FXトレードの基礎知識

FXやMT4 EAのトレードにおけるナンピン

2021年04月07日

相場取引にはナンピンといったトレード戦略があり、FXやMT4 EAでもこの戦略を利用したものが見受けられます。一般的にナンピンはリスクの高い戦略だと受け取られているようですが、上手にナンピンをおこなうことでトレードリスクの低い戦略へと変えていくことも可能です。今回の記事ではナンピンの説明と具体的な使用方法などについてご説明していきます。

なお、当社はMT4 EA(自動売買ソフト)の開発を専門に手がける会社です。最後に当社のMT4 EAの紹介もしておりますのでMT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

また巷には以前から数多くの「ナンピン系」のMT4 EAが存在しました。しかし当社が知る限り長期に渡り利益を残したナンピン系のMT4 EAは存在しません。その理由も最後に説明していますのでご覧になってください。

ナンピンとは

ナンピンとは漢字で「難平」と書かれ、「難」は損失を表します。つまり難平とは「損失を平均化」するといった意味をもちます。ナンピンについては江戸時代の米相場の指南書(教本)にも記述があり、指南書には「難平はするべし」と書かれたものもあれば「やるべきでない」と書かれたものもあるようで、当時からナンピンの手法をおこなうことに対しては意見が分かれていました。余談ではありますが、相場の値動きを示す「ローソク足」は今では世界中で使用されていますが、元々は日本の米相場で使用されたのが始まりとなります。

早速ナンピンについての具体的な説明をしていきます。ナンピンの手法ですが、例えば1ドル100円の時にドル円を1万通貨買ったとします。しかし思惑が外れドル円のレートは下がり98円になってしまいました。これはいけないと思い98円でさらに1万通貨買いました。これで1ドルの購入価格の平均は99円となったので、レートが98円から99円に戻れば損失がゼロとなる計算になります。このようにナンピンとは、相場の動きが思惑と反対方向に動いた時に、購入価格の平均値を下げる為に買い足していく手法となります。

このあたりの詳しい説明は次の「ナンピンのメリット」の項目で図説付きで紹介いたします。

ナンピンのメリット

FXやMT4 EAのトレードにおけるナンピンの続きを読む

FXでの確定申告の方法(国内と海外のFX会社の比較)

2020年02月15日

FXトレードで得られた売買益やスワップ益については確定申告をして税金を納める義務があります。

株式トレードでは利用する証券会社で口座を開くさいに、「特定口座」を選択することで証券会社が損益を計算して納税までしてくれるので確定申告が不要ですが、FXトレードの場合はそのようなシステムはないので、自分で損益を計算し納税する必要があります。

またFXトレードをおこなうさいに日本国内にあるFX会社を利用した場合と海外のFX会社を利用した場合では税率も異なってきますので注意が必要です。

今回はFXトレードでの確定申告の方法について詳しく説明してまいります。

なお当社はMT4 EA開発の専門業者ですが、当社のMT4 EAを利用して利益を得た場合も確定申告を行う必要がありますので、この機会にぜひともFXトレードでの確定申告についてご理解してください。当社が開発しているMT4 EAに興味のあるかたは以下のリンクから詳細をご確認ください。すべてのMT4 EAは無料でご使用いただけます。

MT4 EA

確定申告の対象となる期間と申告時期

その年の1月1日~12月31日までにFXトレードで得た利益が確定申告の対象となり、申告時期は翌年の2月半ば~3月の半ばあたりで毎年変動します。12月ごろには正確な申告期間が発表されますので国税庁のホームページなどで確認してください。

注意が必要なのはこの12月31日時点で保有中のポジション、つまりまだ決済されずに含み益や含み損をかかえているものについては申告の必要がないことです。年が明けるまでに損益が確定しているものについてのみ確定申告の対象になります。

FXトレードでの利益の税区分

FXで得られた利益は税区分上「雑所得」に分類されます。例えばFXなどの先物取引収入以外にもオークション収入、アフィリエイト収入、仮想通貨収入、原稿料、講演料や公的年金なども雑所得になります。

FXでの確定申告の方法(国内と海外のFX会社の比較)の続きを読む

FXトレードでの証拠金とは

2019年12月29日

FXトレードは通貨を売買するトレードです。売買をするからにはお金が必要ですが、その売買のためのお金のことを「証拠金」といいます。

証拠金はFXだけでなく株式売買や日経225のような先物取引をするさいも証拠金を使って売買が行われます。このような証拠金を使って売買が行われる取引を「証拠金取引」といいます。

FXでは証拠金に関係する用語が三つあります。「必要証拠金」、「有効証拠金」、「証拠金維持率」です。それぞれ理解しておかないと、取引にいくら必要なのか、あるいはどの程度の損失まで取引できるのか分からずに強制的にロスカットされることにもなりかねませんので、今回は証拠金について詳細にご説明してまいります。

なお当社はMT4 EA開発の専門業者です。MT4 EAはFXの自動売買ソフトですがMT4 EAを使用するさいも必ず証拠金は必要ですので、この機会にぜひとも証拠金について理解してください。当社が開発しているMT4 EAに興味のあるかたは以下のリンクから詳細をご確認ください。すべてのMT4 EAは無料でご使用いただけます。

無料EA一覧

必要証拠金とは

必要証拠金とはその名の通りFXトレードに必要な証拠金の事です。いくら必要なのかはFX会社が設定している最大レバレッジによって変わってきます。レバレッジについてご存じない方は以下のページで説明しておりますのでご覧ください。

FXトレードのレバレッジ

日本のFX会社の最大レバレッジは以前は各社自由に設定でき中には数千倍のレバレッジをかけられるところもありましたが、金融庁のレバレッジ規制により2010年には最大レバレッジ50倍に、翌2011年には最大25倍に規制されました。そのため現在日本のすべてのFX会社の最大レバレッジは25倍(法人口座は最大400倍)です。

