リリース中のMT4 EAの取引数・利益率を増やす設定について

2022年06月08日

現在リリースしているMT4 EAの取引回数および利益率を増やす設定をご案内します。パラメーターの初期設定は、過去数年間の長期にわたる相場の中で、できる限り安定したパフォーマンスが出るようにという考えで設定しています。これはMT4 EAの使用に不慣れなかたでも安心してお使いいただくという理由と、勝てるEAを作成するための取り組みです。

しかし、初期設定では取引回数が少ない、もう少し利益率が欲しいという問合せが多数あります。FX取引やMT4 EAの使用に慣れた方は、相場状況に合わせてパラメーターの設定を変更し、取引数や利益を増やすことも可能ですが、そうでない方にとってはハードルが高い場合があります。そこで、以下にリリース中のMT4 EAのパラメーター設定をごく最近の相場に合わせて最適化したものをご案内します。パラメーター設定を以下のように変更していただくと取引数および利益率の増大が見込めます。

ご理解が必要なこととして、取引数を多くなるようにパラメーター設定をすることで、わずかな相場変動でパフォーマンスが悪化するリスクも伴いますので、私たちとしては積極的に以下のパラメーターを変更することはすすめておりません。また利益率を向上させるパラメーター設定では同時に損失率(リスク)も高まります。つまりハイリスクハイリターンの設定になりますので十分にご理解のうえ余裕のある資金で運用をしていただくようお願いいたします。

なおこれらのパラメーター設定については取引履歴等の公開はいたしておりませんので、取引確認はMT4のバックテスト機能等をご利用のうえご使用者様にてお確かめください。 ■取引数および利益率の増加を狙った最新パラメーター

以下は取引数および利益率を増やすために、過去6ヶ月程度の相場を重点的に考慮したものですので設定変更を慎重にご検討ください。初期設定のパフォーマンスと比較をした場合の数値もご覧いただけます。

リリース中のMT4 EAの取引数・利益率を増やす設定についての続きを読む

米5月ADP雇用統計 予想を大きく下回る!

2022年06月03日

2日、ADPリサーチ・インスティテュートが5月のADP雇用統計を発表を発表しました。結果は12.8万人と市場予想の30.0万人を大きく下回り新型コロナウイルスのパンデミックからの雇用回復が始まって以来最低の伸びとなりました。現在米国は深刻な高インフレ状態になっており、景気悪化から雇用者が減少しているのではないかと懸念が広がっているようです。

なお、当社はMT4で開発した EA(自動売買ソフト)を専門に手がけ、無料で提供している会社です。EAはパソコンの前にいる必要もなく、何の感情も介入させずに自動でFX取引を行います。FX初心者の方、パソコンの操作に不慣れな方でも使用することができますので、EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください

MT4 EA

米5月ADP雇用統計

ADPリサーチ・インスティテュートが2日に5月のADP雇用統計を発表し市場予想の30.0万人に対して12.8万人と予想を大きく下回り、新型コロナウイルス禍からの回復が始まって以降で最も低い伸びとなりました。また4月のADP雇用統計の結果も当初の24.7万人から20.2万人に下方修正されています。

今回の大きな落ち込みは、2020年4月の大規模なレイオフ(労働者の一時解雇)以来最悪となります。

5月の雇用の鈍化は、より広範な経済的後退の恐れの中で起こります。現在の米国のインフレは過去40年間で最高水準に達しており、米国が不況の危機に瀕しているのではないかという懸念を引き起こしています。

50人未満の労働者を雇用している企業が、雇用者数を9.1万人削減したため、中小企業がこの月に最大の打撃を受けました。その減少のうち、7.8万人のレイオフ(労働者の一時解雇)は従業員が20人未満の企業からのものでした。

「労働市場の逼迫とインフレの上昇を背景に、毎月の雇用増加はパンデミック前の水準に近づいている」とADPのチーフエコノミスト、ネラリチャードソンは述べています。また「雇用の伸び率はすべての業界で抑制されていますが、中小企業は大企業に追いつくのに苦労しているため、依然として懸念材料となっている」と指摘しています。

木曜日の他の経済データでは、労働省によると、5月28日に終了した週の最初の失業中の請求は合計20万人で、前週から1.1万人減少し、21万人の見積もりを下回りました。

