海外FX会社で口座開設

2017年05月15日

FX(為替取引)をおこなう為にはFX会社での口座開設が必要となりますが、近年はそれぞれの投資家の目的に応じて、日本国内のFX会社で資産運用をおこなう方と、海外FX会社で資産運用をおこなう方に大きく分かれているように伺えます。

日本と海外のFX会社における大きな違いとしてあげられるのは「レバレッジ」ですが、レバレッジ以外にも日本と海外では大きな違いや特徴がありますので、当ページ内で詳細に案内をしていきたいと思います。

また、当社はMT4 EAを開発する会社となります。当社のMT4 EAを稼働させるにあたり最適な海外FX会社を探しているという方は、以下のページにておすすめの海外FX会社を比較して紹介していますので是非ご覧ください。

海外FX会社の比較

kouza_1

レバレッジ

日本国内では2011年に最大25倍というレバレッジ規制が適用されましたが、海外では各国のルールに基づき100倍、200倍、400倍などとレバレッジが設定されています。

少ない自己資金で、大きな資金を動かしたいという投資家は海外FX会社が向いているといえます。また、少ない自己資金で大きな資金を動かすということは、利益も大きく狙える分、損失も大きくなりますので注意も必要といえます。

ゼロカットシステム

追証が発生しないシステムで、海外FX会社にしかありません。最近では2015年の1月のスイスフランショック時に国内のFX会社で取引していて証拠金以上の損失を出し、追証が発生したトレーダーが多くいました。

しかし海外FX会社の多くはゼロカットシステムを採用しているので追証は発生せず、証拠金以上の損失は発生しませんでした。海外FX会社にはゼロカットシステムがあるおかげで、ハイレバレッジの取引も安心しておこなうことができます。

ゼロカットシステムについての詳細は以下ページをご覧ください。

海外FX会社だけにあるゼロカットシステム

ボーナスインセンティブ

口座開設後の入金時に、入金額に応じて一定率の資金をボーナスとして受け取れる仕組みが海外FX会社にはあります。ボーナスの率は入金額の5%~50%のケースが多く、入金額次第では100%になることもあります。

海外FX会社で口座開設の続きを読む

無料MT4 EA取引履歴(2017年5月)

2017年05月08日

当サイト配布の無料MT4 EAの2017年5月の取引履歴です。

以下をクリックすると履歴が表示されます。(2017年5月31日現在)

PMF02.1(2017年5月9日リリース)

PMF02.1

Proto7V5.1

Proto7V5.1

TMAGU3

TMAGU3

WEntrySystem6

WEntrySystem6

UCBand

UCBand

※XM社デモ口座で運用しているものです。取引結果はパソコン環境等により、異なる場合がございます。

なお、MT4 EAは値動きが荒れやすい重要指標時も、一切止めておりません。

無料MT4 EA取引履歴(2017年5月)の続きを読む

円安が続行 ユーロ出口戦略と英総選挙の世論調査

2017年05月02日

5月に入ってから、円安の流れが続いており、本日15:00過ぎにはドル円が112円を上抜きました。

昨夜発表された米国の経済指標は、PCEコアデフレーターこそ予想通りだったものの、PCEとISM製造業景況指数は予想を下回りましたが、ドル円相場は大きなドル売りにはつながらず、逆に上昇トレンドが形作られています。

明日にはFOMCが予定されていますが、市場は昨夜の経済指標の結果が今後のFRBの利上げペースに、影響は与えないと見ているようです。

またトランプ大統領が米朝首脳会談の可能性について言及したことで、リスク回避の動きが緩和されたことも要因でしょう。

ユーロについては、ここ最近の欧州経済指標に強い内容が出ていることから、堅調な動きを見せています。

特にユーロ円相場には強めの上昇トレンドが出ており、この対ユーロでの円売りがドル円相場での円売りにつながっているという見方もあるようです。

また4/27のECBではドラギ総裁が「出口戦略の議論もなかった」と発言しましたが、6/8のECBでは出口戦略に向けてなんらかの動きが見られるのではとの期待感も強いようです。

