MT4のバージョンアップに注意

[更新日:2014年02月11日]

MT4が「build509」から「build600系」にバージョンアップされましたが、MT4 EAの格納フォルダが変更されており、無料EAをお使いいただいているかたに影響を及ぼしますのでご連絡いたします。

その他にもスクリプトが正常に稼働しないなどの事例も、世界中で報告されており、今回のMT4のバージョンアップは投資家にとって、最適なものとはなっておりません。

FXDDでもこのバージョンアップに対して、非推奨の発表を示しており、当社でももちろん、FXDDと同様に推奨をしておりませんので今回のバージョンアップは見送るように投資家の皆様にお伝えさせて頂きます。

現在おこっている問題に対しての対処方法をご案内いたしますのでご参考ください。

■MT4 Eの格納場所の問題

バージョンアップによりMT4 EAの格納場所が変更されました。これは無料EAトレードをおこなう方に大きく影響を及ぼしますので、以下にある当社のブログの案内にしたがい、正しく格納をおこなうようにしてください。

https://mt4-ea.com/blog/693/

■MT4を前回のバージョンに戻す方法

当サイトのブログに、MT4を前バージョンに戻す方法を案内しています。変更後は必ずバックテストを実行して正常に無料EAが稼働できるかもお確かめください。

https://mt4-ea.com/blog/693/

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。