また同日発表された失業保険継続受給者数は、1969年12月27日以来の最低の合計である131万人に減少し、雇用は減速しているかもしれないが、一時解雇のペースは鈍いように見えることを示しています。

また、第1四半期の生産性はわずかに高く修正されましたが、それでも7.3%の減少を反映しており、1947年以来最大の下落です。労働統計局によると、単位労働コストは12.6%増加し、1982年の第3四半期以来最大の増加となっています。

ADP雇用者数の最大の変化は、レジャーとホスピタリティであり、この部門は新型コロナウイルスのパンデミックによる制限によって最も打撃を受け、最近の雇用回復では全体を通じて最大の増加でしたが、夏の観光シーズンが本格化する中、5月はわずか1.7万人のこように留まりました。

教育および健康サービスは4.6万人の増加、専門およびビジネスサービスは2.3万人の増加、製造業は2.2万人の増加、サービス部門は10.4万人の増加、財生産部門の雇用は2.4万人の増加となっています。

米5月ADP雇用統計 予想を大きく下回る!の続きを読む

米3月ケース・シラー住宅価格指数 過去最高値を更新!

2022年06月02日

31日、米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは3月のケース・シラー住宅価格指数を発表しました。前年同月比は+21.2%で市場予想の20.0%を上回り、前月の+20.3%も超えて過去最高値を更新しました。FRBがすすめる政策金利の利上げがハイペースで進められ住宅ローン金利が上昇していることもあいまって、米国の住宅市場は急激に減速しています。

なお、当社はMT4で開発した EA(自動売買ソフト)を専門に手がけ、無料で提供している会社です。EAはパソコンの前にいる必要もなく、何の感情も介入させずに自動でFX取引を行います。FX初心者の方、パソコンの操作に不慣れな方でも使用することができますので、EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください

MT4 EA

米3月ケース・シラー住宅価格指数

米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは31日に発表した3月のケース・シラー住宅価格指数は前年同月比21.2%上昇し、伸び率は2月の20.3%からさらに上昇し過去最高値を更新しました。米連邦準備制度理事会(FRB)は高インフレ改善のためにハイペースな利上げを実行しており、それによって住宅需要も抑制されつつありますが、まだまだ価格高騰に歯止めがかかる時期は分からない状態が続いています。なお前月比では2.6%の上昇となりました。

また米国の20の大都市圏を対象にした指数は前年同月比21.2%上昇とさらに高い伸び率となり、こちらも1987年の統計開始以降でもっとも高くなりました。前年同月比の上昇率はフロリダ州タンパが34.8%で全米最高となり、前月まで3年近くトップだったアリゾナ州フェニックスの32.4%を上回りました。

経済アナリストによると「米住宅価格の減速を見込んでいた人は少なくともあと1カ月は待つ必要がある」とのべ、さらにFRBが利上げを進めるなか、住宅ローン金利も上がり始めていることから「住宅価格の伸びが鈍ることは確実に見込めるものの、その時期を予測するのは難しい」とも述べています。

米国では新型コロナウイルスのパンデミックの間、歴史的に高い貯蓄率や政府の景気刺激策、低金利、住宅の供給量の少なさを背景に住宅購入熱に火が付きましたが、FRBが過去20年でもっとも積極的な利上げサイクルを始めたことで住宅ローン金利が上昇し住宅市場にも減速の兆しがみられています。

全なお米不動産協会(NAR)が先週発表した4月の中古住宅販売仮契約指数は6カ月連続で前月比低下し、約10年ぶりの水準に落ち込みました。4月の新築住宅販売数も前月から17%近く減少しています。

今回の発表におけるMT4 EAへの影響

今回のFOMC議事要旨発表時のドル円の相場の動きをMT4のチャートで確認すると、発表前に128.66円ほどであったドル円レートは発表後もほとんど動きませんでした。当社がリリースしている無料MT4 EAにも特に影響は見られていません。

MT4チャートの日足でATRインジケーターを表示させてみるとドル円相場では3月末からボラティリティが一気に上昇していましたが、ここにきてその上昇も頭打ちの状況になってきております。まだ下落傾向とは言えませんが相場が材料不足になってきており、今後緩やかに下落する可能性もあります。ユーロドル相場については3月に入ってからボラティリティが下降している状況でしたが、4月後半に入り少しずつ上昇し現在もその上昇傾向が続いていてMT4

