ECB政策金利発表でのFXトレード(為替取引)

2017年06月08日

ECB政策金利発表は、アメリカの雇用統計やFOMCに次いで最も為替相場に影響を与える重要経済指標であり、FXトレード(為替取引)をおこなう際には注意が必要です。特にユーロに関連する通貨ペアに大きく影響しますので、裁量トレーダーやMT4 EAを使用するシステムトレーダーの方は、ECB政策金利発表時には慎重な判断が注意となります。

ECB(European Central Bank)とは、EU(欧州連合)の機関であり、日本では「欧州中央銀行」と呼ばれます。単一通貨ユーロを採用しているEUの金融政策を担う中央銀行であり、日本の日本銀行と同様の機関となります。

ECBがおこなう金融政策の中で注目すべきは政策金利です。これによりEU各国に置かれている中央銀行が、一般の銀行に対してどれだけの金利で資金を貸し出すかが決定されます。EUがインフレ状態(物価が上昇)だと判断すれば、政策金利を上げて一般の銀行が中央銀行からお金を借りにくくします。世の中に出回る通貨量を少なくすることで行き過ぎた景気(バブル景気)やインフレをコントロールします。反対にデフレ状態(物価が下降)だと判断すれば、政策金利を下げて一般の銀行が中央銀行からお金を借りやすくします。世の中に出回る通貨量を増やすことで物価を上げ、景気を良くしようとコントロールします。このようにECBが発表する政策金利発表は、EUの経済安定のための重要な役割があり、FXトレーダーだけでなく世界中の投資家や経済関係者に注目されています。

ECBは6人の役員とEUの各国の中央銀行総裁で構成されており、主に金融政策や政策金利の決定、金融政策実行のためのガイドライン作成などをおこなっています。ECBの会合は原則、月に2回おこなわれており、1回目の会合では政策金利や金融政策が発表され、その後、ECB総裁の記者会見がおこなわれます。2回目には金融政策以外のことが討議され、その内容は発表されません。そのため1回目の会合が為替相場に大きな影響をあたえます。

ecb_1

ECB政策金利発表の影響はユーロだけではない

ECB政策金利発表はECB(欧州中央銀行)が発表する経済指標なので、当然ユーロに対しての大きな影響力があります。相場の値動きの中心はユーロ関連の通貨ペアになりますが、その影響がおよぶのはユーロだけとは限りません。

世界のFXトレード(為替取引)の通貨ペアごとの取引量のなかで、もっとも大きな取引がおこなわれているのは「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」であり、為替市場全体の3割にものぼります。そのためユーロに大きな動きがあると、その対応通貨である米ドルにも影響があるため、米ドルに関連する通貨ペア「米ドル/円(USD/JPY)や米ドル/ポンド(USD/GBP)」などのメジャー通貨ペアも大きな相場変動をみせることがあります。

つまりユーロの大きな変動は結局は為替相場全体に広がるため、ECB政策金利発表時にはユーロに関係した通貨ペアだけに注意をしていれば良いということではなく、為替相場全体にも広く目を向ける必要があります。

ECB政策金利発表時のFXトレード(為替取引)の注意点

ECB政策金利と良く似たものにアメリカの代表的な経済指標「FOMC」がありますが、ECB政策金利はFOMCに比べて情報量が少ないため、どのような結果となるのかの事前予測が非常に難しいとされています。そのため、FXトレード初心者はECB政策金利発表前後での取引を避け、相場が落ち着いたのを確認してからFXトレードを再開することが大切です。

ECB政策金利の事前予測が難しい大きな要因の一つに、ECBのメンバー構成の複雑さが関係します。アメリカの場合、FOMCの構成メンバー全員がアメリカ人であるため「アメリカの利益のため」という共通目的をもっています。一方、ECBの場合、構成メンバーがEUに加盟する各国の中央銀行総裁によって構成されているため、どうしても「自国の利益のため」という思惑が入り、金融政策の方向性をまとめることが難しくなります。

ecb_2

ECB政策金利発表時には情報会社などの専門家による予想数値が発表されるのですが、FOMCと比べると予想が外れることが多いのが特徴です。また、予想が外れると為替相場が乱高下することがありますので、そのような相場でのFXトレードは相当な経験と知識がない限りは控えるべきです。FX初心者の方はECB政策金利発表前後での取引は避けて、発表後にしばらくたって相場が落ち着いたのを確認してからトレードをおこなうことが大切です。

なお、FOMCでのFXトレードを詳しく知りたい方は、FOMCに関するコンテンツもご用意しておりますので、以下のボタンより詳細をご確認ください。

FOMCでのFXトレード(為替取引)

ECB政策金利発表後のECB総裁発言にも注意

ECB政策金利発表の1時間ほど後に、ECB総裁の記者会見がおこなわれます。記者会見ではECB総裁が今回の政策金利や金融緩和などの金融政策に関する内容の発言をおこなうのですが、発言内容によっては政策金利発表以上に相場を動かすことがあります。

特に金融緩和などの方向を転換することを発表したり、その内容の変更などを発表したときには相場が一気に動きます。また、ECB総裁発言の内容についても事前に市場予想が情報会社などの専門家により発表されますが、金融政策の内容は多岐に渡るため完全な予想は不可能に近いといえるため、発言内容の予想とは異なる結果となることが多く、予想以上にユーロ経済にとって良い内容だった場合はユーロが買われ、逆に予想よりも悪い内容だとユーロが売られることになります。

ecb_3

相場が動く時は非常に大きな動きになることが多いため、政策金利発表時にあまり相場が動かなかったからといって、すぐに取引を再開するのではなくECB総裁発言まで相場を見定めることが重要になります。

ECB政策金利発表時のMT4 EAトレード

自動売買ソフトであるMT4 EAを利用している方は、ECB政策金利発表時は注意が必要です。MT4 EAは過去の値動きの状態から、将来の値動きを予測して取引をおこなうようにプログラムしてあります。そのため経済指標や要人発言のような人為的なものに関しては予想することができません。これは世界中どのMT4 EAでも同様です。そのような予想できない要因で相場が大きく動いた場合は対応ができず、思わぬ損失をこうむることがありますので、MT4 EAの稼働は停止、またはロット調整すべきであると当社では判断しています。

当社でも過去10年以上にさかのぼり、重要指標発表時のMT4 EAのトレードパフォーマンスについてデータをとり研究を重ねてまいりました。結果的にはECB政策金利発表やECB総裁発言のように、相場を大きく動かすおそれのある指標発表時にMT4 EAを稼動させていた場合、トレードパフォーマンスが落ちてしまうという結論にいたりました。

相場が大きく動く時はトレードチャンスのように思えますが、実際はメリットよりもデメリットのほうが大きくなります。そのため当社では、ECB政策金利発表時にはMT4 EAの稼動を停止し、その後相場の動きが確実に落ち着いたのを確認してから稼動を再開することをお勧めしております。

なお、当社が開発しているMT4 EAは全て無料にて取得いただけます。ご興味のある方は、以下のボタンより無料EAのお申込みをおこなってください。

無料EA一覧