海外FX会社だけにあるゼロカットシステム

2017年05月25日

ゼロカットシステムとは、追証が発生しないシステムのことをいい、海外FX会社では広く普及しています。実はこの追証というのは滅多なことでは発生しないので、ゼロカットシステムの重要性についてはあまり議論されていませんでしたが、2015年に起こったスイスフランショックをきっかけにゼロカットシステムの重要性について世界中で話題となりました。

今回はゼロカットシステムを詳しく説明していくことに加え、日本のFX会社と海外FX会社のシステムの違いなども比較しながらご案内をしていきます。

ゼロカットシステムのこと既に知っていて、海外FX会社での口座開設を検討している方は、当社の独自視点で比較選定をおこなった海外FX会社の紹介ページをご覧ください。

海外FX会社の比較

cut_1

追証とゼロカットシステム

FXトレードを行っている際、予期せぬ値動きが発生して証拠金以上の損失を被ってしまうことがあります。この証拠金以上の損失は、後にFX会社から不足金額として請求されることがあり、これを追証(追加証拠金)といいます。

次にゼロカットシステムですが、ゼロカットシステムとは証拠金がゼロになった時点で取引は終了したとみなすシステムのことをいいます。つまり追証が仮に1億円発生した場合でも1円たりとも追加のお金を払う必要はありません。たとえ一時的にトレーダーの口座の金額がマイナスと表示されていたとしても、即日または翌日には「ゼロ」に戻されます。

ゼロカットシステムが注目されたスイスフランショック

ゼロカットシステムが注目されたのは「スイスフランショック」という為替市場を揺るがす出来事が発生した時期となります。

2015年1月15日、スイスの中央銀行「スイス国立銀行」は2011年9月から実施してきたユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)への為替介入を突然終了しました。その理由は「為替介入のための資金が、国として負担できる限界を超えたため」であるそうです。

これによりEUR/CHFは大暴落しスイスフラン高が一気に進みます。これが「スイスフランショック」です。なんと発表直後から20分間はインターバンクがレートをつけることができず、やっと値がついた時には直近のレートから1600pipsも値跳び(レートとレートの間が開いてしまう現象。窓明けとも言う)してしまったのです。

この大暴落は予兆が一切無く、予期せぬ大暴落で世界中のFXトレーダーが大きな損失を被った大事故でもありました。そして、スイスフランショック時の日本はというと、日本人FXトレーダー達も同様にスイスフランショックの大暴落を予想できず一気に資金を失いました。

cut_2

日本のFX会社から報告された追証者は、個人トレーダーで1137件、金額は19億4800万円、1件当たりの追証平均は約171万円。法人トレーダーは92件で14億4000万円、一件当たりは約1565万円でした。個人トレーダーは当時、金融庁のレバレッジ制限によって最大レバレッジが25倍に制限されていたので、1件当たりの追証金額はそれほど大きくありませんが、レバレッジ制限がない法人トレーダーの中には100倍以上のレバレッジをかけてトレードしていた者もいたようで、多額の追証を請求されることになったそうです。

なぜこれほどの追証が発生したのかというと、レートが値跳びして下落したことで本来発動するはずのマージンコールや強制ロスカット(マージンコールと強制ロスカットについては後述)の機能が働かず、証拠金を大きく超える損失が発生し、その不足分が「追証」になってしまったからです。

その後この大暴落がきっかけで、金融庁は法人口座にもレバレッジ規制をかけることを決定します。

海外FX会社の場合、追証は誰が負担するのか?

