ラガルドECB総裁会見 緊急購入プログラムを微調整!

2021年09月10日

ラガルドECB総裁は9日の会見で、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の買い入れ規模を調整し小幅に調整すると発表しました。これはあくまで調整であってテーパリングではないとのことです。調整の期間は3ヶ月としました。

なお、当社はMT4で開発した EA(自動売買ソフト)を専門に手がけ、無料で提供している会社です。EAはパソコンの前にいる必要もなく、何の感情も介入させずに自動でFX取引を行います。FX初心者の方、パソコンの操作に不慣れな方でも使用することができますので、EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください

MT4 EA

ラガルドECB総裁の会見内容

9日、ラガルドECB総裁は理事会後の会見で、現行の1兆8500億ユーロ規模のパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の買い入れ規模を10-12月(第4四半期)に小幅縮小すると発表しました。緊急措置の解除に向けた一歩を踏み出すかたちになりますが、ラガルド総裁は購入減速について、「テーパリングではない」と言明。「PEPPを向こう3カ月について微調整する」という決定だと説明しました。

第2、3四半期は月額約800億ユーロ(約10兆4000億円)の購入を続けていましたが、新たな購入目標は月額600億~700億ユーロに設定されているとのことです。

ラガルド総裁はユーロ圏経済の回復が「ますます進展している」と述べ、購入を減速させても回復が続くことに自信を示しました。それと同時に、新型コロナウイルスのデルタ変異株の世界的拡大が経済の完全な再開を遅らせる可能性も指摘しました。

ECBはPEPPの総額1兆8500億ユーロを維持したほか、2022年3月まで、あるいは必要ならそれ以降まで継続すると確認しました。ラガルド総裁は、PEPPについて12月に包括的な議論を行うと述べ、緊急措置の終了方法と時期の議論はまだ機が熟していないことを示唆しています。

2078297

9月会合で今後3カ月の購入ペースを決めたことで、12月16日の会合がPEPPの先行きに関する重大な決定の場となります。ラガルド総裁によれば今回の決定は全会一致だったが、インフレの脅威を巡る認識は政策委メンバーの間で異なっていることが明らかで、コンセンサスを維持するのは難しいというのが市場の見方です。

この日公表された最新の経済予測では、今年の成長率とインフレ率は上方修正されたものの、23年のインフレ率予想は1.5%で、ECB目標の2%を依然として下回る見込みですが、一部の政策委メンバーは超緩和的な政策の長期化によるリスクを指摘しているようです。

またECBはこの日、中銀預金金利をマイナス0.5%で据え置きました。インフレ見通しが持続的に2%の水準を維持し、基調的な物価圧力もこの目標に一致するまでは利上げをしないと表明しています。従来の資産購入プログラム(APP)を月額200億ユーロで継続する方針も示しました。

今回の発表におけるMT4 EAへの影響

今回のラガルドECB総裁の発言によってユーロドル相場は一時20pips程度の乱高下になりましたが、当社がリリースするMT4用の自動売買ソフトであるEAにも影響はありませんでした。

ラガルドECB総裁会見 緊急購入プログラムを微調整!の続きを読む

米7月雇用統計 雇用者数が予想を大きく下回る!

2021年09月07日

米労働省が3日、8月の雇用統計を発表しました。結果は失業率は5.2%(予想値5.2%)と予想通りの結果となりましたが、非農業部門雇用者数がデルタ株の感染拡大から採用が手控えられた結果、+23.5万人と予想値の+75万人を大きく下回る結果となりました。その他平均賃金の前月比が+0.6%(予想値+0.3%)、平均賃金の前年同月比が+4.3%(予想値+4.0%)という内容となりました。

koyou2021.09.04

なお、当社はMT4で開発した EA(自動売買ソフト)を専門に手がけ、無料で提供している会社です。EAはパソコンの前にいる必要もなく、何の感情も介入させずに自動でFX取引を行います。FX初心者の方、パソコンの操作に不慣れな方でも使用することができますので、EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください

MT4 EA

米7月雇用統計

3日、米労働省が発表した8月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比23.5万人増加し、市場予想の72.8万人増を大きく下回りました。この要因としては新型コロナ変異ウイルス「デルタ株」の感染拡大に伴い、飲食業中心に採用を手控える動きが広がったことが挙げられています。なお7月の雇用者数は105.3万人増へ上方改定されています。 koyou2021.09.04-2 また8月の失業率は5.2%と、7月の5.4%から改善し1年5カ月ぶりの低水準になっています。

koyou2021.09.04-3

時間当たり賃金は前月比0.6%上昇。予想の0.3%を大きく超える伸びとなりました。また前年同月比では+4.3%と、前月の+4.0%からさらに伸びが加速しています。

