FXトレードの基礎知識

FXトレードにおけるpips(ピップス)について

2018年12月11日

FXトレードでは共通の通貨単位としてpipsという単位が用いられます。pips(pipの複数形)の読み方は「ピップス」または「ピプス」となります。pipの意味を辞書で調ると「サイコロの目」と書かれていますが、FXの世界で使われているpipは「Percentage in point(「最小単位の1%」の意味)」の頭文字を取ったものであり、この他にも「price interest point(「利益の最小単位」の意味)の頭文字を取ったという説もあります。

またpipsは複数形であるため、1pip、2pips、3pips・・・と記述されることもありますが、たいていの場合は1pipも1pipsと記述されることが殆どです。その理由として、pipsは1pips、0.9pips、0.8pips・・・と小数点以下も存在するため1pipだけを単数形とするのは不自然であるからです。

今回はFXトレードの通貨ペアのスプレッド(売る場合と買う場合の差)(https://mt4-ea.com/blog/3573/)などでも使われる非常に重要な単位を示す用語「pips(ピップス)」について詳しく説明をしていきます。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社です。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンより無料EAをご取得ください。

MT4 EA

1pipsの基準となる価格は通貨ペアによって異なる

FXの世界ではドル円やユーロドルなど様々な通貨ペアで取引が行われていきますが、通貨ペアによって1pipsの基準となる位置が異なっています。

USD/JPY(ドル円)で説明すると、小数点以下第二位が1pipsの基準位置となります。つまり1銭を1pipsとして表します。

pips1

例えばUSD/JPYのスプレッドが2pipsとなっている場合は以下の通りとなります。

FXトレードにおけるpips(ピップス)についての続きを読む

MT4 EAにおけるリアル口座とデモ口座の違い

2018年10月17日

FX会社にはリアル口座とデモ口座が用意されていますが、MT4 EAでそれぞれ稼働した場合その取引結果に違いが出る場合があります。この違いを理解せずにデモ口座の取引結果だけを鵜呑みにしてしまうと、リアル口座で取引を行ったさいにその違いに戸惑うことにもなりかねません。今回はリアル口座とデモ口座の違いについて詳しく説明いたします。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAは全てリアル口座、デモ口座に対応しております。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

リアル口座とデモ口座のVolume数の違い

リアル口座とデモ口座ではVolumeの数が異なります。株取引を行う方々にとってVolumeといえば株が何株取引されたかという出来高のことを思い浮かべるかと思いますが、MT4のVolumeは決められた時間に何回値動きがあったかを示しています。

demoreal1

上の画像をご覧ください。これはリアル口座のデータです。まず「USDJPY,M5」と表示されています。これはUSD/JPY(ドル円)の5分足のデータであることを意味しています。そしてその下の「Date」に2018.10.11、「Time」に16:45と表示されていますので、このデータは2018年10月11日の16:45から5分間(16:50まで)のデータであることが分かります。

赤枠のVolumeの欄に「598」と表示されていますが、これは16:45~16:50の間に1619回の値動きがあったことを意味しています。

demoreal2

上の画像は先ほどと同じ時間帯のデモ口座のデータです。Volumeが「927」になっていることがお分かりかと思います。

つまり同じ時間帯でもリアル口座よりデモ口座の方が値動きの回数が少ないことを意味しています。

変動スプレッドを採用しているFX会社の場合は値動きのたびにスプレッドが変動します。リアル口座とデモ口座では値動きの回数が異なりますので、リアル口座のスプレッドとデモ口座のスプレッドに微妙ながらも違いが生じる場合が多々あります。

そうなると同じ瞬間にMT4

MT4 EAにおけるリアル口座とデモ口座の違いの続きを読む

ECN口座でのMT4 EAのバックテストの注意点

2018年09月28日

FX会社で開設できる口座の中にECN口座と呼ばれる口座がありますが、この口座を使用してMT4 EAのバックテストを行うさいには注意が必要です。ECN口座とはスプレッドが非常に狭いかわりに、取引時にFX会社から取引手数料を徴収されるシステムの口座となります。日本国内のFX会社ではあまり一般的とはいえませんが、海外のFX会社では取り扱いが多い口座といえます。

