FX取引時間帯別の市場の特徴

2018年07月13日

FXの市場は24時間開かれていますが、取引時間帯別に市場の特徴があり、それぞれの時間帯に合った取引手法も存在しています。例えば、自分の取引手法がその時間帯に合っていない場合は、損失をこうむる恐れもありますので、今回はFX市場のそれぞれの取引時間帯別の特徴と、おすすめできる取引手法について説明していきます。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAは各取引時市場に合わせたロジックで最適化が行われております。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

FX市場の種類と取引時間帯

FX市場は取引時間帯に4つの種類に大きく分かれています。それは「豪州市場」・「アジア市場」・「欧州市場」・「米国市場」です。

なぜ時間帯によって市場を分けて考えられるのかというと、FXでは各国ごとの通貨の取引がおこなわれているからです。実際に通貨の取引は金融関係の企業が主におこなっていますが、各国の金融企業の営業時間帯は主に9時から18時であり、この金融企業の営業時間帯が各国の時差によりずれていくので市場もそれにつれてずれていくのです。

例えば日本時間の9時に日本の市場は開きます。米国の市場も米国時間の9時に開きます。米国と日本の間には時差があり、米国の9時は日本時間では22時になりますので、米国市場は日本時間では22時からということになります。

下の表は各主要国の9時~18時を日本時間と比較したものです。

tradetime1

各取引市場の時間帯を色分けしました。この表で見ると豪州市場は日本時間で6時~15時、アジア市場は9時~19時、欧州市場は14時~翌2時、米国市場は22時~翌7時になります。

ただし、これは10月~翌3月までの時期です。3月~10月までは欧米諸国は夏時間(サマータイム)の期間になりますので、アジア市場以外の各取引市場の時間帯は日本時間で1時間早まります。

また表を見ると、取引市場の時間帯が重なる部分があります。

9時~17時 

FX取引時間帯別の市場の特徴の続きを読む

MT4 EAの取引履歴(2018年7月)

2018年07月03日

当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

今月の重要指標発表の日時は以下となります。以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

以下の指標発表時の少なくとも10分ほど前には保有ポジションがある場合は手動で決済を行い、EAの稼働を停止されることをお勧めいたします。

・7月5日 米 

MT4 EAの取引履歴(2018年7月)の続きを読む

MT4 EAの経済指標発表時の稼働停止の必要性について

2018年06月22日

MT4 EAを稼働する場合、経済指標発表時は相場が乱高下する場合が多いので、発表前後の時間帯は稼働を停止することで相場変動のリスクを回避するのが良いと言われています。

なぜ経済指標発表時はMT4 EAを停止するのが良いかを説明すると、MT4 EAは移動平均線などに代表されるテクニカル指標を利用して相場の動きを分析しトレードを行いますが、経済指標発表時は相場のテクニカル分析を無視して、その場の経済データや要人発言によって相場が動くからです。そういった相場の動きはMT4 EAでは予想することが困難であるため、思わぬ相場の動きによって損失をこうむる事があります。

今回は経済指標発表時のMT4 EAの稼働停止や再稼働のタイミング、あるいは経済指標発表前にポジションを保有していた場合の対処の方法などについて詳しくご説明いたします。

どのような経済指標に注意をするべきか

経済指標は毎日のようにいくつも発表されますので、そのなかでどのような経済指標に注意を払うのかを選択しなければなりません。なぜならば、すべての経済指標発表時にMT4 EAを稼働停止していたのではMT4 EAを稼働させる時間がきわめて限られてしまうためです。MT4 EAの稼働時間を十分にとるために相場が大きく動きそうな経済指標に限定して対処していく必要があります。

毎回必ずMT4 EAの稼働停止などの対処が必要なのは米国の「雇用統計」と「FOMC」、「FRB議長発言」です。これらは過去の統計からも相場が大きく動きやすい事が分かっています。

それに次ぐのがユーロ圏の「ECB政策金利」および「ECB議長発言」そして英国、日本の「政策金利発表」です。これらは政策に変化があると思われる場合にはMT4

MT4 EAの経済指標発表時の稼働停止の必要性についての続きを読む

MT4 EAの取引履歴(2018年6月)

2018年06月04日

当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

今月の重要指標発表の日時は以下となります。以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

以下の指標発表時の少なくとも10分ほど前には保有ポジションがある場合は手動で決済を行い、EAの稼働を停止されることをお勧めいたします。

・6月1日 米 

MT4 EAの取引履歴(2018年6月)の続きを読む

FXトレードでのバックテストとフォワードテスト

2018年05月10日

FXトレードに慣れてくると、自分なりのトレードルール(トレード手法)で取引をおこなう方が多くなり、そのトレードルールの有効性と危険性を確認するのがバックテストとフォワードテストです。つまり自分のトレード方法が、実際のFXトレードにおいて、どれほどの利益を獲得できる可能性があるのか、またどれほどの損失が発生する恐れがあるのかを確認する作業がバックテストとフォワードテストということになります。

自分のトレード方法の有効性と危険性を確認することは非常に大切なことですので、今回は詳細にバックテストとフォワードテストについて説明してまいります。

なお当社はMT4 EAの開発を専門に手掛がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAでは繰り返しバックテストとフォワードテストを行い、有効性が確認されたMT4 EAのみリリースしております。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

バックテストとは

バックテストというのは、自分のトレードルールが過去の相場において、どれほどのパフォーマンスがあげられるかをチェックする作業のことです。要するに、利益につながる有効性を持っているかどうかの確認です。有効性が確認できない場合は、そのトレードルールは実際のトレードで損失を出す確率が高い危険なルールだと言うことになります。

もちろん為替相場は過去における値動きのパターンが今後も継続して起こりうるとは限らないので、バックテストで有効性が確認できても将来の有効性が保証されるわけではありません。また、過去において利益が出ていないから、今後も利益が出ないとも言い切れません。

つまりバックテストとは、あくまで過去の相場においての有効性をチェックできるテストにすぎません。

しかしそれでも過去における有効性を確認することは非常に重要なことです。なぜなら少なくとも過去の相場で有効性が証明されたという事は、将来的にも有効性が発揮できる可能性が高まるからです。

そしてその可能性の精度をさらに高めるためには、もう一つやらなければならないことがあります。それが次の項目で説明するフォワードテストです。

backtest0

フォワードテストとは

FXトレードでのバックテストとフォワードテストの続きを読む