重要指標時のFX取引

ECB政策金利発表でのFXトレード(為替取引)

2017年06月08日

ECB政策金利発表は、アメリカの雇用統計やFOMCに次いで最も為替相場に影響を与える重要経済指標であり、FXトレード(為替取引)をおこなう際には注意が必要です。特にユーロに関連する通貨ペアに大きく影響しますので、裁量トレーダーやMT4 EAを使用するシステムトレーダーの方は、ECB政策金利発表時には慎重な判断が注意となります。

ECB(European Central Bank)とは、EU(欧州連合)の機関であり、日本では「欧州中央銀行」と呼ばれます。単一通貨ユーロを採用しているEUの金融政策を担う中央銀行であり、日本の日本銀行と同様の機関となります。

ECBがおこなう金融政策の中で注目すべきは政策金利です。これによりEU各国に置かれている中央銀行が、一般の銀行に対してどれだけの金利で資金を貸し出すかが決定されます。EUがインフレ状態(物価が上昇)だと判断すれば、政策金利を上げて一般の銀行が中央銀行からお金を借りにくくします。世の中に出回る通貨量を少なくすることで行き過ぎた景気(バブル景気)やインフレをコントロールします。反対にデフレ状態(物価が下降)だと判断すれば、政策金利を下げて一般の銀行が中央銀行からお金を借りやすくします。世の中に出回る通貨量を増やすことで物価を上げ、景気を良くしようとコントロールします。このようにECBが発表する政策金利発表は、EUの経済安定のための重要な役割があり、FXトレーダーだけでなく世界中の投資家や経済関係者に注目されています。

ECBは6人の役員とEUの各国の中央銀行総裁で構成されており、主に金融政策や政策金利の決定、金融政策実行のためのガイドライン作成などをおこなっています。ECBの会合は原則、月に2回おこなわれており、1回目の会合では政策金利や金融政策が発表され、その後、ECB総裁の記者会見がおこなわれます。2回目には金融政策以外のことが討議され、その内容は発表されません。そのため1回目の会合が為替相場に大きな影響をあたえます。

ecb_1

ECB政策金利発表の影響はユーロだけではない

ECB政策金利発表はECB(欧州中央銀行)が発表する経済指標なので、当然ユーロに対しての大きな影響力があります。相場の値動きの中心はユーロ関連の通貨ペアになりますが、その影響がおよぶのはユーロだけとは限りません。

世界のFXトレード(為替取引)の通貨ペアごとの取引量のなかで、もっとも大きな取引がおこなわれているのは「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」であり、為替市場全体の3割にものぼります。そのためユーロに大きな動きがあると、その対応通貨である米ドルにも影響があるため、米ドルに関連する通貨ペア「米ドル/円(USD/JPY)や米ドル/ポンド(USD/GBP)」などのメジャー通貨ペアも大きな相場変動をみせることがあります。

つまりユーロの大きな変動は結局は為替相場全体に広がるため、ECB政策金利発表時にはユーロに関係した通貨ペアだけに注意をしていれば良いということではなく、為替相場全体にも広く目を向ける必要があります。

ECB政策金利発表時のFXトレード(為替取引)の注意点

ECB政策金利と良く似たものにアメリカの代表的な経済指標「FOMC」がありますが、ECB政策金利はFOMCに比べて情報量が少ないため、どのような結果となるのかの事前予測が非常に難しいとされています。そのため、FXトレード初心者はECB政策金利発表前後での取引を避け、相場が落ち着いたのを確認してからFXトレードを再開することが大切です。