ECN口座でMT4 EAのバックテストをする場合、通常のバックテスト時と異なる注意点があり、間違ってしまうと正確なバックテストができません。今回はECN口座で正しくMT4 EAのバックテストを行う方法を説明していきます。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が開発しているMT4 EAもECN口座でバックテストを行うさいは同様の注意が必要ですので、注意点を守ってバックテスト行ってください。

当社の開発するMT4 EAにご興味のある方は以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

当社がおすすめするECN口座

現在、当社では数ある海外FX会社のECN口座の中で、信頼性が高く日本人でも利用しやすいFXDD社、Titan FX社、XM Trading社をおすすめしております。各社のECN口座の名称と手数料は以下のとおりです。

ECN口座でのMT4 EAのバックテストの注意点の続きを読む

MT4 EAにおけるパソコンの稼働条件

2018年08月27日

MT4 EAを正常に稼働させるためには、MT4 EAを稼働させるパソコンが一定の稼働条件を満たしている必要があります。もしMT4 EAを稼働させているパソコンが条件を満たしていない場合は、ポジションを保有しない、あるいは保有しているポジションが正常に決済せずに予期せぬ損失をこうむる恐れもあります。このコンテンツではMT4 EAを正常に稼働させるためのパソコンの設定や、パソコンやMT4を再起動した場合の処理手順を説明してまいります。

なお当社はMT4 EAを専門に開発している会社ですが、パソコンの稼働条件に関する質問も多く受けており、質問者の方々にもこれから説明する内容をお答えしております。MT4 EAを正常に稼働させるためには必要不可欠な内容になっておりますので、ぜひご理解ください。

当社の開発するMT4 EAにご興味のある方は以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

パソコンの稼働状態

パソコンには以下のようにいくつかの稼働状態があります。

・通常状態=パソコン本体およびモニターも稼働している状態

・モニターオフ状態=パソコン本体は稼働しているがモニターの電源がオフの状態

MT4 EAにおけるパソコンの稼働条件の続きを読む

FX取引時間帯別の市場の特徴

2018年07月13日

FXの市場は24時間開かれていますが、取引時間帯別に市場の特徴があり、それぞれの時間帯に合った取引手法も存在しています。例えば、自分の取引手法がその時間帯に合っていない場合は、損失をこうむる恐れもありますので、今回はFX市場のそれぞれの取引時間帯別の特徴と、おすすめできる取引手法について説明していきます。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAは各取引時市場に合わせたロジックで最適化が行われております。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

FX市場の種類と取引時間帯

FX市場は取引時間帯に4つの種類に大きく分かれています。それは「豪州市場」・「アジア市場」・「欧州市場」・「米国市場」です。

なぜ時間帯によって市場を分けて考えられるのかというと、FXでは各国ごとの通貨の取引がおこなわれているからです。実際に通貨の取引は金融関係の企業が主におこなっていますが、各国の金融企業の営業時間帯は主に9時から18時であり、この金融企業の営業時間帯が各国の時差によりずれていくので市場もそれにつれてずれていくのです。

例えば日本時間の9時に日本の市場は開きます。米国の市場も米国時間の9時に開きます。米国と日本の間には時差があり、米国の9時は日本時間では22時になりますので、米国市場は日本時間では22時からということになります。

下の表は各主要国の9時~18時を日本時間と比較したものです。

tradetime1

各取引市場の時間帯を色分けしました。この表で見ると豪州市場は日本時間で6時~15時、アジア市場は9時~19時、欧州市場は14時~翌2時、米国市場は22時~翌7時になります。

ただし、これは10月~翌3月までの時期です。3月~10月までは欧米諸国は夏時間(サマータイム)の期間になりますので、アジア市場以外の各取引市場の時間帯は日本時間で1時間早まります。

また表を見ると、取引市場の時間帯が重なる部分があります。

9時~17時 

FX取引時間帯別の市場の特徴の続きを読む