海外FX会社の基礎知識

海外FX会社と国内FX会社のレバレッジの違い

2017年05月28日

海外FX会社と国内FX会社のレバレッジ事情には大きな違いがあります。日本の場合は個人トレーダーであれば最大レバレッジは25倍に制限されていますが、海外のFX会社の中には500倍以上の最大レバレッジを提供しているところもあります。

レバレッジは「てこ」のことで、FXをはじめとする投資の世界では小さな資金で大きな取引を行うことを意味しています。たとえばレバレッジが100倍であれば10万円の資金でも1000万円分の通貨を購入して取引をすることが可能になります。

今回は日本国内のFX会社と海外FX会社のレバレッジ事情の比較を詳しく説明していくなかで、ハイレバレッジでFXトレードを行うメリットとデメリットもあわせて紹介していきます。

diff_1

日本国内のFX会社のレバレッジ事情は?

国内のFX会社では金融商品取引法により個人での取引の場合は最大レバレッジが25倍に規制されています。国内のFX会社にレバレッジ規制が適用されたのは2010年8月で、それ以前は最大レバレッジ500倍などのハイレバレッジを売りにするFX会社が存在していました。

しかしリスクをうまくコントロールできずに、高額な損失を出してしまうFXトレーダーが増加したことで、日本におけるレバレッジ規制が始まり、2010年8月からは個人取引での最大レバレッジは50倍、その1年後の2011年8月からは現在の最大レバレッジである25倍にレバレッジが規制されたのです。ただしレバレッジ規制は個人のFXトレーダーにかけられたものなので、法人としてFXトレードを行う場合はレバレッジ規制は適用されませんでした。

その後、法人としてのFXトレードにもレバレッジ規制が適用されることになります。そのきっかけになったのは2015年1月に起こった「スイスフランショック」でした。このとき法人のFXトレーダーは大きな損失を出し証拠金が不足したことで追加の証拠金が必要になる「追証」が発生しました。このとき発生した追証は多額にのぼり、国内のFX会社が収集できなかった未収金額は14億4000万円にもなりました。

diff_2

そこで金融庁は相場の急変時のリスクを避けるために、個人のFXトレーダーだけでなく法人のFXトレーダーに対してもレバレッジ規制を適用させることになったのです。その流れをうけて国内の多くのFX会社は法人口座の最大レバレッジをそれまでの最大400倍程度から2015年後半から最大100倍まで下げました。

そして2017年2月27日より正式に法人口座にレバレッジ規制がかけられることになり、最大レバレッジはヒストリカル・ボラティリティ方式(HV方式)といったもので規制されます。HV方式とは過去(一定期間)の相場変動に基づいて、通貨ペアごとに毎週レバレッジが見直される方式で、おおよそ30倍~80倍程度で変動するようになっています。

またHV方式によって算出されたレバレッジが仮に25倍を下回った場合でも、個人の最大レバレッジである25倍は適用されずに、その下回ったレバレッジが適用されます。

スイスフランショックに関する詳細情報は以下のページの真ん中の方にございます。

海外FX会社だけにあるゼロカットシステム

海外FX会社にもレバレッジ規制はあるの?

では日本人が海外FX会社でトレードする場合にも、このレバレッジ規制は適用されるのでしょうか。実は日本のレバレッジ規制が適用されるのは、あくまで日本国内のFX会社に対してだけなのです。海外FX会社でトレードする場合は、そのFX会社が属する国が定めている最大レバレッジが適用されることになります。

ここではいくつかの国のレバレッジ事情を紹介しますが、実は現在の日本以上に厳しく最大レバレッジが規制されている国があり、その代表がアメリカです。アメリカでは2009年からレバレッジ規制が適用されおり、最初は取引量が多いメジャー通貨10種類には最大レバレッジ100倍、それ以外の通貨に対しては最大25倍と規制がおこなわれました。しかしその後レバレッジ規制が強化され、メジャー通貨10種類は50倍、それ以外の通貨は20倍となりました。