米3月ケース・シラー住宅価格指数 過去最高値を更新!の続きを読む

MT4 EAの取引履歴(2022年5月)

2022年06月01日

当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

今月の重要指標発表の日時は以下となります。以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

以下の指標発表時の少なくとも15分ほど前には保有ポジションがある場合は手動で決済を行い、EAの稼働を停止されることをお勧めいたします。

5月4日 米 

MT4 EAの取引履歴(2022年5月)の続きを読む

米4月個人消費支出価格指数(PCE) 依然として高水準の中、国民の貯蓄率低下!

2022年05月28日

27日、米商務省は4月の個人消費(PCE)価格指数を発表し、前年同月比+6.3%で市場予想の+6.1%を上回りました。前月の+6.6%より鈍化していますが、これはガソリン価格の下落を反映したもので、そのガソリン価格も再度上昇しています。米国民の貯蓄率は低下しており、消費者の借り入れが上昇していることから、高インフレの状況で生活が圧迫されているようです。

なお、当社はMT4で開発した EA(自動売買ソフト)を専門に手がけ、無料で提供している会社です。EAはパソコンの前にいる必要もなく、何の感情も介入させずに自動でFX取引を行います。FX初心者の方、パソコンの操作に不慣れな方でも使用することができますので、EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください

MT4 EA

米4月個人消費支出価格指数(PCE)

米商務省は27日、4月の個人消費支出(PCE)価格指数を発表しました。個人消費支出価格指数(PCE)は前年同月比6.3%上昇し前月の+6.6%より縮小しましたが、市場予想の+6.2%は上回りました。堅調な雇用の伸びや積み上がった貯蓄に支えられ、消費が4-6月(第2四半期)も健全さを維持するとの見方を今回の統計は裏付けています。4月のインフレ鈍化はガソリン価格の下落を一部反映していますが、ガソリン価格は再度値上がりしており、食品価格も家計を圧迫する中、家計支出は減速するリスクもあります。4月は貯蓄率が2008年以来の水準に低下しており、消費者の借り入れも上向いていて、高インフレが家計を圧迫している状況がみてとれます。

米連邦準備理事会(FRB)が物価の目安とする変動の大きい食品とエネルギーを除くコアPCE指数は前年同月比4.9%上昇と、前月の+5.2%か鈍化。これで2カ月連続で伸びが縮小したことになります。コアPCE指数の前月比は3カ月連続で0.3%上昇しています。

BMOキャピタル・マーケッツのシニアエコノミスト、ジェニファー・リー氏は「FRBが一息つくには、月間伸び率のより顕著な鈍化が必要だろう」と述べています。

内容としては外食や旅行への支出が追い風になっており、サービスへの支出は0.9%増加。新車や衣料品、娯楽、家具などのモノへの支出も堅調でした。

FWDBONDSのチーフエコノミスト、クリストファー・ラプキー氏は「現時点で、消費者は支出を継続し、景気後退の向かい風を寄せ付けていない」と指摘しています。

個人所得は0.4%増加。賃金が増加分の大部分を占めています。貯蓄率は4.4%と、前月の5%から低下し、08年9月以来の低水準となっています。コロナ禍中に2兆ドル超に膨らんだ超過貯蓄の取り崩しを反映しており、金利上昇局面における貯蓄の減少は、将来の個人消費の伸び鈍化につながる可能性が懸念されています。

グラント・ソートンのチーフエコノミスト、ダイアン・スウォンク氏は「中・高所得層にはまだ貯蓄があるようだが、それ以下の世帯では、超過貯蓄を支出に回している」と述べました。

今回の発表におけるMT4 EAへの影響

今回の米4月個人消費支出価格指数(PCE)発表時のドル円の相場の動きをMT4のチャートで確認すると、発表前に126.87円ほどであったドル円レートは発表後すぐに上昇し127.1円ほどまで動きました。その後は徐々にドル円レートは下落しし、約90分後には発表前のレートに戻っています。20pipsほどの狭い範囲での上下動でしたので、当社がリリースしている無料MT4

米4月個人消費支出価格指数(PCE) 依然として高水準の中、国民の貯蓄率低下!の続きを読む