最新ニュースと経済指標

MT4で分析する2019年3月のFOMC政策金利発表

2019年03月22日

2019年3月20日の日本時間27時00分(3月21日3時00分)にFOMC政策金利が発表されました。

FOMC政策金利はアメリカの金融政策を決定するために開かれる会合のことをいい、FRB議長を含む7名の理事とニューヨーク連銀総裁(副議長)およびその他11名の地区連銀総裁の中から4名が持ちまわりした、計12名のメンバーで構成されています。

FOMCは年間に8回開催され主に政策金利と、現在の景況判断と政策決定内容、それに関する各FOMCメンバーの政策決定に対する賛否などが記された「声明文」が発表され、その結果が市場の予想と反する場合には世界の金融マーケットに大きな影響を及ぼし、特定の通貨だけでなく、全ての為替通貨ペアが大変動となる場合があります。

FOMCについての詳細はFOMCでのFXトレード(為替取引)(https://mt4-ea.com/blog/2799/)をご覧ください。

なお当社はMT4 EAの開発を専門に手掛がける会社です。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

市場予想は圧倒的現状維持

今回のFOMC市場予想は圧倒的に現状維持になっていました。

リーマンショック以降、米国の政策金利は0-0.25%で実質ゼロ金利政策を行ってきましたが、景気が上向き始めた2016年以降は利上げを繰り返し、現在は2.25-2.50%の水準にあります。

しかし2018年後半から景気が減速傾向に入り、2019年の利上げ回数の予想は昨年9月時点の3回から、2019年年初には2回に減少してします。

そんな中で今回のFOMC政策金利発表を迎えましたが、今回の利上げの市場予想は「据え置き」が98%以上という圧倒的なものになりました。

FOMC声明文が相場を動かす

今回発表されたFOMC政策金利は、市場予想どおり現状の2.25-2.50%の据え置きとなったので相場を大きく動かすようなものではありませんでしたが、今回の据え置き措置を判断した内容を告げるFOMC声明が相場を動かすきっかけになりました。

MT4で分析する2019年3月のFOMC政策金利発表の続きを読む

2019年3月18日からの週の注目の経済指標

2019年03月17日

2019年3月18日からの週の注目の経済指標を紹介します。注目の経済指標は為替相場の動きに影響を与える可能性が高い経済指標ですので、発表時および発表前後は注意が必要です。

なお当社はMT4 EAの開発を専門に手掛がける会社です。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

FOMC政策金利発表およびパウエルFRB議長発言

3月20日27時(3月21日3時)に発表されるFOMC政策金利発表、およびその後のパウエルFRB議長発言に注目です。

市場では政策金利は現状維持の予想が圧倒的で、その確率は現在98.7%になっております。おもしろいのは時点予想が1.3%で利下げになっていることです。昨年までは利下げ予想はほとんど見られなかったのですが、現在の米国の景気動向はこれ以上の利上げを必要としていないことが分かります。

政策金利発表から30分後の27時30分にはパウエルFRB議長の会見が予定されています。今後の利上げペースについて、またバランスシートの縮小についてのコメントが聞ける可能性があります。バランスシートの縮小の年内終了が正式に発表されるかどうかに注目です。

先月、パウエルFRB議長は「正常化終了までの道のりを示す計画は策定されたと考えており、近く発表できると期待している。」と発言していますので、今回の議長発言で聞ける可能性は十分にありそうです。

バランスシートについての詳細はMT4で分析するパウエルFRB議長発言の記事をご覧ください。

英中央銀行(BOE)政策金利発表

3月21日21時に英中央銀行(BOE)の政策金利が発表されます。市場予想は現状維持の「金利0.75%」となっております。

英国は先日EUからの離脱案が議会採決で否決され、離脱期限を3ヶ月延長したことで市場を騒がせました。

今後どのような景気動向になるのか先が読めない状況ですので、今の時点で利上げ利下げを行う事は考えにくい状況です。現状維持が発表されたさいに相場がどのように動くかは分かりませんが注意するに越したことはありません。

2019年3月18日からの週の注目の経済指標の続きを読む

MT4で分析する1月米新築住宅販売件数

2019年03月17日

2019年3月14日日本時間23時に1月米新築住宅販売が発表されました。

米新築住宅販売件数とは、前月の28日から当月4日までに米国で販売された新築住宅の件数です。新築住宅販売件数とは「土地付きの新築住宅販売」であって、保有する土地に新築住宅を建築したものは含まれません。

