スイングトレードでのFXトレード

2017年07月12日

スイングトレードとは数日~数週間、場合によっては数ヶ月に渡ってポジションを保有し続けるトレード手法で、FXトレードや株式トレードでよく使われています。1日に何度か取引を繰り返すスキャルピングトレードやデイトレードを短期トレードとするならば、スイングトレードは中期トレードにあたります。スイングトレードはポジション保有後に、あまりチャートを見る必要がないため、多忙でチャートチェックができない方に向いているトレード手法といえます。

スイングトレードの「スイング」とは、まさに振り子のようなイメージ。上がったら下がる、下がったら上がるといった動きを捉えていくトレード手法のことです。相場の動きがあたかも振り子の動き(スイング)のようであることからつけられました。そしてそのスイングの波にのってトレードするので、スイングトレードと言われています。

ここではスイングトレードのメリットとデメリット、またスイングトレードとは具体的にどのようなFXトレードを行うのかを例をまじえて説明していきます。

デイトレードについては以下のページに詳細に説明しておりますので、よろしければご覧ください。

デイトレードでのFXトレード

なお、当社はMT4 EAの開発を専門的に手掛ける業者です。当社のMT4 EAはデイトレード取引が基本手法ですが、スイングトレードの「チャートを監視しなくても良い」という利点はEA自体に組み込まれています。当社のMT4 EAにご興味のある方は以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

swing_1

スイングトレードのメリット

スイングトレードはトレードコスト面でメリットがあります。例えばスキャルピングトレードはわずかな利益を狙う手法ですので、スプレッドなどのトレードコストの割合が大きくなり、スプレッドの広さに敏感にならざるを得ません。

しかしスイングトレードの場合は、一般的に小さな相場の値動きに捉われることなく100pips以上の大きな利益を狙うため、利益に対するトレードコストは無視しても良いぐらい小さくなります。

またスキャルピングトレーダーは取引業者を選ぶ場合、「スプレッドが狭い」という絶対条件の中で業者を選択する必要がありますが、スイングトレーダーはスプレッドをあまり考える必要がないため、スプレッド以外の「サーバーの強さ」、「サポートの良さ」、「信頼性」など色んな条件を考慮して取引業者を選択することができます。

またチャートの監視においても、日足チャートをメインにFXトレードをおこなえば、1日に一度チャートを確認すれば十分です。寝起きのチャートチェックでも、就寝前のチャートチェックでも問題ありません。FXトレードにおいて、頻繁にチャートをチェックすることをストレスに感じるトレーダーは多いと思いますが、そういう方にはスイングトレードはうってつけのトレード手法といえます。

スイングトレードのデメリット

スイングトレードのデメリットは取引回数の少なさからくる資金効率の悪さです。デイトレードであれば短期トレードで決済した利益を、次のFXトレードの購入資金に利用できるため、効率的な複利運用が可能となりますが、スイングトレードはポジションの保有時間が長くなりがちなので、複利運用も効率性が落ちてしまいます。

また大きなレバレッジをかけた運用ができないのもデメリットといえます。スイングトレードは、1度のFXトレードでの利益は大きくなるものの、反対に損失も大きくなりがちです。ハイレバレッジのFXトレードを行うと、損切時に大きな痛手を受けることになります。

swing_2

例えばデイトレードでの平均損切がドル円で50pipsである場合、証拠金10万円でレバレッジ10倍で運用すると、1回のトレードでの損失は5千円となり損失率は5%。スイングトレードは数百pipsの損失が珍しくないため、仮に平均損切を200pipsとするとデイトレードと同じくレバレッジ10倍で運用すると、1回ののトレードでの損失は2万円となり損失率は20%にもおよびます。もちろんそれだけ大きな利益を得られることもありますが、リスクは相当高くなるといわざるをえません。よって、デイトレードなどではレバレッジ10倍以上のトレードが可能ですが、スイングトレードでは1~3倍程度のレバレッジで運用するのが安全です。

スイングトレードのエントリーの具体例

それでは実際のチャートを使ってスイングトレードのエントリーの具体例を紹介します。なお、ご紹介のトレード手法はあくまでスイングトレードの一例であり、必ずしもこのようなトレードをしなければならない訳ではなく、利益を保証するものでもありませんのでご理解ください。

通常スイングトレードで使用する時間足は4時間足以上。ここでは1日に1度チャートをチェックすれば十分である、日足を使用したトレードを紹介します。通貨ペアは日本国内で最も人気が高いドル円(USD/JPY)です。