そして2015年1月には更なるレバレッジ規制強化がおこなわれ、安全性が低いロシア・ルーブルが5倍、ブラジル・レアルが11倍、メキシコ・ペソが16.6倍に抑えられたほか、もっともレバレッジ規制が緩い日本円や豪ドルでも最大レバレッジが33倍に抑えられています。

海外FX会社と国内FX会社のレバレッジの違いの続きを読む

海外FX会社だけにあるゼロカットシステム

2017年05月25日

ゼロカットシステムとは、追証が発生しないシステムのことをいい、海外FX会社では広く普及しています。実はこの追証というのは滅多なことでは発生しないので、ゼロカットシステムの重要性についてはあまり議論されていませんでしたが、2015年に起こったスイスフランショックをきっかけにゼロカットシステムの重要性について世界中で話題となりました。

今回はゼロカットシステムを詳しく説明していくことに加え、日本のFX会社と海外FX会社のシステムの違いなども比較しながらご案内をしていきます。

ゼロカットシステムのこと既に知っていて、海外FX会社での口座開設を検討している方は、当社の独自視点で比較選定をおこなった海外FX会社の紹介ページをご覧ください。

海外FX会社の比較

cut_1

追証とゼロカットシステム

FXトレードを行っている際、予期せぬ値動きが発生して証拠金以上の損失を被ってしまうことがあります。この証拠金以上の損失は、後にFX会社から不足金額として請求されることがあり、これを追証(追加証拠金)といいます。

次にゼロカットシステムですが、ゼロカットシステムとは証拠金がゼロになった時点で取引は終了したとみなすシステムのことをいいます。つまり追証が仮に1億円発生した場合でも1円たりとも追加のお金を払う必要はありません。たとえ一時的にトレーダーの口座の金額がマイナスと表示されていたとしても、即日または翌日には「ゼロ」に戻されます。

ゼロカットシステムが注目されたスイスフランショック

ゼロカットシステムが注目されたのは「スイスフランショック」という為替市場を揺るがす出来事が発生した時期となります。

2015年1月15日、スイスの中央銀行「スイス国立銀行」は2011年9月から実施してきたユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)への為替介入を突然終了しました。その理由は「為替介入のための資金が、国として負担できる限界を超えたため」であるそうです。

これによりEUR/CHFは大暴落しスイスフラン高が一気に進みます。これが「スイスフランショック」です。なんと発表直後から20分間はインターバンクがレートをつけることができず、やっと値がついた時には直近のレートから1600pipsも値跳び(レートとレートの間が開いてしまう現象。窓明けとも言う)してしまったのです。

この大暴落は予兆が一切無く、予期せぬ大暴落で世界中のFXトレーダーが大きな損失を被った大事故でもありました。そして、スイスフランショック時の日本はというと、日本人FXトレーダー達も同様にスイスフランショックの大暴落を予想できず一気に資金を失いました。

cut_2

日本のFX会社から報告された追証者は、個人トレーダーで1137件、金額は19億4800万円、1件当たりの追証平均は約171万円。法人トレーダーは92件で14億4000万円、一件当たりは約1565万円でした。個人トレーダーは当時、金融庁のレバレッジ制限によって最大レバレッジが25倍に制限されていたので、1件当たりの追証金額はそれほど大きくありませんが、レバレッジ制限がない法人トレーダーの中には100倍以上のレバレッジをかけてトレードしていた者もいたようで、多額の追証を請求されることになったそうです。

なぜこれほどの追証が発生したのかというと、レートが値跳びして下落したことで本来発動するはずのマージンコールや強制ロスカット(マージンコールと強制ロスカットについては後述)の機能が働かず、証拠金を大きく超える損失が発生し、その不足分が「追証」になってしまったからです。

その後この大暴落がきっかけで、金融庁は法人口座にもレバレッジ規制をかけることを決定します。

海外FX会社の場合、追証は誰が負担するのか?

