FXトレードにおけるpips(ピップス)について

2018年12月11日

FXトレードでは共通の通貨単位としてpipsという単位が用いられます。pips(pipの複数形)の読み方は「ピップス」または「ピプス」となります。pipの意味を辞書で調ると「サイコロの目」と書かれていますが、FXの世界で使われているpipは「Percentage in point(「最小単位の1%」の意味)」の頭文字を取ったものであり、この他にも「price interest point(「利益の最小単位」の意味)の頭文字を取ったという説もあります。

またpipsは複数形であるため、1pip、2pips、3pips・・・と記述されることもありますが、たいていの場合は1pipも1pipsと記述されることが殆どです。その理由として、pipsは1pips、0.9pips、0.8pips・・・と小数点以下も存在するため1pipだけを単数形とするのは不自然であるからです。

今回はFXトレードの通貨ペアのスプレッド(売る場合と買う場合の差)(https://mt4-ea.com/blog/3573/)などでも使われる非常に重要な単位を示す用語「pips(ピップス)」について詳しく説明をしていきます。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社です。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンより無料EAをご取得ください。

MT4 EA

1pipsの基準となる価格は通貨ペアによって異なる

FXの世界ではドル円やユーロドルなど様々な通貨ペアで取引が行われていきますが、通貨ペアによって1pipsの基準となる位置が異なっています。

USD/JPY(ドル円)で説明すると、小数点以下第二位が1pipsの基準位置となります。つまり1銭を1pipsとして表します。

pips1

例えばUSD/JPYのスプレッドが2pipsとなっている場合は以下の通りとなります。

FXトレードにおけるpips(ピップス)についての続きを読む

MT4 EAの取引履歴(2018年12月)

2018年12月06日

当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

今月の重要指標発表の日時は以下となります。以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

以下の指標発表時の少なくとも15分ほど前には保有ポジションがある場合は手動で決済を行い、EAの稼働を停止されることをお勧めいたします。

・12月5日 米 

MT4 EAの取引履歴(2018年12月)の続きを読む

MT4 EAの取引履歴(2018年11月)

2018年11月02日

当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

今月の重要指標発表の日時は以下となります。以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

以下の指標発表時の少なくとも15分ほど前には保有ポジションがある場合は手動で決済を行い、EAの稼働を停止されることをお勧めいたします。

・11月2日 米 

MT4 EAの取引履歴(2018年11月)の続きを読む

MT4 EAにおけるリアル口座とデモ口座の違い

2018年10月17日

FX会社にはリアル口座とデモ口座が用意されていますが、MT4 EAでそれぞれ稼働した場合その取引結果に違いが出る場合があります。この違いを理解せずにデモ口座の取引結果だけを鵜呑みにしてしまうと、リアル口座で取引を行ったさいにその違いに戸惑うことにもなりかねません。今回はリアル口座とデモ口座の違いについて詳しく説明いたします。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAは全てリアル口座、デモ口座に対応しております。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

リアル口座とデモ口座のVolume数の違い

リアル口座とデモ口座ではVolumeの数が異なります。株取引を行う方々にとってVolumeといえば株が何株取引されたかという出来高のことを思い浮かべるかと思いますが、MT4のVolumeは決められた時間に何回値動きがあったかを示しています。

demoreal1

上の画像をご覧ください。これはリアル口座のデータです。まず「USDJPY,M5」と表示されています。これはUSD/JPY(ドル円)の5分足のデータであることを意味しています。そしてその下の「Date」に2018.10.11、「Time」に16:45と表示されていますので、このデータは2018年10月11日の16:45から5分間(16:50まで)のデータであることが分かります。

赤枠のVolumeの欄に「598」と表示されていますが、これは16:45~16:50の間に1619回の値動きがあったことを意味しています。

demoreal2

上の画像は先ほどと同じ時間帯のデモ口座のデータです。Volumeが「927」になっていることがお分かりかと思います。

つまり同じ時間帯でもリアル口座よりデモ口座の方が値動きの回数が少ないことを意味しています。

変動スプレッドを採用しているFX会社の場合は値動きのたびにスプレッドが変動します。リアル口座とデモ口座では値動きの回数が異なりますので、リアル口座のスプレッドとデモ口座のスプレッドに微妙ながらも違いが生じる場合が多々あります。

そうなると同じ瞬間にMT4

MT4 EAにおけるリアル口座とデモ口座の違いの続きを読む

MT4 EAの取引履歴(2018年10月)

2018年10月02日

当社でリリース中の無料MT4 EAの取引履歴を確認いただけるページとなります。

公開している取引履歴は、皆様にMT4 EAを無料配布をした状態(デフォルト設定)から設定変更を一切加えず、さらに「重要指標発表」の時であってもMT4 EAのロット数調整や稼働停止をおこなわなかった場合の取引履歴となります。

MT4 EAは、重要指標発表時での取引を避けるのが一般的であり、通常はロット数調整や稼働停止などの措置をおこなうべきといえますが、このページでは「皆様にMT4 EAのポジション保有状況を把握いただく」ということを目的としていますので、MT4 EAをフル稼働した場合の取引履歴をご案内しています。

当社のMT4 EAを取得してリアルなFXトレードをおこなう場合は、重要指標発表の前後だけでもEA稼働を停止して、相場が落ち着きを戻してきたことを確認してから、MT4 EAを再稼働させるようなトレード手法を選択してください。

今月の重要指標発表の日時は以下となります。以下は日本時間での日程となりますので、この時間帯でのFXトレードにはご警戒ください。

以下の指標発表時の少なくとも15分ほど前には保有ポジションがある場合は手動で決済を行い、EAの稼働を停止されることをお勧めいたします。

・10月2日 米 

MT4 EAの取引履歴(2018年10月)の続きを読む