FXやMT4 EAのトレードにおけるナンピン

2021年04月07日

相場取引にはナンピンといったトレード戦略があり、FXやMT4 EAでもこの戦略を利用したものが見受けられます。一般的にナンピンはリスクの高い戦略だと受け取られているようですが、上手にナンピンをおこなうことでトレードリスクの低い戦略へと変えていくことも可能です。今回の記事ではナンピンの説明と具体的な使用方法などについてご説明していきます。

なお、当社はMT4 EA(自動売買ソフト)の開発を専門に手がける会社です。最後に当社のMT4 EAの紹介もしておりますのでMT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

また巷には以前から数多くの「ナンピン系」のMT4 EAが存在しました。しかし当社が知る限り長期に渡り利益を残したナンピン系のMT4 EAは存在しません。その理由も最後に説明していますのでご覧になってください。

ナンピンとは

ナンピンとは漢字で「難平」と書かれ、「難」は損失を表します。つまり難平とは「損失を平均化」するといった意味をもちます。ナンピンについては江戸時代の米相場の指南書(教本)にも記述があり、指南書には「難平はするべし」と書かれたものもあれば「やるべきでない」と書かれたものもあるようで、当時からナンピンの手法をおこなうことに対しては意見が分かれていました。余談ではありますが、相場の値動きを示す「ローソク足」は今では世界中で使用されていますが、元々は日本の米相場で使用されたのが始まりとなります。

早速ナンピンについての具体的な説明をしていきます。ナンピンの手法ですが、例えば1ドル100円の時にドル円を1万通貨買ったとします。しかし思惑が外れドル円のレートは下がり98円になってしまいました。これはいけないと思い98円でさらに1万通貨買いました。これで1ドルの購入価格の平均は99円となったので、レートが98円から99円に戻れば損失がゼロとなる計算になります。このようにナンピンとは、相場の動きが思惑と反対方向に動いた時に、購入価格の平均値を下げる為に買い足していく手法となります。

このあたりの詳しい説明は次の「ナンピンのメリット」の項目で図説付きで紹介いたします。

ナンピンのメリット

ナンピンの最大メリットは損益分岐点が下がるということです。損益分岐点とはその名の通り損失が出るか利益が出るかの分かれ目です。以下の表をご覧ください。

nanp1

まず、画像①のようにドル円が100円の時に1万通貨購入します。その後、画像②のように98円とレートが下がった時に更に1万通貨購入します。この時点での購入価格の平均値は以下のように計算されます。

(100円✕1万通貨 + 98円✕1万通貨)÷ 2万通貨 = 99円 

この購入価格の平均値である99円が損益分岐点になります(画像③)。つまりこの場合は、ドル円のレートが99円まで戻れば損益は±0、それ以上にレートが上がれば利益が出るという計算になります。

それではさらに画像④のように、ドル円が下がり続け96円まで下がったところで、さらに1万通貨購入した場合、購入額の平均値は以下のように計算されますので、画像⑤のように損益分岐点は98円ということになります。

(100円✕1万通貨 + 98円✕1万通貨 + 96円✕1万通貨)÷ 3万通貨 = 98円 

このように、最初に100円で購入しただけであれば、レートが100円に戻ってくるまでは利益が出る事はありません。しかしナンピンによって損益分岐点を下げていくことで戻り幅が狭くても利益が出る可能性が出てきます。これがナンピンのメリットです。

ナンピンのデメリット

ナンピンにはメリットだけではなくデメリットも存在しますので覚えておくとよいでしょう。ナンピンのデメリットは複数のポジションを同時保有することによる購入量(購入金額)の増大です。購入するポジション数が決まっていれば良いのですが、相場が意図せぬ方向に長期間動いてしまうと、それにつれて買い増しするポジション数もドンドン増えてきます。購入資金に余裕があれば良いと考えることもできますが、そうでなければ損失が広がっていくのを指を咥えて見ていることしかできません。結果的に損失が膨らみ強制決済(損切)になってしまうと大きな損失をこうむることになってしまいます。

