FXにおけるダウ理論とは

2019年05月09日

ダウ理論とは、19世紀後半に活躍したアメリカの金融ジャーナリストであるチャールズ・ダウが提唱した理論で、もともとダウ理論は「株価はすべての事象を織り込む」という思考で株価の将来の値動きを判断するために使用するものですが、FXにも十分応用可能ですので今回は株価を為替レートに置き換えてダウ理論について説明いたします。

本来のダウ理論は以下の6つの理論から成り立ちます。

1. 為替レートは全ての情報を織り込む
2. トレンドには3つの波動がある
3. トレンドには3段階からなっている
4. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する
5. 平均は相互に確認されなければならない
6. トレンドは出来高でも確認されなければならない

先に述べたようにダウ理論は株の売買の研究から生み出されたものですので、ダウ理論の中にはFXには当てはまらない部分もあります。そこで今回はダウ理論の中でもFXで応用できさらにFX初心者の方でも実際のFXトレードに役立つ「3.トレンドは3段階からなっている」と「4.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」という二つの理論に絞って説明してまいります。そして実際にダウ理論を利用したFXトレードの例もご紹介いたします。

なお当社はMT4

FXにおけるダウ理論とはの続きを読む

MT4 EAの取引履歴(2019年5月)

2019年05月06日

当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

今月の重要指標発表の日時は以下となります。以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

以下の指標発表時の少なくとも15分ほど前には保有ポジションがある場合は手動で決済を行い、EAの稼働を停止されることをお勧めいたします。

5月1日 米 

MT4 EAの取引履歴(2019年5月)の続きを読む

MT4 EAの最適化の方法

2019年04月11日

MT4にはEAの最適化を行うことができる機能があります。今回は最適化の説明とその方法について案内していきます。

最適化とはMT4 EAに設定されているパラメーターの値を、最も良い値に置き換えていく作業となります。最適な値に置き換えることでMT4 EAのパフォーマンス向上が期待できます。しかし、パラメーターの値の置き換えに失敗すると反対にパフォーマンス低下となってしまう恐れもありますので、FX中級者以下の方はパラメーターの値の変更は避けたほうが良いという考えも一般的に浸透しています。

具体的に最適化では、パラメーターの値変更だけでなく、様々なパラメータの組み合わせでバックテストを実行し、パフォーマンスを比較しながら最適な数値を見つけ出していく作業です。この作業を手動でおこなうと途方もない手間と時間がかかりますが、MT4を活用するとこの作業を半自動的におこなってくれるため作業効率が格段に上がります。

なお、当社が配布している無料EAのパラメーター設定は当社が最も良いと考えたパラメーターの設定となりますのでFX中級者までの方はデフォルト設定でご使用ください。今回はMT4 EAの正しい最適化の方法として皆様にご紹介していきます。

当社はMT4 EAの開発を専門に手掛がける会社です。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

無料EA一覧

最適化をおこなう理由

以下の二つの理由からMT4 EAを使用して最適化をおこなう方がいます。

1.MT4 EAの良いパラメーター設定をみつけるため。

MT4 EAの最適化の方法の続きを読む

MT4 EAの取引履歴(2019年4月)

2019年04月03日

当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

今月の重要指標発表の日時は以下となります。以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

以下の指標発表時の少なくとも15分ほど前には保有ポジションがある場合は手動で決済を行い、EAの稼働を停止されることをお勧めいたします。

4月5日 米 

MT4 EAの取引履歴(2019年4月)の続きを読む

MT4で分析する2019年3月のFOMC政策金利発表

2019年03月22日

2019年3月20日の日本時間27時00分(3月21日3時00分)にFOMC政策金利が発表されました。

FOMC政策金利はアメリカの金融政策を決定するために開かれる会合のことをいい、FRB議長を含む7名の理事とニューヨーク連銀総裁(副議長)およびその他11名の地区連銀総裁の中から4名が持ちまわりした、計12名のメンバーで構成されています。

FOMCは年間に8回開催され主に政策金利と、現在の景況判断と政策決定内容、それに関する各FOMCメンバーの政策決定に対する賛否などが記された「声明文」が発表され、その結果が市場の予想と反する場合には世界の金融マーケットに大きな影響を及ぼし、特定の通貨だけでなく、全ての為替通貨ペアが大変動となる場合があります。

FOMCについての詳細はFOMCでのFXトレード(為替取引)(https://mt4-ea.com/blog/2799/)をご覧ください。

なお当社はMT4 EAの開発を専門に手掛がける会社です。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

市場予想は圧倒的現状維持

今回のFOMC市場予想は圧倒的に現状維持になっていました。

リーマンショック以降、米国の政策金利は0-0.25%で実質ゼロ金利政策を行ってきましたが、景気が上向き始めた2016年以降は利上げを繰り返し、現在は2.25-2.50%の水準にあります。

しかし2018年後半から景気が減速傾向に入り、2019年の利上げ回数の予想は昨年9月時点の3回から、2019年年初には2回に減少してします。

そんな中で今回のFOMC政策金利発表を迎えましたが、今回の利上げの市場予想は「据え置き」が98%以上という圧倒的なものになりました。

FOMC声明文が相場を動かす

今回発表されたFOMC政策金利は、市場予想どおり現状の2.25-2.50%の据え置きとなったので相場を大きく動かすようなものではありませんでしたが、今回の据え置き措置を判断した内容を告げるFOMC声明が相場を動かすきっかけになりました。

MT4で分析する2019年3月のFOMC政策金利発表の続きを読む