サクソ・マーケッツのグローバルセールストレーダー、マイク・オーウェンス氏は賃金の伸びが前年比+4.3%と、予想の+3.9%を大幅に超えたことについて、「物価高進が一過性という米連邦準備理事会(FRB)の主張と矛盾する」と指摘。ボストン・カレッジのブライアン・ベスーン教授は「正しい視点を持つことが重要だ」とした上で、「サプライチェーン(供給網)の制約や新型コロナとの継続的な闘いを踏まえると、経済は目立って底堅い」と評価しています。

雇用者数の内訳は、レジャー・接客の伸びがゼロとなったほか、レストラン・バーは4.2万人減少。ホテル・モーテルは3.4万人減、小売りも2.9万人減少しています。建設は0.3万人減。一方、芸術・娯楽・レクリエーションは3.6万人増加。専門職・企業サービスや運輸・倉庫も伸びた。製造業は3.7万人増加。このうち自動車関連が2.4万人増加しています。政府部門は0.8万人減少となっています。

生産活動に従事し得る年齢の人口に占める働く意志を表明している人の割合、いわゆる労働参加率は61.7%と、7月から変化なしとなりました。

デルタ株のまん延や原材料不足による自動車販売と在庫の低迷により、エコノミストは第3・四半期の国内総生産(GDP)予想を大きく下方修正しています。

FRBがテーパリング(量的緩和の縮小)を始める時期を推し量るため、投資家は雇用統計の結果に注目しておりパウエル議長は先週、景気回復が続いていることを認めましたが、テーパリング開始時期については「年内」が適切との見方を示しながらも、具体的な時期については明言を避けていました。複数のエコノミストは予想を下回った今回の雇用統計が、テーパリングの「年内」開始をFRBが取り下げるほど弱くはなかったと考えているようで。JPモルガンの米国担当チーフエコノミスト、マイケル・フェローリ氏は「FRBによるテーパリングの発表は、11月か12月のどちらかになる可能性が依然として高い」と述べています。

今回の発表におけるMT4 EAへの影響

米7月雇用統計 雇用者数が予想を大きく下回る!の続きを読む

パウエルFRB議長発言 テーパリング(量的緩和の縮小)は11月の予想!

2021年08月31日

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が27日、今後の経済見通しについて講演を行いました。市場では今回の講演の内容からテーパリング(量的緩和の縮小)は11月2~3日に行われるFOMCにて発表、実施されると見ているようです。

なお、当社はMT4で開発した EA(自動売買ソフト)を専門に手がけ、無料で提供している会社です。EAはパソコンの前にいる必要もなく、何の感情も介入させずに自動でFX取引を行います。FX初心者の方、パソコンの操作に不慣れな方でも使用することができますので、EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください

MT4 EA

パウエルFRB議長発言

27日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が米年次経済シンポジウムにて経済見通しについて講演しました。

講演では現状維持でデータを見守るという明確なメッセージがうかがえ今後数カ月のデータがFRBの行動を決定付けると市場ではみられているようです。例えば来月の雇用統計が非常に強かった場合、FRBは早めにテーパリング(量的緩和の縮小)に踏み切る可能性があり、もし雇用だけでなく、インフレや経済活動に関するデータも減速し始めるようなら、FRBはテーパリングをやや遅らせる可能性もあります。問題とされているのはテーパリングを実施する時期であって、テーパリングをやるやらないではないとのことです。

また多くのFRB当局者が日常的にテーパリングに言及しているため、市場がサプライズを受けるリスクは低下していおり、「テーパー・タントラム(緩和縮小へのかんしゃく)」が引き起こされる可能性は低くなっています。

また今回の公演の全体として、パウエル議長はテーパリングの明確な発表と開始を11月に延期したようです。理由としては連邦公開市場委員会(FOMC)の次回の会合は9月ですが、その後は11月まで実施されません。FRBとしてはFOMC会合の場で発表したいと考えていると思われますので、11月のFOMCでの発表が合理的です。

2054475

今回の発表におけるMT4 EAへの影響

今回のパウエルFRB議長発言は、サプライズ的な内容もなかったため特に相場への影響はなく、また当社がリリースするMT4用の自動売買ソフトであるEAにも影響はありませんでした。

