チャート分析を極める

FXやMT4 EAのトレードにおけるナンピン

2021年04月07日

相場取引にはナンピンといったトレード戦略があり、FXやMT4 EAでもこの戦略を利用したものが見受けられます。一般的にナンピンはリスクの高い戦略だと受け取られているようですが、上手にナンピンをおこなうことでトレードリスクの低い戦略へと変えていくことも可能です。今回の記事ではナンピンの説明と具体的な使用方法などについてご説明していきます。

なお、当社はMT4 EA(自動売買ソフト)の開発を専門に手がける会社です。最後に当社のMT4 EAの紹介もしておりますのでMT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

また巷には以前から数多くの「ナンピン系」のMT4 EAが存在しました。しかし当社が知る限り長期に渡り利益を残したナンピン系のMT4 EAは存在しません。その理由も最後に説明していますのでご覧になってください。

ナンピンとは

ナンピンとは漢字で「難平」と書かれ、「難」は損失を表します。つまり難平とは「損失を平均化」するといった意味をもちます。ナンピンについては江戸時代の米相場の指南書(教本)にも記述があり、指南書には「難平はするべし」と書かれたものもあれば「やるべきでない」と書かれたものもあるようで、当時からナンピンの手法をおこなうことに対しては意見が分かれていました。余談ではありますが、相場の値動きを示す「ローソク足」は今では世界中で使用されていますが、元々は日本の米相場で使用されたのが始まりとなります。

早速ナンピンについての具体的な説明をしていきます。ナンピンの手法ですが、例えば1ドル100円の時にドル円を1万通貨買ったとします。しかし思惑が外れドル円のレートは下がり98円になってしまいました。これはいけないと思い98円でさらに1万通貨買いました。これで1ドルの購入価格の平均は99円となったので、レートが98円から99円に戻れば損失がゼロとなる計算になります。このようにナンピンとは、相場の動きが思惑と反対方向に動いた時に、購入価格の平均値を下げる為に買い足していく手法となります。

このあたりの詳しい説明は次の「ナンピンのメリット」の項目で図説付きで紹介いたします。

ナンピンのメリット

FXやMT4 EAのトレードにおけるナンピンの続きを読む

パラボリックSARでのFXトレード

2017年09月19日

パラボリックSAR(Parabolic Stop And Reverse)とは、相場のトレンドの方向をはかるテクニカル指標でSAR(Stop And Reverce)がチャート上に放物線を描くことから「パラボリック(放物線)」と呼ばれています。SARは使用するチャートの種類によって、点で描かれたり線で描かれたりします。

sar_1

パラボリックSARはRSIの開発者で有名なアメリカのテクニカルアナリストであるJ.W.ワイルダーによって発表されました。今回はパラボリック SARの計算方法や具体的な使い方について説明していきます。

なお、当社はMT4 EAの開発の専門業者です。当社のMT4 EAにはパラボリックSARは組み込んでいませんが、さまざまな指標を組み込みMT4 EAを完成させていますので、ご興味のあるかたは是非、当社のMT4 EAを使用してみてください。すべてのMT4 EAが無料でダウンロードできます。

パラボリックSARでのFXトレードの続きを読む

RSIでのFXトレード

2017年09月12日

RSIはRelative Strength Indexの略で日本語では相対力指数と呼ばれており、一定期間における相場の値動きの強さを表しています。簡単に言えば現在の相場が「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのかを判断する指標のことです。RSIは常に決まった範囲(0~100)の間で動くのですが、このような一定の範囲内だけで上下して動くテクニカル指標を「オシレーター系指標」と呼びばれ、RSIはオシレーター系指標の中でも最も有名な指標で、FXトレードや株式トレードに良く使われます。一般的にオシレーター系指標はローソク足が表示されているチャートウインドウの下(サブウインドウ)に表示されます。

rsi_1

RSIは1978年にアメリカのテクニカルアナリストであるJ.W.ワイルダーによって発表されました。J.W.ワイルダーはRSI以外にも、ATR(Average True Range)、ADI(Average Directional Index)、パラボリックSAR (Parabolic SAR)といった有名なテクニカル指標をいくつも発表しています。今回はRSIの計算方法や具体的な使い方について説明していきます。

なお、当社はMT4 EAの開発の専門業者です。当社のMT4 EAにはRSIは組み込んでいませんが、さまざまな指標を組み込みMT4 EAを完成させていますので、ご興味のあるかたは是非、当社のMT4 EAを使用してみてください。すべてのMT4 EAが無料でダウンロードできます。