ポンドはメイ首相が総選挙の前倒しの意向を発表してから、上昇トレンドが続いています。ポンドドルでは調整局面に入っていますが、ポンド円ではまだトレンドの終了を示唆する動きは出ていません。

その総選挙の最新の世論調査では、メイ首相の保守党の支持率が47%で、野党労働党の支持率28%を大きく引き離しています。

4/13の時点では保守党が44%、労働党が23%でしたので差が開いてきている状況です。

先に申し上げましたが、明日5/3の27:00にFOMCが予定されています。

市場予想では、現状維持の確立が95.2%と圧倒的です。

また明日のFOMCではイエレンFRB議長発言も経済見通しの発表も予定されていません。

おそらく発表前後で大きく値が動くことはないでしょうが、FOMCに関しては何があるか分かりません。

当サイトのMT4無料EAを御使用の方々は、いつもどおり発表前には保有ポジションを決済し、EAの稼動を停止するか発注ロット数を縮小するかの措置をとられることをおすすめします。

当社のMT4

円安が続行 ユーロ出口戦略と英総選挙の世論調査の続きを読む

トランプ政権の税制改革はサプライズなし

2017年04月27日

昨夜発表されたトランプ政権の税制改革は、ほぼ事前に伝わっていた内容どおりでした。

具体的には、法人税率を現在の35%から15%に引き下げる。

個人所得に関しては、税率区分を現在の7区分から3区分に簡略化し、最高税率を39.6%から35%に引き下げる。

また夫婦の標準控除を現行の約2倍にする、といった内容も盛り込まれました。

当然これだけの減税政策を実行するとなると、大幅な税収減になるので確実に民主党からは反対を受けることになるでしょう。

共和党内でも意見は二分しているようですので、この減税案が議会を通過できるかどうかも不透明な状況です。

市場の反応は、先に述べたとおりこれらの現在案は事前に伝わっていたものとほぼ同じでしたのでサプライズ的な要素は無く、一時112円の手前まで上昇していたドル円レートは、税制改革案発表後は材料出尽くしと見られ、一気に111円を割りこむ動きを見せました。

現在は値を少し戻し111円台前半での値動きになっています。

さて本日20:45にはECB政策金利が発表され、21:30にドラギECB総裁発言が予定されています。

先日おこなわれたフランス大統領選第1回投票ではマクロン氏がトップの票数を獲得し、5/7に予定されている決選投票でもマクロン氏優勢の世論調査結果が出ています。

EU離脱反対派のマクロン氏が大統領に選出された場合は、ECBが現在の金融政策の出口戦略について、何らかの動きを見せるのではないかとの市場の見方があるようです。

ただ、さすがに今回のECB理事会で緩和継続の姿勢を崩すことは考えられません。

またドラギECB総裁も先週、「インフレ上昇の確信はない」と発言していますので、いまのところは緩和継続と見てよいかと思います。

当サイトのMT4無料EAは、今月も今のところ好調を保っているようです。

詳細は無料MT4

トランプ政権の税制改革はサプライズなしの続きを読む

無料MT4 EA取引履歴(2017年4月)

2017年04月07日

当サイト配布の無料MT4 EAの2017年4月の取引履歴です。

以下をクリックすると履歴が表示されます。(2017年4月30日現在)

PMF02

PMF02

Proto7V5.1

Proto7V5.1

TMAGU3

TMAGU3

WEntrySystem6

WEntrySystem6

UCBand

UCBand

※XM社デモ口座で運用しているものです。取引結果はパソコン環境等により、異なる場合がございます。

なお、MT4 EAは値動きが荒れやすい重要指標時も、一切止めておりません。

無料MT4 EA取引履歴(2017年4月)の続きを読む