ECB政策金利の事前予測が難しい大きな要因の一つに、ECBのメンバー構成の複雑さが関係します。アメリカの場合、FOMCの構成メンバー全員がアメリカ人であるため「アメリカの利益のため」という共通目的をもっています。一方、ECBの場合、構成メンバーがEUに加盟する各国の中央銀行総裁によって構成されているため、どうしても「自国の利益のため」という思惑が入り、金融政策の方向性をまとめることが難しくなります。

ecb_2

ECB政策金利発表時には情報会社などの専門家による予想数値が発表されるのですが、FOMCと比べると予想が外れることが多いのが特徴です。また、予想が外れると為替相場が乱高下することがありますので、そのような相場でのFXトレードは相当な経験と知識がない限りは控えるべきです。FX初心者の方はECB政策金利発表前後での取引は避けて、発表後にしばらくたって相場が落ち着いたのを確認してからトレードをおこなうことが大切です。

なお、FOMCでのFXトレードを詳しく知りたい方は、FOMCに関するコンテンツもご用意しておりますので、以下のボタンより詳細をご確認ください。

ECB政策金利発表でのFXトレード(為替取引)の続きを読む

雇用統計でのFXトレード(為替取引)

2017年05月28日

FXトレード(為替取引)をおこなう上で、主要国から発表される経済指標の内容は、相場の方向性を決める重要なものであり、その中でもアメリカの「雇用統計」と「FOMC」の内容は相場への影響が高く、FXトレーダーのみならず全ての投資家の注目の的となっています。

そして、発表時には為替相場や株価などが大きく動くことが多く、裁量トレーダー(手動で売り買いをおこなう投資家)にとってもMT4 EAを使用している自動売買トレーダーにとっても、それなりの対応が求められます。

雇用統計とは、米国の雇用情勢を調べた景気関連の経済指標のことをいいます。原則として毎月第一週の金曜日に発表され、失業率に加え非農業部門雇用者数、製造業就業者数、小売業就業者数、週労働時間、平均時給、労働参加率などが発表されます。

これらの中で、最も重要なのは失業率と非農業部門雇用者数で、特に非農業部門雇用者数の内容次第で相場が大きく動くことが多くなります。

仮に失業率が良くなっていたとしても、非農業部門雇用者数が減っていたり、または増えていても予想数値よりも少なかった場合は、経済の先行きに不透明感が広がりドルが売られる可能性が高くなります。

emp_1

雇用統計時のFXトレード(為替取引)の注意点

アメリカの雇用統計はFOMCと肩を並べるほどの重要指標ですが、FOMCとは異なり指標発表の内容がどのような結果となるのかが非常に予想しづらい難しい指標です。その大きな理由は、指標発表の項目が多岐に渡るためであり、ひとつの項目が良い結果であっても別の項目が悪化していればドル売りとなったり、その逆の動きも時折みられたりします。

事前にポジションを仕込むことが難しいため、雇用統計発表時にFXトレード(為替取引)を行う場合は発表後の値動きを察知してトレードをおこなうしかありません。しかし雇用統計発表直後は値動きが激しくなるため、一時的にスプレッドが通常の数倍から十数倍になることがあり、また発注したはずのレートから大きくズレて約定してしまうスリッページも起きやすくなります。

このように雇用統計直後のFXトレードはタイミングを計ることが難しいことから、ある程度の経験と知識が必要になりますので、FXトレード初心者の方は、雇用統計発表の直前直後のトレードは避け、値動きが落ち着いてからFX取引を行ったほうが良いでしょう。

なお、FOMCでのFXトレードを詳しく知りたい方は、FOMCに関するコンテンツもご用意しておりますので、以下のボタンより詳細をご確認ください。

FOMCでのFXトレード(為替取引)

雇用統計発表後もFXトレード再開には注意が必要!?

