明してまいります。そして実際にダウ理論を利用したFXトレードの例もご紹介いたします。

なお当社はMT4

FXにおけるダウ理論とはの続きを読む