米新築住宅販売件数は国民個人の景気状況が反映されるため、国の景気動向に対して最も先行性が高い指標のひとつと言われています。つまり米新築住宅販売の結果は今後の米国の景気動向を知るうえで非常に重要な指標だということです。

なお当社はMT4 EAの開発を専門に手掛がける会社です。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

1月米新築住宅販売件数の結果

1月米新築住宅販売件数は予想62.0万件に対して結果60.7万件で前月比-6.9%となり3ヶ月ぶりの減少となりました。また前年同月比と比較しても-4.1%と減少しています。

さらに合わせて発表された新築住宅販売価格(中央値)は31万7200ドルで、これも前年同月比で3.8%値下がりしています。

MT4チャートでの1月米新築住宅販売件数

それでは、MT4で1月米新築住宅販売件数発表時のドル円チャートを見てみます。

チャートの時間足は5分足です。

house1

1月米住宅販売件数は予想を下回ったため発表直後からドル売り円買いの動きがみられました。ただし反応は限定的で10pips程度の下落に留まりました。

ここ最近は住宅関連への指標に対して市場の反応が鈍い傾向が続いていますが、今回もそれにならった状況になったようです。

今回の1月米新築住宅販売件数を受けて

先述したとおり今回の1月米新築住宅販売件数は3ヶ月ぶりの減少となりました。

MT4で分析する1月米新築住宅販売件数の続きを読む

MT4で分析する英国EU離脱(ブレグジット)案採決

2019年03月16日

2019年3月12日に英国EU離脱(ブレグジット)案採決が英国議会で行われました。

2019年3月末でのブレグジットに向けて英国側とEU側はこれまでに何度も協議を重ねてきましたが、双方が納得するような結果が得られない状態で英国は離脱案を作成しました。この離脱案に対して英議会が賛成か反対かを問うのが今回の議会採決です。

市場予想では離脱案反対が多数で決着という意見が圧倒的でした。その場合の最悪のシナリオは議会の合意がないままEUを離脱するという「合意なき離脱」です。昨年から「合意なき離脱」におちいる恐れは市場でも取り沙汰され、たびたび相場ではポンド売りに繋がっていました。

しかし最近になりメイ英首相が3月12日の議会採決で否決された場合は、翌日に「合意なき離脱」を行うかどうかの採決を行い、これも否決された場合は離脱を3か月延期すると発言しました。

このような状況のなかで行われた3月12日の議会採決時の相場の動きをMT4で分析していきます。

なお当社はMT4 EAの開発を専門に手掛がける会社です。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

英国EU離脱(ブレグジット)案議会採決までの流れ

3月11日に英国のメイ首相とEUのユンケル委員長は協議を行い、これまで離脱案反対派が求めてきたものに対して改善を得たという認識を示しました。これを受けてメイ首相は議会採決にかけることになりました。

3月12日は日本時間の23時頃から審議が始まり、13日未明に採決が行われるという流れでした。

この日の審議でメイ首相は「この協定案が承認されなければ、離脱実現はない。仮に離脱延期になり新たな離脱案を作成したとしても、それをEU側が認める保証はない」といった発言を行い、今回の議会採決での承認を求めました。

実は離脱協定案の議会採決は2019年1月15日にも行われています。結果は賛成202、反対432という大差で否決されています。

メイ首相はこの結果を受けて離脱案を修正したうえで今回の採決に臨んだ次第です。

MT4で分析する英国EU離脱(ブレグジット)案採決の続きを読む

MT4で分析するパウエルFRB議長発言

2019年01月11日

2019年1月10日26時(1月11日2時)にパウエルFRB議長発言がありました。

FRBとは「Federal Reserve Board(連邦準備理事会)」の略で、日本でいう日本銀行にあたります。パウエル氏はそのトップに位置する人物です。

国の中央銀行のトップの声明ですので、その国の経済状況を知るうえでとても重要であり、時に為替相場に大きな影響を与える事もあります。

先日発表されたFOMCやFOMC議事録では、2019年の利上げについて不透明感がありましたので、今後はパウエルFRB議長の発言にも注目が集まりそうです。

なお当社はMT4 EAの開発を専門に手掛がける会社です。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

市場はバランスシートの縮小発言に反応

パウエルFRB議長の発言ではいくつかのキーワードが出てきましたが、その中でもバランスシートの縮小についての発言に市場は敏感に反応したようです。

今回のFRB議長発言の内容は以下のようなものでした。

・FRBは立ち止まって観察し、辛抱強く柔軟にいられる。
・2018年は米経済にとって素晴らしい年だった。

MT4で分析するパウエルFRB議長発言の続きを読む