FXトレードでのスワップポイント

2017年10月16日

スワップポイントとは、FXトレードで得られる利益のひとつで、2国間の通貨の金利差のことを言います。通常、FXで得られる利益は売買の差額によるものが知られており、例えば100円で購入した米ドルが101円になった時に売った場合、1ドルあたり1円の利益を得られることになります。1万ドル保有していたとしたら、1万円の利益です。このような資産を売買することで得られる利益のことをキャピタルゲインとも言います。

スワップポイントは資産を売買することで得られるものではなく、資産を保有していることで得られる利益であり、銀行に預金をして利息を得るのと同じだとお考えください。このように資産を保有して得られる利益のことをインカムゲインとも言います。

今回はスワップポイントの特徴について説明していきます。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAはスワップポイントを得ることを目的に作られたものではありませんが、スワップポイント以上の売買差益(キャピタルゲイン)を狙って作成されております。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

imageFXトレードでのスワップポイントの続きを読む

FXトレードの通貨ペア

2017年10月06日

FXトレードは二国間の通貨の売買で成り立っています。この二国間の通貨の組合せのことを「通貨ペア」といいます。たとえば米ドルと日本円のトレードであれば通貨ペア名は「米ドル/円」で、英語表記にすると「USD/JPY」となります。ユーロと日本円であれば「ユーロ/円(EUR/JPY)」、ユーロと米ドルならば「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」となります。

米ドル/円のレートが120円であれば、米ドルの1ドルと日本円の120円が同じ価値ということで、ドルで円を買うことを「円買い」、逆に円でドルを買うことを「ドル買い」と言います。

今回はFXトレードでの通貨ペアの特徴や利益のあげやすい通貨ペア、逆に利益のあげにくい通貨ペアなどについて説明していきます。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAは全て利益の出しやすい通貨ペアを対象に開発しております。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

FX市場でトレードされる主な通貨ペアの種類

FXの市場にはいくつもの通貨ペアが存在し、その数は100種類以上あります。ただしどこのFX会社でも全ての通過ペアがトレードできるわけでなく、FX会社によってトレードできる通貨ペアの種類は異なります。以下に世界市場と日本市場でトレードされる代表的な通貨ペアをあげておきます。また各通貨ペアのFX市場における取引高のシェアも記載しておきます。

【世界市場で取引される主な通貨ペアとシェア】

tuuka_1

【日本市場で取引される主な通貨ペアとシェア】

tuuka_2

imageFXトレードの通貨ペアの続きを読む

パラボリックSARでのFXトレード

2017年09月19日

パラボリックSAR(Parabolic Stop And Reverse)とは、相場のトレンドの方向をはかるテクニカル指標でSAR(Stop And Reverce)がチャート上に放物線を描くことから「パラボリック(放物線)」と呼ばれています。SARは使用するチャートの種類によって、点で描かれたり線で描かれたりします。

sar_1

パラボリックSARはRSIの開発者で有名なアメリカのテクニカルアナリストであるJ.W.ワイルダーによって発表されました。今回はパラボリック SARの計算方法や具体的な使い方について説明していきます。

なお、当社はMT4 EAの開発の専門業者です。当社のMT4 EAにはパラボリックSARは組み込んでいませんが、さまざまな指標を組み込みMT4 EAを完成させていますので、ご興味のあるかたは是非、当社のMT4 EAを使用してみてください。すべてのMT4 EAが無料でダウンロードできます。

MT4 EA

パラボリックSARの概要

パラボリックSARは、現在のトレンドが「上昇しているのか?下降しているのか?」といったトレンドの方向をチャート上で確認するためのテクニカル指標です。そのトレンドの方向をチャート上に表示されるSARの位置で判断していきます。以下の画像をご覧ください。

sar_2

下降トレンドが発生しているとき、SARはローソク足の上に現れます。逆に上昇トレンドは発生しているときSARはローソク足の下に現れます。トレンドの方向と転換がひと目で判断できるのがパラボリックSARの特徴ともいえます。

パラボリックSARの計算方法

パラボリックSARを数値を求めるためには「前日のSAR」と「EP(Extreme Price = 極大値)」、「AF(Acceleration Factor =

imageパラボリックSARでのFXトレードの続きを読む

RSIでのFXトレード

2017年09月12日

RSIはRelative Strength Indexの略で日本語では相対力指数と呼ばれており、一定期間における相場の値動きの強さを表しています。簡単に言えば現在の相場が「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのかを判断する指標のことです。RSIは常に決まった範囲(0~100)の間で動くのですが、このような一定の範囲内だけで上下して動くテクニカル指標を「オシレーター系指標」と呼びばれ、RSIはオシレーター系指標の中でも最も有名な指標で、FXトレードや株式トレードに良く使われます。一般的にオシレーター系指標はローソク足が表示されているチャートウインドウの下(サブウインドウ)に表示されます。

rsi_1

RSIは1978年にアメリカのテクニカルアナリストであるJ.W.ワイルダーによって発表されました。J.W.ワイルダーはRSI以外にも、ATR(Average True Range)、ADI(Average Directional Index)、パラボリックSAR (Parabolic SAR)といった有名なテクニカル指標をいくつも発表しています。今回はRSIの計算方法や具体的な使い方について説明していきます。

なお、当社はMT4 EAの開発の専門業者です。当社のMT4 EAにはRSIは組み込んでいませんが、さまざまな指標を組み込みMT4 EAを完成させていますので、ご興味のあるかたは是非、当社のMT4 EAを使用してみてください。すべてのMT4 EAが無料でダウンロードできます。

MT4 EA

RSIの考え方と計算方法

RSIは常に「0~100」の決まった範囲の中を変動しますが、RSIが70以上の場合は相場の値上がりが続き「買われすぎ」の状態と考えられます。逆に相場の値下がりが続きRSIが30以下の場合は「売られすぎ」の状態と考えられます。以下の画像をご覧ください。

rsi_8

imageRSIでのFXトレードの続きを読む

ボリンジャーバンドでのFXトレード

2017年08月15日

ボリンジャーバンドは、相場の買われすぎや売られすぎを判断したり、トレンドの始まりや終了を確認するために使用するテクニカル指標のことで、FXトレードや株式トレードなどで最もよく使われる指標のひとつです。

「バンド」とあるようにボリンジャーバンドはミドルラインと±1σ(シグマ)、±2σ(シグマ)、±3σ(シグマ)のラインでバンド(帯)の形を描きます。ミドルラインは一定期間の単純移動平均線で、シグマラインは移動平均から求められる標準偏差値を使用して計算されます。標準偏差値とは学生時代に行われたテストの成績で使われた「偏差値」と同じ考えた方で求められるものです。

bband_1

imageボリンジャーバンドでのFXトレードの続きを読む
1 / 5612345...102030...最後 »