FXトレードでの証拠金とは

2019年12月29日

FXトレードは通貨を売買するトレードです。売買をするからにはお金が必要ですが、その売買のためのお金のことを「証拠金」といいます。

証拠金はFXだけでなく株式売買や日経225のような先物取引をするさいも証拠金を使って売買が行われます。このような証拠金を使って売買が行われる取引を「証拠金取引」といいます。

FXでは証拠金に関係する用語が三つあります。「必要証拠金」、「有効証拠金」、「証拠金維持率」です。それぞれ理解しておかないと、取引にいくら必要なのか、あるいはどの程度の損失まで取引できるのか分からずに強制的にロスカットされることにもなりかねませんので、今回は証拠金について詳細にご説明してまいります。

なお当社はMT4 EA開発の専門業者です。MT4 EAはFXの自動売買ソフトですがMT4 EAを使用するさいも必ず証拠金は必要ですので、この機会にぜひとも証拠金について理解してください。当社が開発しているMT4 EAに興味のあるかたは以下のリンクから詳細をご確認ください。すべてのMT4 EAは無料でご使用いただけます。

無料EA一覧

必要証拠金とは

必要証拠金とはその名の通りFXトレードに必要な証拠金の事です。いくら必要なのかはFX会社が設定している最大レバレッジによって変わってきます。レバレッジについてご存じない方は以下のページで説明しておりますのでご覧ください。

FXトレードのレバレッジ

日本のFX会社の最大レバレッジは以前は各社自由に設定でき中には数千倍のレバレッジをかけられるところもありましたが、金融庁のレバレッジ規制により2010年には最大レバレッジ50倍に、翌2011年には最大25倍に規制されました。そのため現在日本のすべてのFX会社の最大レバレッジは25倍(法人口座は最大400倍)です。

それでは日本のFX会社では必要証拠金がいくらになるのか計算してみましょう。以下が必要証拠金額の計算式となります。

取引する通貨ペアの現在のレート ✕ 取引量 ÷ レバレッジ = 必要証拠金

計算例を紹介します。取引する通貨ペアは米ドル/円(USD/JPY)、米ドル/円のレートは1ドル100円、取引量は1万通貨と仮定しさきほどの計算式に当てはめてみます。

100円(通貨ペアのレート) ✕ 1万通貨(取引量) ÷ 25倍(レバレッジ) = 4万円

となります。この4万円が米ドル/円を1万通貨取引するのに必要な証拠金(必要証拠金)ということになります。最低限必要な証拠金ということで「最低必要証拠金」とも言われます。

最近は日本のレバレッジ規制が適用されない海外のFX会社を利用される方もかなり増えてまいりましたが、海外のFX会社の場合は各社最大レバレッジが異なりますで、利用するFX会社の最大レバレッジを調べて必要証拠金を計算する必要があります。

例えば当社がお勧めしているXM Trading社の場合は最大レバレッジは888倍という日本のFX会社よりはるかに大きなレバレッジをかけることが可能です。先ほどの例でXM Trading社の必要証拠金を計算してみます。

100円 ✕ 1万通貨 ÷ 888倍 ≒ 1,126円

となり、わずか1000円程度の必要証拠金で米ドル/円を1万通貨取引することが可能だということが分かります。

当社ではXM Trading社の他にTaitan FX社もご紹介しておりますが、こちらは最大レバレッジ500倍ですので、上記と同様の計算をすると必要証拠金は2,000円ということになります。

海外のFX会社を利用するとかなり少ない必要証拠金で大きな取引が可能だということが分かります。当社では大きなレバレッジをかけられ信頼できるFX会社をいくつか紹介しておりますので、ご興味のある方は以下サイトをご覧ください。

海外のFX会社の比較

有効証拠金とは

有効証拠金とは取引に利用できる証拠金の事です。証拠金の「余力」と言っても良いでしょう。有効証拠金は以下のように計算します。

証拠金(FX会社に預入した金額) ± 保有中のポジションの損益 = 有効証拠金

たとえば証拠金が10万円でまだポジションを保有していない場合は、保有中のポジションの損益はゼロですから有効証拠金は10万円のままです。

syouko1

それではポジションを保有して1万円の含み益が出ている状態ではどうなるかというと

10万円(証拠金) + 1万円(含み益分) = 11万円(有効証拠金)

となります。

syouko2

逆に保有しているポジションに1万円の含み損が出ている状態ですと

10万円(証拠金) - 1万円(含み損分) = 9万円(有効証拠金)

となります。

syouko3

本来の取引ではレートが変わるたびに含み益(含み損)は変わりますので有効証拠金もそのたびに変化することになります。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは必要証拠金に対して有効証拠金がどれぐらいの割合あるかということで通常は「%」であらわします。証拠金維持率の計算式は以下のようになります。

有効証拠金 ÷ 必要証拠金 ✕ 100 = 証拠金維持率(%)

例えば証拠金が10万円で保有中のポジションの含み益が2万円、必要証拠金が4万円だとします。まずは前項の計算式で有効証拠金がいくらか計算します。

10万円(証拠金) + 2万円(含み益) = 12万円(有効証拠金)

となり有効証拠金は12万円だということが分かりましたので、証拠金維持率を計算してみます。

12万円(有効証拠金) ÷ 4万円(必要証拠金) × 100 = 300%(証拠金維持率)

となりますので、証拠金維持率は300%であることが分かりました。

強制ロスカットと証拠金維持率の関係

強制ロスカットというのは一定以上の損失が出た場合に、保有しているポジションが強制的に決済される仕組みで、通常は証拠金維持率がロスカットレベルを下回った時に発動されます。

強制ロスカットがどの程度で発動するか(ロスカットレベル)は各FX会社によって異なりますので、自分が使うFX会社のロスカットレベルを調べておく必要があります。

それでは当社がおすすめしている4社の海外FX会社の強制ロスカットレベルを紹介しておきます。

syouko4

強制ロスカットはトレーダーの意思に反して強制的にロスカットされるシステムですので、ロスカットレベルをきちんと把握して強制ロスカットされないぐらいの十分な資金を用意しておく必要があります。一般的には証拠金維持率500%以上が良いとされています。

MT4 EAと証拠金

MT4 EAで自動売買を行うさいも、もちろん通常の取引同様に証拠金が必要です。ただし海外のFX会社を使用するさいにはちょっと注意が必要です。

海外のFX会社の中には口座開設時や入金時にボーナスが貰える場合があります。このボーナスはFX会社に預け入れた証拠金の残高に追加されるのではなく、別口で付与されて有効証拠金として使用できるようなシステムになっています。

MT4 EAの多くは証拠金額によって発注ロット数を自動的に計算してくれますが、そのさいロット数を計算するプログラムが「有効証拠金」をベースにしているのではなく「証拠金残高」をベースにしている場合、付与されたボーナスを活用できないことになります。

使用するMT4 EAが「有効証拠金」をベースにしているのか「証拠金残高」をベースにしているのかは、使用する側にとっては分かりませんので、開発者に確認しておく必要があります。

当社のリリースしているMT4 EAは全てMT4 EAのパラメーターで「有効証拠金」をベースに計算するか「証拠金残高」をベースにするかを自由に選択できるようになっております。

なお当社が提供しているMT4 EAはどなたでも全て無料にて提供しております。

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村