マーチンゲール法を利用したFXトレード

2017年06月14日

マーチンゲール法はギャンブルの世界で幅広く使われる取引手法ですが、FXトレード(為替取引)においても実行されています。シンプルで魅力的な取引手法にも見えますが、実は危険性も伴う取引手法となりますのでマーチンゲール法を実行するには注意が必要です。今回はマーチンゲール法のメリットとデメリット、そしてマーチンゲール法を利用したFXトレードについてご案内をしていきます。

マーチンゲール法が誕生したのは18世紀。フランスのマーティギューという地域にあったカジノのコインの表と裏を当てるゲームで実行されていた、損失時に掛け金を倍に増やしながらベットをしてくギャンブル手法だと言われています。マーティギューという地名に変化が加わりマーチンゲール法という言葉が誕生したという説があります。ギャンブルの世界では最も古典的で有名な取引手法であり、コインゲームのみならずルーレットや競馬や競艇などの公営ギャンブルにも利用されています。いずれにしても基本的な考え方やルールは同じですので、その特徴について説明いたします。

マーチンゲール法のルール

マーチンゲール法のルールは非常に単純であり、金額をベットして負けた場合、次の勝負では掛け金を倍に増やしてベットしていくという手法です。さらに負けた場合は、合計負け金額の倍額を掛け続けていきます。表裏を当てるコインゲームの勝率は50%なので、勝利時には賭け金の倍額が戻ることになりますので、一番最初にベットをした金額が利益として戻ってきます。詳しくは下の表を見てください。

マーチンゲール画像1

表を見るとわかるように負け続けていくと賭け金はどんどん増えていきますが、どの時点で勝ったとしても得られる利益は1回目に賭けた100円です。よって、どれだけ負けが続いたとしても勝利時には合計損失を取り戻し、必ずトータルでは利

imageマーチンゲール法を利用したFXトレードの続きを読む

ECB政策金利発表でのFXトレード(為替取引)

2017年06月08日

ECB政策金利発表は、アメリカの雇用統計やFOMCに次いで最も為替相場に影響を与える重要経済指標であり、FXトレード(為替取引)をおこなう際には注意が必要です。特にユーロに関連する通貨ペアに大きく影響しますので、裁量トレーダーやMT4 EAを使用するシステムトレーダーの方は、ECB政策金利発表時には慎重な判断が注意となります。

ECB(European Central Bank)とは、EU(欧州連合)の機関であり、日本では「欧州中央銀行」と呼ばれます。単一通貨ユーロを採用しているEUの金融政策を担う中央銀行であり、日本の日本銀行と同様の機関となります。

ECBがおこなう金融政策の中で注目すべきは政策金利です。これによりEU各国に置かれている中央銀行が、一般の銀行に対してどれだけの金利で資金を貸し出すかが決定されます。EUがインフレ状態(物価が上昇)だと判断すれば、政策金利を上げて一般の銀行が中央銀行からお金を借りにくくします。世の中に出回る通貨量を少なくすることで行き過ぎた景気(バブル景気)やインフレをコントロールします。反対にデフレ状態(物価が下降)だと判断すれば、政策金利を下げて一般の銀行が中央銀行からお金を借りやすくします。世の中に出回る通貨量を増やすことで物価を上げ、景気を良くしようとコントロールします。このようにECBが発表する政策金利発表は、EUの経済安定のための重要な役割があり、FXトレーダーだけでなく世界中の投資家や経済関係者に注目されています。

ECBは6人の役員とEUの各国の中央銀行総裁で構成されており、主に金融政策や政策金利の決定、金融政策実行のためのガイドライン作成などをおこなっています。ECBの会合は原則、月に2回おこなわれており、1回目の会合では政策金利や金融政策が発表され、その後、ECB総裁の記者会見がおこなわれます。2回目には金融政策以外のことが討議され、その内容は発表されません。そのため1回目の会合が為替相場に大きな影響をあたえます。

ECB政策金利発表でのFXトレード1

imageECB政策金利発表でのFXトレード(為替取引)の続きを読む

MT4 EAの取引履歴

2017年06月02日

当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

2017年6月の重要指標発表の日時は以下となります・以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

・6月2日(金曜日) 21時30分 (米)雇用統計

・6月8日(木曜日) 21時30分 (欧)ドラギECB総裁会見

・6月9日(金曜日) 不明    (英)解散総選挙

・6月14日(水曜日) 27時00分 (米)FOMC政策金利発表

< 今月の警戒ポイント >

6月に最も注意を払わなければならないのは6月14日のFOMC政策金利発表です。市場の利上げ確率予想は90%を超えており、ほぼ利上げが確実視されている状態です。おそらく6月2日に発表される米雇用統計の内容が、きわめて悪い状況でなければ利上げが実施される可能性は高いでしょう。FOMCの発表直後は相場が一時的に乱高下するおそれもあるので、当サイトの無料EAをご使用の方々は稼動を停止しリスクに備えてください。

