FXでのローソク足

2018年01月11日

ローソク足とは、一日や一時間といった一定期間内の為替や株価の動きを表した記号のことで、その形が「ろうそく」の形に似ていることから、こう呼ばれるようになりました。

ローソク足は、為替や株価の「始値(はじめね)」「高値(たかね)」「安値(やすね)」「終値(おわりね)」の四つの価格を示します。これら四つの価格のことを「四本値(よんほんね)」といいます。四本値についてはのちほど詳しく説明いたします。

またローソク足の1本がどれぐらいの時間の四本値を表しているかで呼び方が変わります。たとえば1分間の四本値を表しているローソク足は「1分足」と呼ばれます。同様に1時間ごとの四本値であれば「1時間足」、1日ごとの四本値であれば「日足(ひあし)」と呼びます。

ローソク足は現在では非常にメジャーになり世界中で使われていますが、もともとは江戸時代に日本で生まれたものです。ローソク足を発案したのは江戸時代の米商人であった「本間宗久」だと言われていて、米の需要と供給の関連性を解き明かすために利用していました。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAではローソク足を形作る四本値を利用しています。。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

ローソク足の見方

ローソク足は一見単純な記号のように見えますが、そこにはいくつもの相場の重要な情報が詰まっています。ローソク足の見方を正しく理解することで、一目で相場の状況を把握できるようになりますのでしっかりと覚えておいてください。

先に述べましたが、ローソク足は一定期間の「始値」「高値」「安値」「終値」の四本値であらわされます。

・始値(はじめね):その期間の最初に取引された値段
・高値(たかね):その期間で最も高く取引された値段
・安値(やすね):その期間で最も安く取引された値段

FXでのローソク足の続きを読む

MT4 EAの取引履歴(2018年1月)

2018年01月05日

当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

今月の重要指標発表の日時は以下となります。以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

・1月3日 米 FOMC議事要旨(28:00)

MT4 EAの取引履歴(2018年1月)の続きを読む

FXトレードの注文方法

2017年12月22日

FXにはいくつかの注文方法があります。それぞれの方法をケースバイケースで使い分けることにより効率的なトレードが可能になります。いっぽうで、それぞれの注文方法の内容をしっかりと把握しておらず、間違えた発注をおこなえば、十分な利益を得られないばかりか、思わぬ損害をこうむることにもなりかねません。そうならないためにも、注文方法についてはしっかりと学んでおく必要があります。

FXの注文方法にはマイナーなものまで合わせると様々なものがあり、FX会社によっても異なります。ここでは、ほとんどのFX会社で利用できる代表的な注文方法について説明してまいります。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAは様々な注文方法を駆使して、できるかぎり利益を得られるよう開発されております。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

成行注文

興味のある為替の値動きを見ていて「この値段で売りたい・買いたい」という瞬間があります。そんな時に使うのが「成行注文」です。「成行注文」は為替レートを指定せずに「今」のレートで売りと買いのどちらかを指定して注文をすることで取引が完了します。

FX業者の中には、この「成行注文」のことを「プライスオーダー」、「クイックトレード」、「マーケット注文」、「リアルタイムトレード」という名前で呼んでいるところもありますが、どれも『現在の価格で直ぐに取引を実行する』という「成行注文」と同じ意味です。

通常、FXのレートを見ると「売り」と「買い」両方の現在のレートが提示されています。今仮に、米ドル/円の為替レートが、売り(またはBID)が1ドル=100円10銭、買い(またはASK)が1ドル = 100円20銭と表示されているとします。

ここで成行の「買い注文」を入れると、1ドル =100円20銭で買うことができます。

FXトレードの注文方法の続きを読む

MT4 EAの取引履歴(2017年12月)

2017年12月04日

当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

今月の重要指標発表の日時は以下となります。以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

・12月8日 米 雇用統計(22:30)

MT4 EAの取引履歴(2017年12月)の続きを読む

DD方式とNDD方式の注文処理方法の詳細

2017年11月30日

FX会社は顧客から受けた注文をDD(Dealing Desk)方式、またはNDD(No Dealing Desk)方式のいずれかの方法によって処理をしています。DD方式はFX会社内部で売り買いを完了させる処理方法、NDD方式はFX会社がインターバンク市場に直接アクセスをして売り買いをおこなう処理方法のことを言います。

インターバンク市場とは、大手金融機関やヘッジファンド、機関投資家が、機関投資家が出した大量の注文が集まる場所のことです。そこでは、注文を出したトレーダーと金融機関の双方が得をするレートで約定するようにオークション形式で自動マッチングさせます。つまり透明性の高い為替レートと言えます。

それぞれの注文処理方法には特徴があり、メリットやデメリットがありますので詳細を以下に説明いたします。FX会社の選択で重要なポイントとなりますので、皆様のFX会社の選定にお役立てできれば幸いです。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAは透明性の高いFX会社を厳選して運用できるようなかたちをとっていますので、安心してお使いいただけます。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

DD方式の注文処理方法

DD方式(またはOTC方式/相対取引とも言います)の注文処理を行っているFX会社は以下のような流れで顧客から来た注文を処理します。

1.顧客から注文を受ける

2.FX会社が一旦決済を行う

DD方式とNDD方式の注文処理方法の詳細の続きを読む