それでは日本のFX会社では必要証拠金がいくらになるのか計算してみましょう。以下が必要証拠金額の計算式となります。

取引する通貨ペアの現在のレート 

FXトレードでの証拠金とはの続きを読む

FXにおけるトレンドラインとは

2019年11月26日

FX取引では、相場の方向性を分析するために、表示チャート上にラインを引くことがあり、その中でも多く使用されているラインが「トレンドライン」です。トレンドラインとは相場が上昇しているのか下降しているか、または上昇や下降の程度はどのようなものかを知るために使われており、今回はトレンドラインについて詳しく説明していきます。

トレンドラインを上手く使用することで、今の相場はエントリーすべきなのか見送るべきなのかを判断したり、エントリーのタイミングやポジション決済のタイミングを知ることもできます。しかし、誤った使い方をしてしまうと思わぬ損失をこうむる事にもなりかねませんので注意が必要です。

なお当社はMT4 EA開発の専門業者です。EAはプログラム上でエントリータイミングや決済タイミングを判断し自動的に取引を行いますのでチャート上にラインを引く必要はありませんが、当社でEAを作成する際にはトレンドラインを引いたりしながら分析をして最適なシステムを開発しています。当社が開発しているMT4 EAに興味のあるかたは以下のリンクから詳細をご確認ください。すべてのMT4 EAは無料でご使用いただけます。

無料EA一覧

トレンドラインの引き方

まずは正しいトレンドラインの引き方についてご説明します。以下の画像をご覧ください。

tre1

まずは白のラインで、谷が発生した部分の2つの主なローソク足の終値(画像のAとB)を結ぶラインを引きました。このラインは上昇していますので、この相場は「上昇トレンド」ということなり、相場の方向性が分かりました。

次に赤のラインでBから次の谷が発生したローソク足の終値(画像C)を結ぶラインを引きました。AとBを結んだ白いラインよりもラインの傾きが急になっていることから上昇トレンドの勢いが強くなったことが分かり、相場のトレンドの強さの違いが分かりました。

通常はトレンド発生すると上昇トレンドの場合はトレンド中にいくつかの谷ができるので、いくつかのトレンドラインを引くことができます。そのラインの角度の変化を見る事でトレンドに勢いが出て生きたのか、あるいはトレンドの勢いが無くなってきたのかを判断することが可能になります。

ここでFXを初めて間もない方に多い、誤ったトレンドラインの引き方を紹介します。以下の画像をご覧ください。

tre2

先ほどと同じ相場ですが、上の画像ではローソク足の「終値」ではなく「安値」にトレンドラインを引いています。このチャートではトレンドラインが機能しているように見えますが、実はよくある誤ったラインの引き方です。以下の画像をご覧ください。

tre3

白のラインのように、ローソク足の終値同士を結ぶとAのラインを引くことができます。しかし、赤いラインのように安値同士を結んでしまうとBのラインが出来てしまいます。これでは正確なトレンドの強さが分からないので、トレンドラインは必ずローソク足の「終値同士」を結ぶ」ことを覚えておいてください。

それでは次に「下降トレンド」を説明しますので、以下の画像をご覧ください。

FXにおけるトレンドラインとはの続きを読む

FXにおけるレジスタンスライン・サポートラインとは

2019年09月14日

FXで相場分析を行うさいにレジスタンスラインとサポートラインを良く使用します。レジスタンスラインとサポートラインはチャート上に引く水平線のことで、どちらもチャート上の目安となる価格に引かれます。

レジスタンスラインとサポートラインをうまく活用すると、価格の転換のタイミングが分かりやすくなるため、エントリーや決済が行いやすくなります。

レジスタンスラインとサポートラインは非常に利用価値の高いテクニカル分析ですが、引き方を間違えると正しく分析ができません。今回はそれぞれについて詳しく説明してまいります。

なお当社はMT4 EA開発の専門業者です。EAはプログラム上でエントリータイミングや決済タイミングを判断し自動的に取引を行いますのでチャート上にラインを引くことはありませんが、当社のEAの場合はそれ以外の方法で相場の転換のタイミングを判断しております。ご興味のあるかたは是非、当社のMT4 EAを使用してみてください。すべてのMT4 EAが無料でダウンロードできます。

MT4 EA

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは抵抗線とも呼ばれ、高値で何度か価格が反発しているところを結んだ水平線です。以下の画像をご覧ください。

regi1

上の画像のように複数回高値で反発しているところに引く水平線がレジスタンスライン(抵抗線)です。その名のとおりレジスタンスラインが引ける価格帯が上値の「抵抗」になっているわけです。

市場参加者の多くは相場価格がレジスタンスラインに近づくと、買いポジションを持っている人は「レジスタンスラインで価格が転換して下がるかもしれない」と判断して、レジスタンスラインの付近で利益確定を行うきっかけになります。

またポジションを持っていない人は同じく「レジスタンスラインで価格が転換して下がるかもしれない」と判断して、売りのポジションを保有するきっかけになります。

そしてレジスタンスラインで何度も何度も上値を抑えられれば抑えられるほど、そのレジスタンスラインは強い抵抗になります。以下の画像をご覧ください。

regi2

レジスタンスラインで何度も反発すると相場参加者の多くが「またレジスタンスラインで反発する」と判断しますのでレジスタンスラインで「買いポジション保有者の利益確定の売り」と「新規エントリー者の売り」が多く入ります。よって、再びレジスタンスラインで相場価格が反転する可能性が高くなるのが特徴です。

FXにおけるレジスタンスライン・サポートラインとはの続きを読む