FOMCでのFXトレード(為替取引)

2017年05月19日

FXトレード(為替取引)をおこなう上で、もっとも注目しなければならないのは、アメリカ経済の動向です。毎日のように各国の経済指標が発表されますが、アメリカの経済指標はとりわけ為替相場へ大きな影響を与えます。その中でもFOMC(連邦公開市場委員会)は、MT4 EAなどを使ったシステムトレーダーにとっても裁量トレーダーにとっても最も重要な経済指標のひとつといえます。

FOMCとはアメリカの金融政策を決定するために開かれる会合のことをいい、FRB議長を含む7名の理事とニューヨーク連銀総裁(副議長)およびその他11名の地区連銀総裁の中から4名が持ちまわりした、計12名のメンバーで構成されています。

FOMCは年間に8回開催され主に政策金利と、現在の景況判断と政策決定内容、それに関する各FOMCメンバーの政策決定に対する賛否などが記された「声明文」が発表され、その結果が市場の予想と反する場合には世界の金融マーケットに大きな影響を及ぼし、特定の通貨だけでなく、全ての為替通貨ペアが大変動となる場合があります。

FOMCでのFXトレード1

FXトレード(為替取引)上、FOMCはチャンスなのか?

FXトレーダーの中には、FOMCを含む各重要指標発表で、利益獲得を狙う方がいます。特に、景気判断や今後の政策金利の予測があらかたついている場合、為替変動の方向がみえているわけですから、事前に買いポジション、売りポジションを入れ利益を得ることができます。しかし、FOMCで予測と反する発表が示された場合、予測とは反する値動きとなり、大きな損失を被る可能性があることも理解しておかなければなりません。

また予測どおりの結果になった場合でも、その確率性の高さが事前に市場に伝わっていてれば、FOMC前に相場には織り込まれているという状況になるため、FOMCの発表直後に利益確定の動きが出て、一気に相場が反発する恐れもありますので注意が必要です。

FOMCでのFXトレード2

一方、MT4 EAなどのシステムトレードをおこなう方々にとってはFOMCでの取引は避けるべきです。MT4 EAは過去のチャートを分析し、その結果を元として未来におこるであろうチャートの値動きを予測して、プログラミングを施して自動売買をおこなうソフトです。FOMCなどのデータ化できない人間が介入するチャートの値動きには対応できないため、発表直後などに急激な値動きが発生した場合など、大きな損失をこうむる恐れもあります。そのためMT4 EAを利用している方は、FOMCなどの為替変動が激しく起こりうるタイミングでの自動売買はストップさせるべきです。

FOMC後もFXトレード(為替取引)には注意が必要

FOMCの政策金利が発表された後、FRBというアメリカの中央銀行の議長発言が発表されることが多々あります。その内容は現在のアメリカ経済の状況説明なのですが、為替相場に対して非常に大きな影響力があります。FRB議長の発言内容によっては為替相場が乱高下する恐れもありますので、FXトレード(為替取引)を行う場合は、この議長発言も念頭におく必要があります。

また、FOMC終了の3週間後には、FOMCの会議でどのようなことが話し合われたのかが発表されます。この発表は世界中の誰もがキャッチすることができ、この発表の内容次第ではFOMC以上に相場が大きく動くことがあります。

たとえばFOMCで予想通り政策金利据え置きだった場合でも、3週間後の議事要旨で実は利上げ賛成の理事が複数名いたことが分かった場合、一時的に大きなドル買いが入り相場が混乱するケースもあります。FOMCが終わったらもう政策金利については気にしなくて良いというわけではなく、こういった議事要旨にも注意を払わなければなりません。

FOMCでのFXトレード3

なおFOMCのような金融会議では、誰がどのような発言をしたのかが記録された「議事録」というものが存在し、FOMCの議事録は会議から5年後に公けに公開されます。日銀でも金融会議議事録がありますが、日銀の場合は議事録は会議から10年後に一般に公表されます。この議事録の内容が、相場に影響を与えることはほぼありませんが、興味のある方はFRBのウェブページから見ることもできます。

FOMCでMT4 EAを稼動した場合の結果

当サイトでは長年に渡り、重要指標発表時でのEA稼働における分析をしていますが、やはりFOMCを含めた、為替や株価を大きく動かす要因(ファンダメンタルズ)が起こるタイミングで、MT4 EAを稼働すると損失を被るケースが多く見られるという結果がでていますので、避けるべきであると判断しています。これは当社が開発しているMT4 EAに限ったことではありません。

裁量トレーダーにとってはチャンス、または稼ぐタイミングともいえるFOMCともいえますが、自動売買トレーダーにとっては、FOMC時での自動売買はデメリットの方が大きいと言えそうですね。

当社のEA開発チームによって作り上げたMT4 EAは、以下のページより無料で取得いただけますので、お気軽にご取得いただければと存じます。

無料EA一覧

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

海外FX会社の口座開設

2017年05月15日

近年、資金運用の手段としてFXをはじめる方が増えています。しかし国内のFX会社にはレバレッジ制限があり、効率的な資金運用がやりにくいという理由で、海外FX会社で取引をおこないたいという声が多く聞こえます。

最近では海外FX会社での口座開設も簡単におこなえるようになりましたが、すくなからずリスクも存在します。そのため初めて海外FX会社で口座開設される方は、事前に知識を習得しておくほうが賢明です。

ここでは海外FX会社で口座開設をして、MT4 EAも使ってみたいと考えている方のために、口座選びのポイントや口座開設までの流れと注意点、MT4 EAが使えるFX会社について解説していきます。

image海外FX会社の口座開設の続きを読む

無料MT4 EA取引履歴(2017年5月)

2017年05月08日

当サイト配布の無料MT4 EAの2017年5月の取引履歴です。

以下をクリックすると履歴が表示されます。(2017年5月24日現在)

image無料MT4 EA取引履歴(2017年5月)の続きを読む

円安が続行 ユーロ出口戦略と英総選挙の世論調査

2017年05月02日

5月に入ってから、円安の流れが続いており、本日15:00過ぎにはドル円が112円を上抜きました。

昨夜発表された米国の経済指標は、PCEコアデフレーターこそ予想通りだったものの、PCEとISM製造業景況指数は予想を下回りましたが、ドル円相場は大きなドル売りにはつながらず、逆に上昇トレンドが形作られています。

明日にはFOMCが予定されていますが、市場は昨夜の経済指標の結果が今後のFRBの利上げペースに、影響は与えないと見ているようです。

またトランプ大統領が米朝首脳会談の可能性について言及したことで、リスク回避の動きが緩和されたことも要因でしょう。

image円安が続行 ユーロ出口戦略と英総選挙の世論調査の続きを読む

トランプ政権の税制改革はサプライズなし

2017年04月27日

昨夜発表されたトランプ政権の税制改革は、ほぼ事前に伝わっていた内容どおりでした。

具体的には、法人税率を現在の35%から15%に引き下げる。

個人所得に関しては、税率区分を現在の7区分から3区分に簡略化し、最高税率を39.6%から35%に引き下げる。

また夫婦の標準控除を現行の約2倍にする、といった内容も盛り込まれました。

imageトランプ政権の税制改革はサプライズなしの続きを読む

1 / 5312345...102030...最後 »