FXトレード手法

スイングトレードでのFXトレード

2017年07月12日

スイングトレードとは数日~数週間、場合によっては数ヶ月に渡ってポジションを保有し続けるトレード手法で、FXトレードや株式トレードでよく使われています。1日に何度か取引を繰り返すスキャルピングトレードやデイトレードを短期トレードとするならば、スイングトレードは中期トレードにあたります。スイングトレードはポジション保有後に、あまりチャートを見る必要がないため、多忙でチャートチェックができない方に向いているトレード手法といえます。

スイングトレードの「スイング」とは、まさに振り子のようなイメージ。上がったら下がる、下がったら上がるといった動きを捉えていくトレード手法のことです。相場の動きがあたかも振り子の動き(スイング)のようであることからつけられました。そしてそのスイングの波にのってトレードするので、スイングトレードと言われています。

ここではスイングトレードのメリットとデメリット、またスイングトレードとは具体的にどのようなFXトレードを行うのかを例をまじえて説明していきます。

デイトレードについては以下のページに詳細に説明しておりますので、よろしければご覧ください。

デイトレードでのFXトレード

なお、当社はMT4 EAの開発を専門的に手掛ける業者です。当社のMT4 EAはデイトレード取引が基本手法ですが、スイングトレードの「チャートを監視しなくても良い」という利点はEA自体に組み込まれています。当社のMT4 EAにご興味のある方は以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

swing_1

スイングトレードのメリット

スイングトレードはトレードコスト面でメリットがあります。例えばスキャルピングトレードはわずかな利益を狙う手法ですので、スプレッドなどのトレードコストの割合が大きくなり、スプレッドの広さに敏感にならざるを得ません。

しかしスイングトレードの場合は、一般的に小さな相場の値動きに捉われることなく100pips以上の大きな利益を狙うため、利益に対するトレードコストは無視しても良いぐらい小さくなります。

またスキャルピングトレーダーは取引業者を選ぶ場合、「スプレッドが狭い」という絶対条件の中で業者を選択する必要がありますが、スイングトレーダーはスプレッドをあまり考える必要がないため、スプレッド以外の「サーバーの強さ」、「サポートの良さ」、「信頼性」など色んな条件を考慮して取引業者を選択することができます。

またチャートの監視においても、日足チャートをメインにFXトレードをおこなえば、1日に一度チャートを確認すれば十分です。寝起きのチャートチェックでも、就寝前のチャートチェックでも問題ありません。FXトレードにおいて、頻繁にチャートをチェックすることをストレスに感じるトレーダーは多いと思いますが、そういう方にはスイングトレードはうってつけのトレード手法といえます。

スイングトレードでのFXトレードの続きを読む

デイトレードでのFXトレード

2017年07月05日

デイトレードとは、保有ポジションをその日のうちに決済していくトレード手法のことであり、FXだけでなく株式トレードなどでも広く利用される取引手法です。ポジションの保有時間が若干長めであるため、時間に余裕のある主婦層や、仕事を定年した年配層に人気があるトレード手法といえます。またトレードで生計を立てる専業トレーダーと呼ばれる方の多くも、デイトレードで取引を行っているようです。

デイトレードは株式トレードの世界では「日計り」とも言われます。日本で最初に相場取引が行われるようになったのは江戸時代の米取引。当時の米取引は実物の米を取引する「正米取引(しょうまいとりひき)」のほかに、実物の米の売買ではなく、架空に設定された米を取引する「空米取引(くうまいとりひき)」と呼ばれる取引が存在しました。空米取引は相場の売りと買いの差額の授受で決済(差金決済)されていました。つまり1000円で買った米が1500円に値上がりした時点で売れば、差し引き500円の利益になるというわけです。これは現在の株式やFXトレードと同じ決済方法です。この空米取引で同日中に買った米を決裁し現金化することを「日計り」と呼んでいたのが語源になっているようです。

デイトレードは株式やFXトレードがインターネット上でおこなえるようになった頃から急激に広まります。インターネットが普及していなかった時代の株式トレードは、証券会社の証券マンに指示をして株式の売買を成立させており、FXトレードの場合は銀行の為替窓口で為替両替をおこなっていました。しかし、株もFXも売買手数料が高額であったため、その日のうちに手仕舞いをするデイトレードは非現実的であったため、通常は株式や為替を購入をすると数週間から数ヶ月、場合によっては数年単位で保有することが一般的でした。現在はインターネットトレードが広く普及し、売買手数料を安くなったことから、1日に何度もトレードをおこなうデイトレードやスキャルピングトレードが可能となりました。

day_1

デイトレードの特徴と当社の取り組み

デイトレードとは保有ポジションをその日のうちに決済をするトレード手法です。ポジション保有から決済完了まで、数十分~数時間程度となることが多く、1日に2~3回デイトレードを繰り返すことも珍しくありません。デイトレードでの取引方法は人それぞれですが、5分足や15分足が使われることが多く、ローソク足の終値が移動平均線の上を抜いた時に買い、ローソク足の終値が移動平均線を下に抜いたら決済するなど、ルールを決めて取引をおこなっていくのが通常です。

