FXトレードの基礎知識

FXにおけるレジスタンスライン・サポートラインとは

2019年09月14日

FXで相場分析を行うさいにレジスタンスラインとサポートラインを良く使用します。レジスタンスラインとサポートラインはチャート上に引く水平線のことで、どちらもチャート上の目安となる価格に引かれます。

レジスタンスラインとサポートラインをうまく活用すると、価格の転換のタイミングが分かりやすくなるため、エントリーや決済が行いやすくなります。

レジスタンスラインとサポートラインは非常に利用価値の高いテクニカル分析ですが、引き方を間違えると正しく分析ができません。今回はそれぞれについて詳しく説明してまいります。

なお当社はMT4 EA開発の専門業者です。EAはプログラム上でエントリータイミングや決済タイミングを判断し自動的に取引を行いますのでチャート上にラインを引くことはありませんが、当社のEAの場合はそれ以外の方法で相場の転換のタイミングを判断しております。ご興味のあるかたは是非、当社のMT4 EAを使用してみてください。すべてのMT4 EAが無料でダウンロードできます。

MT4 EA

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは抵抗線とも呼ばれ、高値で何度か価格が反発しているところを結んだ水平線です。以下の画像をご覧ください。

regi1

上の画像のように複数回高値で反発しているところに引く水平線がレジスタンスライン(抵抗線)です。その名のとおりレジスタンスラインが引ける価格帯が上値の「抵抗」になっているわけです。

市場参加者の多くは相場価格がレジスタンスラインに近づくと、買いポジションを持っている人は「レジスタンスラインで価格が転換して下がるかもしれない」と判断して、レジスタンスラインの付近で利益確定を行うきっかけになります。

またポジションを持っていない人は同じく「レジスタンスラインで価格が転換して下がるかもしれない」と判断して、売りのポジションを保有するきっかけになります。

そしてレジスタンスラインで何度も何度も上値を抑えられれば抑えられるほど、そのレジスタンスラインは強い抵抗になります。以下の画像をご覧ください。

regi2

レジスタンスラインで何度も反発すると相場参加者の多くが「またレジスタンスラインで反発する」と判断しますのでレジスタンスラインで「買いポジション保有者の利益確定の売り」と「新規エントリー者の売り」が多く入ります。よって、再びレジスタンスラインで相場価格が反転する可能性が高くなるのが特徴です。

FXにおけるレジスタンスライン・サポートラインとはの続きを読む

FXにおける平均足とは

2019年06月18日

平均足はその形がコマに似ていることから「コマ足」とも呼ばれるテクニカル指標で、株式トレードやFXトレードで良く使用されるテクニカル指標です。平均足はローソク足と同じで日本で生まれたテクニカル指標ですが、海外でも平均足は人気でMetatrader4(MT4)などのチャートシステムにも「Heikin-Ashi」として標準装備されているものが今や一般的となりました。

平均足はローソク足と同じく日本で生まれたテクニカル指標だけに見た目もそっくりで、平均足もローソク足と同様に「実体」と「ヒゲ」で作られています。しかしそれらの意味は異なっています。平均足はローソク足よりもトレンドが分かりやすいというメリットもあり人気のあるテクニカル指標ですので、今回はローソク足との違いも含めて説明してまいります。

ローソク足についてご存知ないかたは以下のページで詳細に説明しておりますので先にご覧になってください。

FXでのローソク足

なお、当社はMT4 EA開発の専門業者です。当社のMT4 EAにはある理由から平均足を使用したものはございません。その理由はこのページの最後の「MT4 EAと平均足」の項目でご説明しております。しかし当社のMT4 EAは平均足に変わる別な手法で高精度なFXトレードを実現しておりますので、ご興味のあるかたは是非、当社のMT4 EAを使用してみてください。すべてのMT4 EAが無料でダウンロードできます。

MT4 EA

ローソク足と平均足の違い

それではローソク足と平均足の違いについてご説明します。ローソク足と平均足の形は非常によく似ていますが内容が異なります。とはいえ平均足はローソク足のデータを利用して作られていますので、まずは簡単にローソク足のおさらいからしてみましょう。 ローソク足は一定期間の「始値」「高値」「安値」「終値」の四本値であらわされます。それぞれのローソク足のどこを意味しているのかは以下の画像をご覧ください。

FXにおける平均足とはの続きを読む

FXにおけるダウ理論とは

2019年05月09日

ダウ理論とは、19世紀後半に活躍したアメリカの金融ジャーナリストであるチャールズ・ダウが提唱した理論で、もともとダウ理論は「株価はすべての事象を織り込む」という思考で株価の将来の値動きを判断するために使用するものですが、FXにも十分応用可能ですので今回は株価を為替レートに置き換えてダウ理論について説明いたします。