このようにレートが思うように戻らなければ購入量が増えていき、それにつれ損失が大きくなってしまうのがナンピンのデメリットになります。

ナンピンの効果的な使用方法

ナンピンの効果的な使用方法として、ナンピンのリスク(デメリット)をできるだけ少なくし、効果的にナンピンを使用していく方法の一例をご紹介します。低リスクでナンピンおこなうために重要なことは、エントリーのタイミングと購入量のバランスであると考えます。以下のチャートをご覧ください。

nanp2

画像はドル円の日足チャートとなりますが、赤く色づけされたエリアをみてみると113.4円あたりから104円近くまで下げています。このエリアでナンピントレードをおこなう事にしますが、一旦このエリアを1時間足でみてみる事にします。以下の画像が1時間足でみた場合のチャートです。

nanp3

画像①のエリアで、これまでの下げトレンドラインを少し大きめに抜け出していることがわかります。このような状態は下げトレンドが終わり、レートの上昇が期待できますので、112.5円で買いエントリーをおこないます。ここで大事になるのはどれだけ購入するかです。今回の場面では今後、ナンピンをおこなうことを想定しているので複数のポジションを同時に保有する可能性があることを考慮した上でのトレードをおこないます。

目安としては資金10万円につき1回のエントリーで1000通貨です。これであれば仮にエントリーをした後から10円下がり、エントリー数が5個ほどになっても、最大損失は2~3万円程度で済みますから相場から撤退しなければならないといった最悪の事態を防げる可能性が高くなります。

それでは上部のチャート画像に戻ります。①で1000通貨エントリーしてから、レートは更に下がり続けました。そして画像②の部分で再び下げのトレンドラインを少し大きめに抜け出しましたので、111.4円で再び1000通貨購入します。この時点で損益分岐点は111.95円(損益分岐点の計算方法は「ナンピンのメリット」の章を参照)に下がりました。この後のチャートの動きは以下の画像のようになりましたのでご覧ください。

nanp4

上記画像のように画像②を過ぎてから、さらにチャートは下がり続けました。先ほどと同様に画像③、110.7円でさらに1000通貨買い足します。損益分岐点は111.53円まで下がりました。以下画像をご覧いただき続きを見ていきましょう。

nanp6

上記画像のように、画像③からレートが一気に下がっていきました。画像の青い矢印部分で今回の一連のナンピントレードの最大ドローダウン(瞬間的最大損失)を記録します。ここまでに3つのポジションを1000通貨ずつ保有していますので、最大損失は1万9千円ほどとなっています。

それでは上記画像に戻ります。これまでと同様にトレンドラインを抜け出した画像④あたりで1000通貨買い足します(108.5円)。損益分岐点は110.78円に下がりました。それでは以下画像をご覧いただき続きを見ていきましょう。

nanp7

画像④のポジションを保有した後はレートが上がっていき画像⑤の場所で損益分岐点の110.78円を超えました。ここから上昇する分は全て利益になります。決済は上昇トレンドラインを下に大きめに抜けた画像⑥の111.5円あたりで、これまで保有した4つのポジション全てを決済します。ちなみに各ポジション1000通貨ずつ購入していましたので利益は2900円になりました。

以上のようにエントリーをおこなうタイミングと購入量に気を付けることで、ナンピントレードも比較的低リスクで実行することが可能となるのです。

MT4 EAでのナンピントレード

自動売買ツールであるMT4 EAでも、ナンピンをトレード手法にしたものは数多くあります。しかし私たちが知る限りでは、長期に渡り利益を出しているナンピン手法のMT4 EAはみたことがありません。

なぜならば利益をだせるナンピントレードは、上記で説明したように購入のタイミングを裁量的に見極める必要性があるからです。MT4 EAは移動平均線などのようなテクニカル指標の動きを機械的に分析しトレードするため、たとえば「トレンドラインを抜けたら」といった裁量的な判断をプログラムすることはできません。

当社が無料リリースしているMT4 EAは複数のポジションを同時に保有する場合があります。ですがこれはナンピンとは似て非なるものです。当社のMT4 EAは発注量をあえて分割し、エントリータイミングをずらすことでトレードリスクを下げています。

たとえば今の相場の状況だとエントリーの条件を満たしているが、5分後のチャートではその条件を満たしていなかった場合はエントリーしません。そうすることで発注量を抑えられるので損失リスクを下げられます。5分後のチャートでも条件を満たしていれば最初のポジション保有価格よりもレートが上でも下でもポジションを買い増します。買い増しの最大数はパラメーターで決められた数まで(自由に設定変更可能)です。もちろん最大保有数を1つだけにすることも可能です。

当社のMT4 EAはすべて無料で提供しておりますので、ご興味のある方はブログ訪問をきっかにぜひ下のボタンより無料EAを取得されてください。

無料EA一覧

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村