なお、9月3日21時30分に米雇用統計の発表が予定されていますが、この雇用統計の内容がテーパリングの実施時期に大きな影響を与えるだろうと市場は見ています。かなり注目されることになりますので当社のリリースする無料MT4 EAをご使用の方は発表時にはEAの稼働停止、事前のポジション決済を実行されることをおすすめしております。

当社がMT4で開発したEAはすべて無料で提供しておりますので、ご興味のある方はブログ訪問をきっかにぜひ下のボタンより無料EAを取得されてください。

パウエルFRB議長発言 テーパリング(量的緩和の縮小)は11月の予想!の続きを読む

MT4 EAの取引履歴(2021年8月)

2021年08月31日
当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

今月の重要指標発表の日時は以下となります。以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

以下の指標発表時の少なくとも15分ほど前には保有ポジションがある場合は手動で決済を行い、EAの稼働を停止されることをお勧めいたします。

8月6日 米 

MT4 EAの取引履歴(2021年8月)の続きを読む

米4-6月期実質国内総生産(GDP)改定値 速報値から微増!

2021年08月27日

米商務省(USDC)が26日、4-6月期の実質国内総生産(GDP)改定値を発表し、市場予想である+6.7%は下回ったものの、速報値の+6.5%からは微増しました。部門別に見ると個人消費や企業設備投資は上方修正されているものの、住宅投資に関しては大きく下方修正されており原材料不足による住宅価格の高騰が影響していることがうかがえます。

なお、当社はMT4で開発した EA(自動売買ソフト)を専門に手がけ、無料で提供している会社です。EAはパソコンの前にいる必要もなく、何の感情も介入させずに自動でFX取引を行います。FX初心者の方、パソコンの操作に不慣れな方でも使用することができますので、EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください

MT4 EA

米4-6月期GDP(改定値)

26日、米商務省(USDC)が発表した4-6月期の実質国内総生産(GDP)改定値は、年率換算で前期比+6.6%となり、市場予想の+6.7%は下回ったものの速報値の+6.5%からわずかに上方修正されました。新型コロナウイルスワクチンの普及などに伴い個人消費が堅調で、GDPの規模はコロナ禍前の水準を上回っています。

gdp-20210827-1 gdp-20210827-2

GDPの7割を占める個人消費は+11.9%と速報値の+11.8%増から微増。前四半期の+11.4%に続いて2桁の伸びとなっています。企業の設備投資は+9.3%と、速報値の+8.0%から大きく上方修正されました。しかしながら住宅投資は当初の-9.8%から-11.5%へと下方修正され原材料不足による住宅価格の高騰がいまもなお大きく影響していることがうかがえます。

在庫変動は-1694億ドル。速報値は-1659億ドルでしたのでわずかに下方修正されたかたちです。その他、輸出は+6.0%から+6.6%へ、輸入は+7.8%から+6.7%、政府支出は-1.5%から-1.9%に修正されています。

物価面では、FRBが物価の目安として注目するコア個人消費支出(PCE)価格指数の伸びが+6.1%と速報値から変動はなく、目標の+2.0%を大幅に上回っています。

バンク・オブ・アメリカ・セキュリティーズの米国担当チーフエコノミスト、ミシェル・マイヤー氏は、デルタ変異株や供給制約が成長の阻害要因となる一方、「経済の基盤は堅固であり、あらゆる点で基調的な需要は力強い」と述べた。同社では第3・四半期のGDP成長率予想を当初の+7.0%から+4.5%に下方修正。また、ゴールドマン・サックスのエコノミストも先週、第3・四半期の成長率予想を従来の+9.0%から+5.5%に引き下げています。

こうした中、第2・四半期の税引き後米企業利益は、旺盛な需要や物価上昇を追い風に前期比+9.9%と、前四半期の+4.5%増から伸びが加速。現在の生産に基づく利益も+9.2%(2345億ドル)増の2.8兆ドルと、過去最高に達し、デルタ変異株の感染拡大によって見込まれる今四半期の成長鈍化が一時的である可能性を示しています。

ブリーン・キャピタルのシニア経済アドバイザー、コンラッド・デクアドロス氏は「企業利益のデータを踏まえると、消費支出の鈍化に伴う成長の減速は一過性である公算が大きい」と述べました。

今回の発表におけるMT4 EAへの影響

今回の米4-6月期実質国内総生産(GDP)改定値では速報値からほとんど変化が無かったことから相場への影響は限定的でした。また当社がリリースするMT4用の自動売買ソフトであるEAにも影響はありませんでした。

米4-6月期実質国内総生産(GDP)改定値 速報値から微増!の続きを読む