MT4 EAの経済指標発表時の稼働停止の必要性について

2018年06月22日

MT4 EAを稼働する場合、経済指標発表時は相場が乱高下する場合が多いので、発表前後の時間帯は稼働を停止することで相場変動のリスクを回避するのが良いと言われています。

なぜ経済指標発表時はMT4 EAを停止するのが良いかを説明すると、MT4 EAは移動平均線などに代表されるテクニカル指標を利用して相場の動きを分析しトレードを行いますが、経済指標発表時は相場のテクニカル分析を無視して、その場の経済データや要人発言によって相場が動くからです。そういった相場の動きはMT4 EAでは予想することが困難であるため、思わぬ相場の動きによって損失をこうむる事があります。

今回は経済指標発表時のMT4 EAの稼働停止や再稼働のタイミング、あるいは経済指標発表前にポジションを保有していた場合の対処の方法などについて詳しくご説明いたします。

どのような経済指標に注意をするべきか

経済指標は毎日のようにいくつも発表されますので、そのなかでどのような経済指標に注意を払うのかを選択しなければなりません。なぜならば、すべての経済指標発表時にMT4 EAを稼働停止していたのではMT4 EAを稼働させる時間がきわめて限られてしまうためです。MT4 EAの稼働時間を十分にとるために相場が大きく動きそうな経済指標に限定して対処していく必要があります。

毎回必ずMT4 EAの稼働停止などの対処が必要なのは米国の「雇用統計」と「FOMC」、「FRB議長発言」です。これらは過去の統計からも相場が大きく動きやすい事が分かっています。

それに次ぐのがユーロ圏の「ECB政策金利」および「ECB議長発言」そして英国、日本の「政策金利発表」です。これらは政策に変化があると思われる場合にはMT4 EAの稼働に対処が必要になります。予想が難しい場合は、毎回の発表時には対処しておくのが無難です。

なお当社はMT4 EAを専門に開発していますが、毎月はじめにその月の注意すべき経済指標をメールにてご使用者様全員にお伝えしております。当社のMT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

MT4 EAの稼働停止のタイミング

経済指標発表時のMT4 EAの稼働停止のタイミングはそれほど難しくはありません。なぜならば経済指標が発表される時間はあらかじめ予定されていますので、その時間の前にMT4 EAの稼働を停止すれば良いからです。

具体的には経済指標が発表される10~15分前には停止するのが良いでしょう。なぜ経済指標発表直前ではいけないのか、それは以下の画像をご覧ください。

stoptrade1

これはECB政策金利が発表された時のEURUSDの5分足チャートです。

経済指標発表直後の足では190pipsほどの値動きがありました。そしてその1本前の足、つまり発表5分前の足も約90pipsほどの値動きがあり、さらにその1本前、つまり発表10分前の足でも約70pipsの値動きがありました。

このように、非常に注目度が高い経済指標が発表される場合、発表前に相場が大きく動くことがあるので、経済指標発表の10~15分前には稼働を停止させる必要があるのです。

MT4 EAの再稼働のタイミング

次は経済指標発表前に停止させたMT4 EAを再稼働させるタイミングについてです。

再稼働のタイミングは相場の動きの状況によって異なります。ようするに相場の動きが落ち着いたら再稼働のタイミングになります。相場が落ち着いたことを完璧に判断することは非常に難しいのですが、一応の目安となる方法をご説明いたします。

相場の動きの落ち着きを判断するには「Moving Average」(以下MA)というテクニカル指標を使用します。

MAはMT4に最初からインストールされているテクニカル指標なので誰でも使用することができます。使用方法については以下の画像をご覧ください。

stoptrade2

MT4のメニューの「挿入」から「インディケーター」→「トレンド」→「Moving Average」とクリックしていきます。そうすると以下のようなパラメーターウインドウが表示されます。

stoptrade3

パラメーターは上の画像の通りに設定してください。設定ができたら「OK」をクリックします。すると以下の画像ようにMAがチャート上に表示されます。

stoptrade4

赤い破線がMAです。経済指標発表後に値動きが大きくなり、それに合わせてMAの傾きが大きくなっているのがお分かりだと思います。

この傾きがあるうちは、まだ相場が乱高下するおそれがありますので、再稼働は行わない方が良いでしょう。MAの傾きがほとんど無くなりチャートのローソク足も平たんに近くなった状態がしばらく続いたら再稼働のタイミングです。以下の画像をご覧ください。

stoptrade5

画像の黄色枠部分でローソク足がほぼ平坦になった状態がしばらく続き、MAの傾きもほぼ無くなっています。この状態を確認したのち再稼働を行います(画像の赤矢印付近)。

経済指標発表前の保有ポジションの決済

当社では経済指標発表以前にすでにポジションを保有している場合は、経済指標発表前に手動にて決済しておくことをお勧めしております。理由は経済指標発表後の急激な相場の動きで思わぬ損失を出してしまうおそれがあるからです。以下の画像をご覧ください。

stoptrade6

売りポジションを持った後、相場は上昇し含み損が出ている状態で経済指標発表を迎えました。この時に経済指標発表前に手動で決済しておけば、わずかな損失で済みます。

しかし決済を行わずに指標を迎えた場合、保有したポジションと逆方向に動いたら相場の動きが大きいだけに、急激に損失が膨らんでしまいます。

含み損をかかえた状態で手動で決済を行うことは勇気がいる行動ですが、長い目で見ると経済指標発表前に決済を行う方が良いパフォーマンスが得られるという結果があります。

全ての保有ポジションを決済するのに抵抗がある場合は、保有ポジションの一部だけでも決済しておけば、ある程度のリスク回避になるでしょう。例えば1ロットのポジションを保有している場合に0.5ロットだけを手動決済をするといった具合です。

なお保有ポジションの決済もMT4 EAの稼働停止と同様に経済指標発表の直前ではなく、経済指標発表の10~15分前に行うのが良いでしょう。

経済指標発表時以外のMT4 EAの稼働停止

経済指標発表時のMT4 EA稼働停止以外にも稼働停止を行った方が良い場合があります。たとえば主要国の大統領選挙や国民投票が行われる場合です。

これらは経済指標発表同様に事前に行われることが分かっていますが、はっきりした時間が分かりません。このような場合は選挙や投票が行われる日の朝には稼働停止や保有ポジションの決済を行い、投票の結果発表が終わったのち、相場が安定している状態にあることを確認してから再稼働します。

他にも相場に大きな影響を与える場合があります。それは戦争や巨大地震などです。戦争に関しては緊迫状態にあることは分かっている場合が多いですが、いつそれが始まるかは分かりません。地震などの自然災害については全く予想することはできません。

このような場合は、情報をキャッチした時点ですぐにMT4 EAの稼働停止、保有ポジションの決済を行い、その後相場の安定を確認したのち再稼働します。

戦争や巨大地震などはめったにありませんが起こった場合は相場の乱高下が長い時間に及ぶ場合がありますので、再稼働をあせらずに慎重に対処する必要があります。

当社ではこれらの緊急時にも可能な限りMT4 EAをダウンロード頂いたご使用の皆様にメールでお知らせしております。当社のMT4 EAはすべて無料で提供しておりますので、ご興味のある方はブログ訪問をきっかにぜひ下のボタンより無料EAを取得されてください。

無料EA一覧

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村