正しいバックテスト方法

XM社のマイクロ口座のバックテストでFXDD社のヒストリカルデータを使用する方法

2016年03月31日

今回はXM社のマイクロ口座のバックテストを、FXDD社のヒストリカルデータを使用して実行する方法をご紹介いたします。

ご存知の通りXM社のMT4のサーバー時間は、FXDD社のサーバー時間と同じですので、FXDD社のヒストリカルデータをそのまま使用してバックテストを行えます。

ただしXM社のスタンダード口座は通貨ペア名がFXDD社と同じであるのでそのまま使用できますが、マイクロ口座の場合は通貨ペア名の後ろに「micro」が付くために、そのままでは使用できません。

そこで簡単な加工を行うことで、使用可能な状態にします。

今回はEURUSDmicroのヒストリカルデータの作成を例にご説明しますので、参考にされてください。

[1]XM社のMT4を起動しマイクロ口座のIDでログインします。

[2]チャートのツールバーの「気配値表示」をクリックし、通貨ペアリストを右クリック→「すべて表示」をクリック

XMマイクロ01

[3]気配値表示の通貨ペアに「通貨ペア名+micro」が追加されます。

XMマイクロ02

[4]ツールバーの新規チャートの作成をクリック→「EURUSD」をクリック(※「EURUSDmicro」ではありません) チャートが表示されたら1分足に設定してください。

XMマイクロ03

[5]ツールバーの「ファイル」→「データフォルダを開く」

XMマイクロ05

[6]「history」をクリック→サーバーのフォルダをクリック

XMマイクロ06

XMマイクロ06-2

[7]ここで一旦MT4を閉じます。

[8]フォルダ内のファイルを全て削除します。削除後はウインドウを閉じます。

XMマイクロ07

[9]以下のURLから「EURUSD」の1分足ヒストリカルデータをダウンロードします(圧縮されているので、ダウンロード後は解凍してください)。

XM社のマイクロ口座のバックテストでFXDD社のヒストリカルデータを使用する方法の続きを読む

バックテスト ストラテジーテスター編

2013年08月05日

MetaTrader4(MT4)のストラテジーテスターを使用した、正しいバックテスト方法を説明します。

MT4にヒストリカルデータをインポートしていない場合は、ヒストリカルデータを利用したバックテストをご覧下さい。

1.MT4の設定

メニューの「ツール」→「オプション」をクリックする。

「エキスパートアドバイザー」をクリックして、赤枠で囲った部分にチェックを入れ「OK」をクリックする

MT4の設定2

「自動売買」ボタンが下の画像の状態ならばOKです。

MT4の設定3

2.ストラテジーテスターの設定

①「Strategy Tester」をクリックします。

②バックテストをするEAを選択します。

③バックテストをする通貨ペアを選択します。

④バックテストをする時間足を選択します。

⑤バックテストの精度を選択します。

・全ティック 

バックテスト ストラテジーテスター編の続きを読む

ヒストリカルデータを利用したバックテスト

2013年08月04日

EURUSDのヒストリカルデータを利用したMT4EAのバックテスト方法について説明します。

まずはヒストリカルデータのダウンロードとインポートです。

1.ヒストリカルデータをダウンロードする。

ダウンロードページは以下より。EURUSDをクリックして適当なところ(デスクトップなど)にダウンロードします。

ヒストリカルデータのダウンロード

ヒストリカルデータは圧縮されているので解凍しておきます。

2.MT4の最大バーの設定

MT4のメニューから「ツール」→「オプション」とクリックします。

「チャート」をクリックして「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」の数値を「999999999999…」のように大きな数値を入力し「OK」をクリックします。 自動的に最大バー数の限界値が設定されます。

再度、「ツール」→「オプション」→「チャート」で開いてみて、数値が下の画像のようになっていれば成功です。

3.チャートの表示

ツールバーの「New Chart」から「EURUSD」をクリックすることで、チャートが表示されます。 チャートはツールバーの「M1」をクリックし1分足を表示させて起きます。

4.データの削除

ヒストリカルデータを利用したバックテストの続きを読む

バックテストとヒストリカルデータの重要性

2013年08月03日

MetaTrader4(MT4)でバックテストを行うにはヒストリカルデータという過去の値動きのデータが必要になります。

ヒストリカルデータは1分ごとの始値、終値、高値、安値が記録されたいわゆる四足値といわれるものです。

この1分足のデータはMT4のヒストリーセンターからダウンロードすることができます。

そしてこのダウンロードした1分足データから5分足や15分足など他の時間足を生成することで、バックテストを行うことが可能になります。

ただここで問題があります。

MT4のヒストリーセンターからダウンロードできる1分足データは、MT4を開発したMetaQuotes社が提供しているものですが、このデータは足抜けが多く精度も非常に悪いため、あまり良いデータとは言えません。

また、サーバー時間もFXDDのものとは一致しないので、時間フィルターを使用しているEAだと正確なバックテストを行うことができません。

この問題を解決するのがFXDD社が提供している1分足データです。

FXDD社のヒストリカルデータは比較的精度も高く、当然FXDDのMT4サーバー時間とも一致しています。

スプレッドの拡大縮小もありますので、バックテスト自体が完全に過去の取引を再現できるものではありませんが、EAの特徴を判断するにはFXDD社の提供するヒストリカルデータで必要十分でしょう。

FXDDのヒストリカルデータはの入手方法と設置方法は以下オフィシャルページでご案内しています。

ヒストリカルデータのダウンロード

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村

バックテストとヒストリカルデータの重要性の続きを読む

バックテストの必要性

2013年08月03日

MetaTrader4(MT4)にはEAの過去の成績を調べることができるバックテスト機能が装備されています。

では、EAのバックテストを行う必要性とはなんなのでしょうか?

ひと言で言えば「どんなEAか判断するため」です。

例えば建売のマイホームを購入するとき、家の写真を見ただけで購入するでしょうか?

ほとんどの方は、実際にその家に出向きまわりの環境や部屋の広さ、質感など多くのことをチェックするでしょう。

そうしないと、購入したあとにいろいろ不都合なことが見つかるかもしれないからです。

EAも同じです。

稼動させることは簡単ですが、その前にチェックすることはたくさんあります。

損益、取引回数、プロフィットファクター、ドローダウン、etc・・・

様々な項目をチェックして、「良いEAだ」と判断したうえで使用しなければ、後々想定外の損失をこうむることになりかねません。

そうならないためにも、EAを手にしたら必ずバックテストを行う必要があるのです。

バックテストの方法についてはオフィシャルサイトのバックテストページで案内していますので是非ともご参考ください。

バックテストの方法

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

バックテストの必要性の続きを読む