雇用統計発表後しばらくすると値動きは落ち着きはじめますが、相場が落ち着いたからといってすぐにトレードを再開しても良いということではありません。相場の動きというのはバネのようなもので、一方向に急激に動いた相場は、反対方向へ急激に戻ろうとする傾向があります。これを「相場の乱高下(らんこうげ)」といいます。急激に上昇や下降を見せる様子から「ジェットコースター相場」とも呼ばれることもあります。

ac_00001_01

このような上下動が大きな相場でのFXトレードもタイミングを計るのが非常に難しいといえます。値動きが大きいため、FX初心者の方はついつい大きく儲けるチャンス!とばかりに飛びつきたくなるようですが、逆に大きな損失につながることも多いということを理解する必要があります。

このような雇用統計前後の特殊な相場を避けてトレードをおこないたいという方は、大きく相場が動いた後、一時的に相場の動きが落ち着いてもすぐにトレードを再開するのではなく少なくとも数時間は様子を見て、確実に値動きが落ち着いていることを確認してからトレードを再開することが大切です。

雇用統計でのFXトレード(為替取引)の続きを読む

FOMCでのFXトレード(為替取引)

2017年05月19日

FXトレード(為替取引)をおこなう上で、もっとも注目しなければならないのは、アメリカ経済の動向です。毎日のように各国の経済指標が発表されますが、アメリカの経済指標はとりわけ為替相場へ大きな影響を与えます。その中でもFOMC(連邦公開市場委員会)は、MT4 EAなどを使ったシステムトレーダーにとっても裁量トレーダーにとっても最も重要な経済指標のひとつといえます。

FOMCとはアメリカの金融政策を決定するために開かれる会合のことをいい、FRB議長を含む7名の理事とニューヨーク連銀総裁(副議長)およびその他11名の地区連銀総裁の中から4名が持ちまわりした、計12名のメンバーで構成されています。

FOMCは年間に8回開催され主に政策金利と、現在の景況判断と政策決定内容、それに関する各FOMCメンバーの政策決定に対する賛否などが記された「声明文」が発表され、その結果が市場の予想と反する場合には世界の金融マーケットに大きな影響を及ぼし、特定の通貨だけでなく、全ての為替通貨ペアが大変動となる場合があります。

fomc_1

FXトレード(為替取引)上、FOMCはチャンスなのか?

FXトレーダーの中には、FOMCを含む各重要指標発表で、利益獲得を狙う方がいます。特に、景気判断や今後の政策金利の予測があらかたついている場合、為替変動の方向がみえているわけですから、事前に買いポジション、売りポジションを入れ利益を得ることができます。しかし、FOMCで予測と反する発表が示された場合、予測とは反する値動きとなり、大きな損失を被る可能性があることも理解しておかなければなりません。

また予測どおりの結果になった場合でも、その確率性の高さが事前に市場に伝わっていてれば、FOMC前に相場には織り込まれているという状況になるため、FOMCの発表直後に利益確定の動きが出て、一気に相場が反発する恐れもありますので注意が必要です。

fomc_2

一方、MT4 EAなどのシステムトレードをおこなう方々にとってはFOMCでの取引は避けるべきです。MT4 EAは過去のチャートを分析し、その結果を元として未来におこるであろうチャートの値動きを予測して、プログラミングを施して自動売買をおこなうソフトです。FOMCなどのデータ化できない人間が介入するチャートの値動きには対応できないため、発表直後などに急激な値動きが発生した場合など、大きな損失をこうむる恐れもあります。そのためMT4 EAを利用している方は、FOMCなどの為替変動が激しく起こりうるタイミングでの自動売買はストップさせるべきです。

FOMC後もFXトレード(為替取引)には注意が必要

FOMCの政策金利が発表された後、FRBというアメリカの中央銀行の議長発言が発表されることが多々あります。その内容は現在のアメリカ経済の状況説明なのですが、為替相場に対して非常に大きな影響力があります。FRB議長の発言内容によっては為替相場が乱高下する恐れもありますので、FXトレード(為替取引)を行う場合は、この議長発言も念頭におく必要があります。

また、FOMC終了の3週間後には、FOMCの会議でどのようなことが話し合われたのかが発表されます。この発表は世界中の誰もがキャッチすることができ、この発表の内容次第ではFOMC以上に相場が大きく動くことがあります。

FOMCでのFXトレード(為替取引)の続きを読む