良くある質問(FAQ)

バックテストが出来ない場合の対処方法

2016年05月05日

MT4EAのバックテストが出来ない原因はいくつか考えられます。

そのさいは以下をご確認ください。

設定しているEAとMT4のアカウントが一致しているか

EAには使用者様ごとにMT4の使用口座IDを設定しております。

申込いただいた口座IDと異なる口座IDではバックテストは実行できません。

またデモ口座でリアル口座用のEAをバックテストした場合、逆にリアル口座でデモ口座用のEAをバックテストした場合も同様です。

使用通貨ペア、使用時間足がEA指定のものと一致しているか。

各EAには使用できる通貨ペアと時間足が設定されております。

設定されているものと異なる通過ペアや時間足を使用した場合、バックテストは実行できません。

また通常取引も出来ませんので、ご確認のうえ正しい通貨ペア、時間足を設定されてください。

ヒストリカルデータの作成が正確にできているか。

MT4のバックテストには正確なヒストリカルデータが必要です。

ヒストリカルデータは1分足のヒストリカルデータをMT4にインポートし、そこから5分足以降のヒストリカルデータを作成していきます。

その手順を誤ると、正確なヒストリカルデータは作成されません。

下の画像をご覧下さい。

レポート

モデリング品質は、「検証期間のヒストリカルデータがきちんと揃っ

imageバックテストが出来ない場合の対処方法の続きを読む

build600のMT4に不具合多発、build509への戻し方

2014年02月10日

MT4がbuild600(現在はbuild604)にバージョンアップされましたが、一部スクリプトなどが正常に稼動しないなどの不具合が出ているようです。

ブローカーの中には、バージョンアップ自体を推奨していないところもあるようですので、これからバージョンアップをお考えの方は御注意ください。

また中にはbuild600以降にバージョンアップしたけど、旧バージョンのbuild509に戻したい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

以下で、旧バージョンへの戻し方をご紹介いたします。

ただし、build509の実行ファイルが必要ですので、お持ちでない方は別途入手する必要があります。

まずはbuild509のインストールフォルダを開いてください。

そして、「metaeditor.exe」、「metalang.exe」、「terminal.exe」の実行ファイルをそれぞれコピーします。

バージョン戻し1

build600以降にバージョンアップしたMT4を開き、「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックする。

imagebuild600のMT4に不具合多発、build509への戻し方の続きを読む

build600にMT4が大幅バージョンアップ

2014年02月10日

先日MT4がbuild600系にバージョンアップしましたが、これまでのバージョンアップと異なり、かなり大掛かりなものになっています。

そのため既存のEAが稼動しないなどの不具合が出ているようですので、対応策を説明しておきます。

一番の大きな問題点は、EAの格納フォルダが変更したことです。

以下の手順でEAを格納してください。

①MT4の「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックする。

Build600-0

②「MQL4」をクリックする

Build600-1

③「Experts」フォルダがあるので、その中にEAを格納する

imagebuild600にMT4が大幅バージョンアップの続きを読む

EAが稼動しない場合の対処方法

2013年11月13日

当サイトが配布している無料EAを入手後、実際に稼動させてもポジションを持たないといった場合があります。

そのさいは以下をご確認ください。

設定しているEAとMT4のアカウントが一致しているか

EAには使用者様ごとにMT4の使用口座IDを設定しております。

申込いただいた口座IDと異なる口座IDではEAは稼動いたしません。

またデモ口座にリアル口座用のEAを設定されてる場合、逆にリアル口座にデモ口座用のEAを設定されている場合も同様です。

使用する通貨ペアまたは時間足が異なる

各EAは、稼動可能な通貨ペアと時間足があらかじめ設定されています。

たとえばユーロドル(EURUSD)の5分足で稼動するEAをポンドドル(GBPUSD)やドル円(USDJPY)、また1分足や15分足に設定した場合は、取引が実行されません。

以上のご確認をしていただき、問題がない場合は以下をご確認ください。

保有ポジションの確認

EAは毎日取引するわけではなく、ボラティリティが低い時、あるいは取引条件に合致しない場合は、1週間以上も取引しない事もあります。

各EAの取引履歴で、稼動期間中に取引があるかどうかをご確認ください。取引履歴は左側の「ブログカテゴリー」の「無料MT4EA取引履歴」からご覧になれます。

カテゴリー

ご使用のMT4EAの稼動期間

imageEAが稼動しない場合の対処方法の続きを読む