まずはエントリーポイントですが、直近の高値あるいは安値を抜いた時にエントリーするシミュレーションをご案内します。下のチャート画像をご覧ください。

chart_1

直近の高値はAのポイント、直近の安値はBのポイントになります。レートがAの高値を上回れば「買い(ロング)」ポジションを持ち、Bの安値を下回れば「売り(ショート)」のポジションを持ちます。画像ではPのポイントでAの高値を上回りましたので「買い」ポジションを持ちました。ポジションを持ったレートは「106.844円」です。この「買い」ポジションを持ったとき損切のレートを入れておく必要があります。そのレートは直近の安値であるBのレートです。損切レートは「103.625円」になります。

このトレードでは損切にかかった場合は322pipsの損失になります(Pのレート - Bのレート)。そのさいの損失額を仮に資金の5%以内に設定します。証拠金額が100万円だとするとその5%は5万円なので322pipsで損切したときに5万円の損失になるように購入する通貨量を計算します。計算式は「購入通貨量=損失額÷損失pips×100」に当てはめれば算出できます。損失額=50,000円、損失pips=322pipsですので、それぞれを計算式にあてはめます。

購入通貨量 = 50,000円 ÷ 322pips × 100

これを計算すると購入通貨量=15,527通貨となります。しかしほとんどのFX業者は1,000通貨単位で購入しなければならないことから、100通貨単位以下を切り捨てて15,000通貨を購入することになります。仮に1ドルを120円とすると、100万円の証拠金で15,000通貨の購入はレバレッジ1.8倍になります。レバレッジ1.8倍はかなりの安全運用です。ポジションを保有する前にあらかじめこのような計算をしておけば、常に同じリスクでトレードを行うことができます。

スイングトレードの決済の具体例

スイングトレードの決済の具体例を紹介します。エントリー後に思った方向に相場が動いていった場合、エントリー時に設定した損切レートを切り上げ(ショートエントリーの場合は切り下げ)ていきます。下のチャート画像をご覧ください。

chart_2

PポイントでエントリーしたのちCポイントの高値をつけ、いったんレートが下がりますが、当初設定した損切ポイントには到達せず、またレートが上がっていきました。その後EポイントでCポイントの高値を抜きました。この時点でEポイントの直近の安値であるDポイントのレートに決済レートを変更します。決済レートは当初の「103.625円」から「106.456円」に切り上がりました。EポイントとDポイントの差は246pipsありますが、エントリーポイントであるPとDポイントの差は39pipsになっています。エントリー時の322pipsからすると、かなり縮まりました。さらに下の画像をご覧ください。

chart_3

Eポイントからしばらくレートが上がりFの高値をつけたあと、すこし下げて今度はHポイントでFポイントの高値を抜きました。この時点で決済レートがHポイントの直近の安値であるGポイントに切り上がります。GポイントはエントリーポイントであるPのレートを上回りましたので、このトレードで利益が出ることが確定しました。

レートは更にあがりIポイントの高値をつけたあと少し下がり、KポイントでIポイントの高値を抜きましたので決済レートはJポイントに切り上がります。その後レートは急激に下がり黄色の矢印の部分で、Jの決済レートに到達しましたので決済します。決済レートは「110.731円」でした。

エントリーレートは「106.844円」でしたので、獲得pipsは389pipsです。発注額は15,000通貨でしたので、獲得利益は58,350円となりました。ポジション保有期間は約4ヶ月間です。当初の証拠金は100万円でしたので利益率は約5.8%です。単純計算で年利は約17%ほどになりますので、銀行の利息などとは比較にならないでしょう。1日に1回のチャートチェックで、しかも低リスクな安全運用のレバレッジでも、これぐらいの年利を得ることは十分に可能です。

MT4 EAとスイングトレード

スイングトレードは、チャートのチェックが殆どいらないので、当社でスイングトレードのMT4 EAを制作・リリースすることはありません。またMT4 EAのプログラミングで高値・安値を的確に判断することも難しいため、スイングトレードのMT4 EAを制作することも難しいといえます。よってスイングトレードは裁量トレード向きの手法となります。

しかし、MT4 EAにもスイングトレードと同様、またはそれ以上にチャートのチェックがいらないというメリットがあります。スイングトレードは最低でも1日に1度はチャートチェックが必要ですが、MT4 EAは、予めプログラミングされたルールに従いポジション保有から決裁までを自動的に行いますので、一度MT4 EAを設定してしまえばチャートを見る必要が一切なくなるのです。

またMT4 EAはスイングトレードのデメリットとも言える、取引回数の少なさからくる資金効率の悪さも解決できます。当社でリリースしているMT4 EAはデイトレード手法を取り入れているため、取引回数が多く、決済時に増えた資金を有効に使い、効率よく資金を増やすことができるので、大きな利益を早く獲得するのに向いています。ご興味のある方は当社のMT4 EAをダウンロードしてみてください。当社のMT4 EAはどなたでも、すべて無料にてご使用いただけます。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村