上記でも伝えたようにスイスフランショックによって、日本国内のFX会社で取引をしていた多くのFXトレーダーは多額の追証をFX会社より請求されました。海外FX会社で取引をおこなっていたFXトレーダーは、証拠金を大きく越える損失を出しましたが追証は一切請求されず、マイナス口座はすぐにゼロにリセットされ、「ゼロカットシステム」が採用されました。

cut_3

では、FXトレーダーが出した追証は誰が負担しているのかが気になるところかと思いますが、実は利用している海外FX会社が負担しています。当社でおすすめしている海外FX会社の一つであるXM Trading社も、スイスフランショック時に発生した追証をトレーダーには請求しておらずXM Trading社が独自で負担をしました。それはXM Trading社のウェブページでも以下のように企業ニュースとして発表されました。

「スイス国立銀行がEUR/CHFの上限撤廃を決定したことによって引き起こされた最近の市場での非常に大きな値動きによって、XMはスイス国立銀行による大混乱の影響は受けていないことをお客様に保証致します。XMは常にマイナス残高の自動的な保護を提供していることをお客様に再度ご案内申し上げます。先週中にマイナス口座残高が発生した全てのお客様は、当社のお約束を果たす為に、マイナス残高が起こりうる他のケース同様に、マイナス残高は既にリセットされています。」

もちろんこのゼロカットシステムは裁量トレーダーだけでなく、自動売買ソフトであるMT4 EAを使用した場合でも採用されます。

XM Trading社にご興味のある方は以下ページより詳細や口座開設方法などをご確認いただけます。

XM Tradingを検証して口座開設

日本国内のFX会社のゼロカットシステム

日本国内のFX会社でゼロカットシステムを採用しているところは本当にないのでしょうか?残念ながら現時点で当社の知る限りでは存在していません。もちろん日本国内のFX会社にもトレーダーの資金を守り追証を発生させないようなシステムがあります。それが「マージンコール」と「強制ロスカット」です。

マージンコールとは、証拠金がある程度減少してきた場合に、FX会社からメールで連絡が入り証拠金の追加振込やポジションの決済をうながされるシステムです。マージンコールは証拠金維持率が100%以下、つまり自分が持つポジションの必要証拠金額を下回った時点で発動される場合が多いです。

強制ロスカットとは、マージンコールからさらに損失が膨らんだ場合に、トレーダーの意思とは関係なく強制的にポジションが決済されるシステムです。強制ロスカットは証拠金維持率が50%以下、つまり自分が持つポジションの必要証拠金の半分を下回った時点で発動される場合が多いです。

これらのシステムが働くことで、トレーダーの損失こそ発生するものの少なくとも自分が振り込んだ証拠金以上のお金を請求されることはありません。つまり追証は発生しないのです。 しかしこのシステムには大きな欠点があります。マージンコールや強制ロスカットのシステムは、それぞれが発動するレートを経なければならないのですがスイスフランショックのようなケースでは、それらのポイントを通過することなく、突然値跳びしたレートがつけられてしまいました。

cut_4

このような場合はマージンコールは発動せず、強制ロスカットも当初設定されたレートではなく、値跳びしたレートで発動します。強制ロスカットが発動した時点で口座資金はマイナスになっている場合は、そのマイナス分が追証として請求されるのです。

ゼロカットシステム、その他メリット

ゼロカットシステムはハイレバレッジなトレードを行うときにも、トレーダーを保護してくれます。海外FX会社では500倍を越える最大レバレッジを提供している会社がありますが、500倍のレバレッジでトレードをおこない、ゼロカットシステムがない状況で大きな損失を出してしまうと大きな追証を受けることになります。しかしゼロカットシステムがあれば、最悪の状況となっても当初の証拠金を失うだけとなります。

ハイレバレッジでのFX取引は、そもそも証拠金が少なくても大きな利益が狙えるというトレード手法となるので、証拠金を失ってもそれほどのリスクはないでしょう。怖いのはハイレバレッジトレード時の追証なのです。

ゼロカットシステムがあるおかげで、安心してハイレバレッジな取引を行うことが可能になります。ゼロカットシステムがあり、ハイレバレッジでのトレードをご検討中の方は以下のページをご覧ください。

海外FX会社の比較

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村