本来のダウ理論は以下の6つの理論から成り立ちます。

1. 為替レートは全ての情報を織り込む
2. トレンドには3つの波動がある
3. トレンドには3段階からなっている
4. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する
5. 平均は相互に確認されなければならない
6. トレンドは出来高でも確認されなければならない

先に述べたようにダウ理論は株の売買の研究から生み出されたものですので、ダウ理論の中にはFXには当てはまらない部分もあります。そこで今回はダウ理論の中でもFXで応用できさらにFX初心者の方でも実際のFXトレードに役立つ「3.トレンドは3段階からなっている」と「4.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」という二つの理論に絞って説明してまいります。そして実際にダウ理論を利用したFXトレードの例もご紹介いたします。

なお当社はMT4

FXにおけるダウ理論とはの続きを読む

FXトレードにおけるpips(ピップス)について

2018年12月11日

FXトレードでは共通の通貨単位としてpipsという単位が用いられます。pips(pipの複数形)の読み方は「ピップス」または「ピプス」となります。pipの意味を辞書で調ると「サイコロの目」と書かれていますが、FXの世界で使われているpipは「Percentage in point(「最小単位の1%」の意味)」の頭文字を取ったものであり、この他にも「price interest point(「利益の最小単位」の意味)の頭文字を取ったという説もあります。

またpipsは複数形であるため、1pip、2pips、3pips・・・と記述されることもありますが、たいていの場合は1pipも1pipsと記述されることが殆どです。その理由として、pipsは1pips、0.9pips、0.8pips・・・と小数点以下も存在するため1pipだけを単数形とするのは不自然であるからです。

今回はFXトレードの通貨ペアのスプレッド(売る場合と買う場合の差)(https://mt4-ea.com/blog/3573/)などでも使われる非常に重要な単位を示す用語「pips(ピップス)」について詳しく説明をしていきます。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社です。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンより無料EAをご取得ください。

MT4 EA

1pipsの基準となる価格は通貨ペアによって異なる

FXの世界ではドル円やユーロドルなど様々な通貨ペアで取引が行われていきますが、通貨ペアによって1pipsの基準となる位置が異なっています。

USD/JPY(ドル円)で説明すると、小数点以下第二位が1pipsの基準位置となります。つまり1銭を1pipsとして表します。

pips1

例えばUSD/JPYのスプレッドが2pipsとなっている場合は以下の通りとなります。

FXトレードにおけるpips(ピップス)についての続きを読む

MT4 EAにおけるリアル口座とデモ口座の違い

2018年10月17日

FX会社にはリアル口座とデモ口座が用意されていますが、MT4 EAでそれぞれ稼働した場合その取引結果に違いが出る場合があります。この違いを理解せずにデモ口座の取引結果だけを鵜呑みにしてしまうと、リアル口座で取引を行ったさいにその違いに戸惑うことにもなりかねません。今回はリアル口座とデモ口座の違いについて詳しく説明いたします。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAは全てリアル口座、デモ口座に対応しております。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

リアル口座とデモ口座のVolume数の違い

リアル口座とデモ口座ではVolumeの数が異なります。株取引を行う方々にとってVolumeといえば株が何株取引されたかという出来高のことを思い浮かべるかと思いますが、MT4のVolumeは決められた時間に何回値動きがあったかを示しています。

demoreal1

上の画像をご覧ください。これはリアル口座のデータです。まず「USDJPY,M5」と表示されています。これはUSD/JPY(ドル円)の5分足のデータであることを意味しています。そしてその下の「Date」に2018.10.11、「Time」に16:45と表示されていますので、このデータは2018年10月11日の16:45から5分間(16:50まで)のデータであることが分かります。

赤枠のVolumeの欄に「598」と表示されていますが、これは16:45~16:50の間に1619回の値動きがあったことを意味しています。

demoreal2

上の画像は先ほどと同じ時間帯のデモ口座のデータです。Volumeが「927」になっていることがお分かりかと思います。

つまり同じ時間帯でもリアル口座よりデモ口座の方が値動きの回数が少ないことを意味しています。

変動スプレッドを採用しているFX会社の場合は値動きのたびにスプレッドが変動します。リアル口座とデモ口座では値動きの回数が異なりますので、リアル口座のスプレッドとデモ口座のスプレッドに微妙ながらも違いが生じる場合が多々あります。

そうなると同じ瞬間にMT4

MT4 EAにおけるリアル口座とデモ口座の違いの続きを読む