FXの場合、1度の取引で狙う利益は10pips~100pips程度。薄利を数秒~数分単位で剥ぎ取るスキャルピングは2~5pips程度であることから、スキャルピングほどトレードスピードに神経質になる必要はありません。

株式トレードでは、基本的に市場が開いている午前9:00~午後3時迄が取引時間となり、この時間内にポジションを決済していきます。ポジションを翌日迄に持ち込んでしまうと、翌日の取引開始時の株価が、前日の株価と大きく開いて想定外の損失をこうむる恐れがありますのでご注意ください。(なお、FXトレードの場合は週始めから週末までが取引時間となります。注意すべきポイントは週末のポジションを週初めまで持ち込まないようにすることです。)

なお、当社はMT4 EAの開発を専門的に手掛ける業者です。当社のMT4 EAは、以下に説明をするデイトレードのメリットを最大限に生かし、また、デイトレードのデメリットとなる部分には対策を施してMT4 EAを作成しております。MT4 EAにご興味のあるかたは無料取得ができますので、以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

デイトレードのメリット

デイトレードは基本的に、複利運用で1日に数回のトレードをおこないますので資金効率を上げられます。例えば10万円の資金で1万円の利益がでると、次のトレードでは11万円の資金でトレードがおこなわれますので利益がでた場合は、購入できる通貨量が多くなり、それに見合ったリターンが期待できます。このようにデイトレードは、決済時に増えた資金を有効に使い、効率よく資金を増やすことができるので、大きな利益を早く獲得するのに向いています。

デイトレードでのFXトレードの続きを読む

スキャルピングでのFXトレード

2017年06月30日

スキャルピングとは、少ない利幅を狙って1日に何度も売買をおこない利益を重ねていくトレード手法のことで、FXのトレード手法のなかでは非常に人気の高い手法となっています。特に忙しくて時間に余裕がないビジネスマンに良く活用されているトレード手法といえます。

スキャルピングの語源は、その昔、インディアンが部族闘争で勝利した際に、敵の頭皮(スカルプ=scalp)を薄く剥ぎとって戦利品としていたという習慣からきているのだとか。つまり、「頭皮を薄く剥ぐ」という習慣が、FXでの「薄利を得ながら利益を重ねる」というトレード手法のようだとの考えから、スキャルピングという名前が定着したようです。

このスキャルピングのコンテンツでは、スキャルピング手法についてのメリット・デメリット、初心者が陥りやすい危険性などをご案内していきます。ご興味のある方はぜひご覧ください。

scal_1

スキャルピングの特徴と当社の取り組み

上記でも説明した通り、スキャルピングとは、少ない利幅を狙って短時間で売買を終了させるトレード手法です。ポジション保有から決済完了まで、数分~数十分となることが殆どですが、数秒間でトレードが終了することもあります。得られる利幅は数pips程度と小さいが、薄利トレードを何度も重ねるため、結果的に大きな利益をもたらすことも多々あります。また、1回のトレードで得られる利幅が少ないことから、ハイレバレッジトレードをおこなう投資家も良くみられます。

当社はMT4が使える海外FX会社で口座開設をおこなった方に対してMT4 EAを無料配布している会社ですが、当社ではトレードコストという問題の観点から、スキャルピングのMT4 EAはリリースしていないのが現状です。この点についてはのちほど詳しく紹介しますが、当社のMT4 EAにご興味があり無料取得を希望される方は以下のボタンよりMT4 EAを申請してください。

MT4 EA

スキャルピングのメリット

スキャルピングの最大メリットは、短時間(数分または数秒)でトレードが終了する点にあります。何時間もポジション保有をおこなうことはないので、忙しいビジネスマンでも空いた時間でチャートを監視しながら資産運用がおこなえます。

チャートを監視できるということは急激な相場の変化が起これば、トレードを停止したりトレードボリュームを調整するなどの対策がとれますので大きなメリットと言えるでしょう。特に重要指標である「米国の雇用統計やFOMC」、「欧州のECB政策金利発表時」には相場が急激に動くことが多く、そういったケースでも常にチャートを見れているので、いち早く危険を察知してリスク回避をおこなうことが可能になります。

また、スキャルピングでのトレードに向いている時間は、値動きが活発な「夜8時から10時ぐらい」となります。このようなポイントからも仕事終わりのビジネスマンに最適といえるでしょう。

スキャルピングでのFXトレードの続きを読む

マーチンゲール法を利用したFXトレード

2017年06月14日

マーチンゲール法はギャンブルの世界で幅広く使われる取引手法ですが、FXトレード(為替取引)においても実行されています。シンプルで魅力的な取引手法にも見えますが、実は危険性も伴う取引手法となりますのでマーチンゲール法を実行するには注意が必要です。今回はマーチンゲール法のメリットとデメリット、そしてマーチンゲール法を利用したFXトレードについてご案内をしていきます。