また6月8日にはイギリス解散総選挙がおこなわれます。遅くとも日本時間で6月9日の15時ぐらいには結果が分かると思われます。おそらくその間にも速報が数回入り相場に影響を与えることになると思いますので、6月8日の20時以

imageMT4 EAの取引履歴の続きを読む

海外FX会社と国内FX会社のレバレッジの違い

2017年05月28日

海外FX会社と国内FX会社のレバレッジ事情には大きな違いがあります。日本の場合は個人トレーダーであれば最大レバレッジは25倍に制限されていますが、海外のFX会社の中には500倍以上の最大レバレッジを提供しているところもあります。

レバレッジは「てこ」のことで、FXをはじめとする投資の世界では小さな資金で大きな取引を行うことを意味しています。たとえばレバレッジが100倍であれば10万円の資金でも1000万円分の通貨を購入して取引をすることが可能になります。

今回は日本国内のFX会社と海外FX会社のレバレッジ事情の比較を詳しく説明していくなかで、ハイレバレッジでFXトレードを行うメリットとデメリットもあわせて紹介していきます。

海外FX会社と国内FX会社のレバレッジの違い1

日本国内のFX会社のレバレッジ事情は?

国内のFX会社では金融商品取引法により個人での取引の場合は最大レバレッジが25倍に規制されています。国内のFX会社にレバレッジ規制が適用されたのは2010年8月で、それ以前は最大レバレッジ500倍などのハイレバレッジを売りにするFX会社が存在していました。

しかしリスクをうまくコントロールできずに、高額な損失を出してしまうFXトレーダーが増加したことで、日本におけるレバレッジ規制が始まり、2010年8月からは個人取引での最大レバレッジは50倍、その1年後の2011年8月からは現在の最大レバレッジである25倍にレバレッジが規制されたのです。ただしレバレッジ規制は個人のFXトレーダーにかけられたものなので、法人としてFXトレードを行う場合はレバレッジ規制は適用されませんでした。

その後、法人としてのFXトレードにもレバレッジ規制が適用されることになります。そのきっかけになったのは2015年1月

image海外FX会社と国内FX会社のレバレッジの違いの続きを読む

雇用統計でのFXトレード(為替取引)

2017年05月28日

FXトレード(為替取引)をおこなう上で、主要国から発表される経済指標の内容は、相場の方向性を決める重要なものであり、その中でもアメリカの「雇用統計」と「FOMC」の内容は相場への影響が高く、FXトレーダーのみならず全ての投資家の注目の的となっています。

そして、発表時には為替相場や株価などが大きく動くことが多く、裁量トレーダー(手動で売り買いをおこなう投資家)にとってもMT4 EAを使用している自動売買トレーダーにとっても、それなりの対応が求められます。

雇用統計とは、米国の雇用情勢を調べた景気関連の経済指標のことをいいます。原則として毎月第一週の金曜日に発表され、失業率に加え非農業部門雇用者数、製造業就業者数、小売業就業者数、週労働時間、平均時給、労働参加率などが発表されます。

これらの中で、最も重要なのは失業率と非農業部門雇用者数で、特に非農業部門雇用者数の内容次第で相場が大きく動くことが多くなります。

仮に失業率が良くなっていたとしても、非農業部門雇用者数が減っていたり、または増えていても予想数値よりも少なかった場合は、経済の先行きに不透明感が広がりドルが売られる可能性が高くなります。

雇用統計でのFXトレード(為替取引)1

雇用統計時のFXトレード(為替取引)の注意点

アメリカの雇用統計はFOMCと肩を並べるほどの重要指標ですが、FOMCとは異なり指標発表の内容がどのような結果となるのかが非常に予想しづらい難しい指標です。その大きな理由は、指標発表の項目が多岐に渡るためであり、ひとつの項目が良い結果であっても別の項目が悪化していればドル売りとなったり、その逆の動きも時折みられたりします。

事前にポジションを仕込むことが難しいため、雇用統計発表時にFXトレード(為替取引)

image雇用統計でのFXトレード(為替取引)の続きを読む
1 / 5412345...102030...最後 »