RSIでのFXトレードの続きを読む

ボリンジャーバンドでのFXトレード

2017年08月15日

ボリンジャーバンドは、相場の買われすぎや売られすぎを判断したり、トレンドの始まりや終了を確認するために使用するテクニカル指標のことで、FXトレードや株式トレードなどで最もよく使われる指標のひとつです。

「バンド」とあるようにボリンジャーバンドはミドルラインと±1σ(シグマ)、±2σ(シグマ)、±3σ(シグマ)のラインでバンド(帯)の形を描きます。ミドルラインは一定期間の単純移動平均線で、シグマラインは移動平均から求められる標準偏差値を使用して計算されます。標準偏差値とは学生時代に行われたテストの成績で使われた「偏差値」と同じ考えた方で求められるものです。

bband_1

ボリンジャーバンドは1980年代にアメリカのジョン・ボリンジャーによって考案された比較的新しいテクニカル指標です。またジョン・ボリンジャー氏は1950年生まれで現在も「ボリンジャーキャピタルマネージメント」という投資会社を経営し一線で活躍しています。最近では日本各地で講演会も行っているようです。

今回はボリンジャーバンドについて詳しく説明していきますが、ボリンジャーバンドの計算式は標準偏差という非常に複雑な計算式を用います。この計算式について正確に理解するメリットは、一般のトレーダーにとってほとんどありません。「ボリンジャーバンドは標準偏差という統計学にもとづいた考え方で作られているんだ。」と理解しておけば十分です。ですので今回はボリンジャーバンドをどう使えばトレードで利益を出しやすいのかに的を絞り説明していきます。

ボリンジャーバンドは色々な相場でのトレードで活用できますので、エントリーパターンや決済パターンがいくつもあります。少し複雑に感じるかもしれませんが、非常に有効に活用できます。ひとつひとつ理解していけば決して難しいものではありませんので、ゆっくりと読み進めていってください。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社です。ボリンジャーバンドを使用して相場を分析をしながら自動売買ソフトを作成しています。すべて無料にて提供させていただいておりますので、MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

ボリンジャーバンドの3つのパターン

ボリンジャーバンドは大きく分けて3つのパターンがあり、それぞれ相場の状況を表しています。第一のパターンは「拡大期」です。以下の画像をご覧ください。

bband_2

画像の赤枠で囲まれた部分はボリンジャーバンドが上下に広がっています。この部分が「拡大期」です。通常、相場がトレンド状態に入るとボリンジャーバンドは「拡大期」になります。

第二のパターンは「収縮期」です。以下の画像をご覧ください。

bband_3

収縮期には「第一収縮期」と「第二収縮期」があります。「第一収縮期」はトレンドが出ている方向の反対側の3σのラインが収縮した時から始まります。画像では下降トレンド中に、トレンドが出ている反対方向のAのポイントで+3σのラインが収縮を始めています。

「第二収縮期」はトレンドが出ている側の3σが収縮した時から始まります。画像では下降トレンド中にトレンドが出ている側のBポイントで-3σのラインが収縮を始めています。

ボリンジャーバンドでのFXトレードの続きを読む

MACDでのFXトレード

2017年08月05日

MACD(マックディー)とは売買のタイミングを計ったり、相場のトレンドを判断するために使用するテクニカル指標のことで、FXトレードや株式トレードで良く使われています。MACDは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語では「移動平均 収束 発散(法)」 と訳されます。

日本語で「移動平均(≒時系列の平均データ)」とあるようにMACDは、移動平均の中でも「指数平滑移動平均」という直近の値動きに重点をおいて算出される数値をライン化したものと、上昇・下降トレンドを知らせるシグナルと呼ばれる数値をライン化したものにより示されます。この二つの指標の相関関係で売買タイミングや相場状況が判断されることになります。

macd_0

MACDは1960年代にアメリカのジェラルド・アペル氏によって開発されました。ジェラルド・アペル氏は投資顧問会社の経営者で、精神分析の専門家でもあったようです。このテクニカル指標が作られた経緯は、彼の経営する投資会社の顧問先から「相場の状況をより早く判断できる指標を作って欲しい」といったリクエストがあったため、それに応えるかたちで作成されました。今回はMACDの計算方法や具体的な使い方について説明していきます。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社です。当社のMT4 EAは別のテクニカル指標を使用して売買判断やトレンド判断をしているためMACDは使っておりませんが、MT4 EAは、すべて無料にて提供させていただいておりますのでご興味があれば以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

短期・長期指数平滑移動平からMACDを導き出す計算方法

MACDでのFXトレードの続きを読む