マーチンゲール法が誕生したのは18世紀。フランスのマーティギューという地域にあったカジノのコインの表と裏を当てるゲームで実行されていた、損失時に掛け金を倍に増やしながらベットをしてくギャンブル手法だと言われています。マーティギューという地名に変化が加わりマーチンゲール法という言葉が誕生したという説があります。ギャンブルの世界では最も古典的で有名な取引手法であり、コインゲームのみならずルーレットや競馬や競艇などの公営ギャンブルにも利用されています。いずれにしても基本的な考え方やルールは同じですので、その特徴について説明いたします。

マーチンゲール法のルール

マーチンゲール法のルールは非常に単純であり、金額をベットして負けた場合、次の勝負では掛け金を倍に増やしてベットしていくという手法です。さらに負けた場合は、合計負け金額の倍額を掛け続けていきます。表裏を当てるコインゲームの勝率は50%なので、勝利時には賭け金の倍額が戻ることになりますので、一番最初にベットをした金額が利益として戻ってきます。詳しくは下の表を見てください。

mar_1

表を見るとわかるように負け続けていくと賭け金はどんどん増えていきますが、どの時点で勝ったとしても得られる利益は1回目に賭けた100円です。よって、どれだけ負けが続いたとしても勝利時には合計損失を取り戻し、必ずトータルでは利益が出るというのがマーチンゲール法の仕組みであり、メリットでもあります。

コインゲームで負け続ける確率

コインの表と裏を当てるゲームで勝つ確率は50%です。ということは負ける確率も50%であり、2回連続で負ける確率はというと「0.5×0.5=0.25」、つまり25%の確率で2連敗するということです。このように計算して各連敗回数の出現確率を出したのが下の表になります。

mar_2

この表を見ると10連敗する確率はわずか0.1%にすぎません。では9連敗したあと10回目の勝負で勝つ確率は99.9%なのか?と言われればそうではなく、あくまでも10回「連続」で負ける確率が0.1%なのであり、10回目に負ける確率が0.1%ということではありません。よって、コインゲームにおいての勝ち負けの確率は、その前にどれだけ連敗をしても常に50%。100連敗したとしても101回目に負ける確率は50%なのです。これは数学でいう「独立事象」という確率論の話になりますので詳細は省きますが、大事なのは「何連敗しても次に負ける確率(勝つ確率)はいつでも一緒」である。ということを理解しておくことです。

マーチンゲール法の危険性

マーチンゲール法を使用すると、どれだけ連敗をしても1回の勝利で必ず利益がでるというメリットを説明しましたが、マーチンゲール法には大きな危険性が潜んでいることも理解しなければなりません。さきほどは連敗確率について解説をしましたが10連敗する確率はわずか0.1%、とはいえその確率はゼロではありません。下の表は賭け金100円からスタートをして仮に15回目まで勝負が続いた場合、どれほど賭け金が膨らむかを示したものです。

mar_3

わずか100円からはじめたにもかかわらず、15回目の賭け金では160万円を超え、賭け金の累計は300万円に達します。しかもそこで勝ったとしても得られる利益は100円となりますので、どれだけハイリスク・ローリターンな取引手法であるかが理解できると思います。ちなみに14連敗する確率は0.006%、15連敗する確率は0.003%、つまりゼロではないのです。

マーチンゲール法はFXトレードにも応用されている

マーチンゲールのメリットとデメリットについては上記で説明したとおりですが、マーチンゲール法はFXトレードにも応用されています。表と裏を当てるコインゲームと同様にFXトレードも上がるか下がるかを当てる勝負だからです。

まず、購入したレートから10pips上がったら勝ち、10pips下がったら負けというルールを自分で決めます。マーチンゲール法は負け続けると発注量(賭け金)が大きく膨らみますので、最初の発注量は少なく設定します。また、ほとんどのFX会社は最低発注量を1,000通貨としていますので、1,000通貨からスタートするのが一般的です。仮に取引通貨ペアが米ドル/円(USD/JPY)で1ドルが100円だとすると、10pips負けた場合は1,000円の損失。もし初回取引で負けた場合、次の発注量は倍の2,000通貨でおこないます。さらに負ければ次は4,000通貨となります。このような取引をおこなった場合の発注量の増加を示したのが下の表となります。

mar_4

コインゲームと同様に負け続けるたびに倍ずつ発注量を増やしていくと、10回目の取引では50万通貨以上の発注がおこなわれ、もしこの10回目のトレードで負けてしまうと、トータル損失は100万円を超えることになります。そしてどの時点で勝利をしても、その利益は1,000円ですので、マーチンゲール法を使用したFXトレードはコインゲームと同様にハイリスク・ローリターンの結果になるということを理解する必要があります。

マーチンゲール法でのFXトレードについて

マーチンゲール法を利用したFXトレードの続きを読む