海外FX会社だけにあるゼロカットシステムの続きを読む

海外FX会社で口座開設

2017年05月15日

FX(為替取引)をおこなう為にはFX会社での口座開設が必要となりますが、近年はそれぞれの投資家の目的に応じて、日本国内のFX会社で資産運用をおこなう方と、海外FX会社で資産運用をおこなう方に大きく分かれているように伺えます。

日本と海外のFX会社における大きな違いとしてあげられるのは「レバレッジ」ですが、レバレッジ以外にも日本と海外では大きな違いや特徴がありますので、当ページ内で詳細に案内をしていきたいと思います。

また、当社はMT4 EAを開発する会社となります。当社のMT4 EAを稼働させるにあたり最適な海外FX会社を探しているという方は、以下のページにておすすめの海外FX会社を比較して紹介していますので是非ご覧ください。

海外FX会社の比較

kouza_1

レバレッジ

日本国内では2011年に最大25倍というレバレッジ規制が適用されましたが、海外では各国のルールに基づき100倍、200倍、400倍などとレバレッジが設定されています。

少ない自己資金で、大きな資金を動かしたいという投資家は海外FX会社が向いているといえます。また、少ない自己資金で大きな資金を動かすということは、利益も大きく狙える分、損失も大きくなりますので注意も必要といえます。

ゼロカットシステム

追証が発生しないシステムで、海外FX会社にしかありません。最近では2015年の1月のスイスフランショック時に国内のFX会社で取引していて証拠金以上の損失を出し、追証が発生したトレーダーが多くいました。

しかし海外FX会社の多くはゼロカットシステムを採用しているので追証は発生せず、証拠金以上の損失は発生しませんでした。海外FX会社にはゼロカットシステムがあるおかげで、ハイレバレッジの取引も安心しておこなうことができます。

ゼロカットシステムについての詳細は以下ページをご覧ください。

海外FX会社だけにあるゼロカットシステム

ボーナスインセンティブ

口座開設後の入金時に、入金額に応じて一定率の資金をボーナスとして受け取れる仕組みが海外FX会社にはあります。ボーナスの率は入金額の5%~50%のケースが多く、入金額次第では100%になることもあります。

海外FX会社で口座開設の続きを読む

海外FX会社の最適な選び方

2013年12月16日

FXの自動売買に関しては最も利用度が高いツールがMetaTrader4ことMT4ですが、このシステムは国内外の多くのFX業者が採用しています。

システム自体は同じですが、採用業者によってスプレッドなど様々な違いがあります。

いざMT4を使用して取引をやろうと決めたとき、どういった業者を選べばいいのか悩むケースが多々あると思います。

いったい他の使用者はどういった基準で業者を選んでいるんだろう?

そういった疑問に答えるべく、ある業者がアンケートを実施して、重要視する項目別にまとめたデータがあります。

MT4アンケート

MT4アンケート

結果的には、「システム、サーバーの安定性」、「FX会社の信頼度」、「スプレッドの低さ」の3つでおよそ75%を占有しました。

このあたりは当然誰もが重要視する項目です。

ここで注目しなければならないのが「スプレッドの低さ」です。

業者のHPでは「ドル円スプレッド0.1pips」などと耳ざわりの良い文句が書いてありますが、こういった極狭のスプレッドを謳っている業者は、約定時のスリッページが発生する場合がほとんどです。

スプレッドというのは業者が受け取る「手数料」だという事を忘れてはいけません。

ですので、スプレッドの低さは確かに重要ですが「約定力」というのを軽視してはいけません。

またアンケートでは、かなり低い重要度となっていますが「取引レートの更新回数」に注目してください。

取引レートの更新回数というのは、「一定時間にどれだけの値動き回数があったか」ということです。

つまり値動きに対する反応の良さを言っています。

例えば、EAがあるポジションを持っているとします。

海外FX会社の最適な選び方の続きを読む