MT4 EAにおけるリアル口座とデモ口座の違い

2018年10月17日

FX会社にはリアル口座とデモ口座が用意されていますが、MT4 EAでそれぞれ稼働した場合その取引結果に違いが出る場合があります。この違いを理解せずにデモ口座の取引結果だけを鵜呑みにしてしまうと、リアル口座で取引を行ったさいにその違いに戸惑うことにもなりかねません。今回はリアル口座とデモ口座の違いについて詳しく説明いたします。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAは全てリアル口座、デモ口座に対応しております。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

リアル口座とデモ口座のVolume数の違い

リアル口座とデモ口座ではVolumeの数が異なります。株取引を行う方々にとってVolumeといえば株が何株取引されたかという出来高のことを思い浮かべるかと思いますが、MT4のVolumeは決められた時間に何回値動きがあったかを示しています。

demoreal1

上の画像をご覧ください。これはリアル口座のデータです。まず「USDJPY,M5」と表示されています。これはUSD/JPY(ドル円)の5分足のデータであることを意味しています。そしてその下の「Date」に2018.10.11、「Time」に16:45と表示されていますので、このデータは2018年10月11日の16:45から5分間(16:50まで)のデータであることが分かります。

赤枠のVolumeの欄に「598」と表示されていますが、これは16:45~16:50の間に1619回の値動きがあったことを意味しています。

demoreal2

上の画像は先ほどと同じ時間帯のデモ口座のデータです。Volumeが「927」になっていることがお分かりかと思います。

つまり同じ時間帯でもリアル口座よりデモ口座の方が値動きの回数が少ないことを意味しています。

変動スプレッドを採用しているFX会社の場合は値動きのたびにスプレッドが変動します。リアル口座とデモ口座では値動きの回数が異なりますので、リアル口座のスプレッドとデモ口座のスプレッドに微妙ながらも違いが生じる場合が多々あります。

そうなると同じ瞬間にMT4 EAが取引を行っても、スプレッドが異なれば取引結果も違ったものになる可能性があります。

リアル口座とデモ口座の四本値の違い

先ほどはVolume数の違いを説明いたしましたが、リアル口座とデモ口座では四本値にも違いが出る場合があります。四本値とは始値、高値、安値、終値の四つの価格のことです。

demoreal5

上の画像の赤枠内はリアル口座とデモ口座で同じ時間帯の四本値を比較しています。それぞれ微妙に異なっていることが分かるかと思います。

上の画像の時間帯では四本値全てが異なっていますが、1か所だけ異なっていることもあったり、逆に全て同じ値になっていたり様々なケースがあります。

重要なのはリアル口座とデモ口座の四本値は完全に一致しないという点です。四本値が異なるということは、片方ではMT4 EAのエントリーや決済が実行されるが、もう片方ではそれが実行されないといった違いが出てくる可能性があります。

つまり取引結果に違いが出るということです。

リアル口座とデモ口座でのバックテストの違い

上記のようにリアル口座とデモ口座では四本値に違いがありますので、それぞれの口座データでMT4のバックテストを行っても違いが出ます。

demoreal6

上の画像はリアル口座とデモ口座で全く同じ条件でバックテストを行った結果です。わずかではありますが結果に違いが出ていることがお分かりかと思います。

この例ではあまり差がありませんが、例えばリアル口座ではエントリーが発生し、そのポジションがストップロスにかかったが、デモ口座ではそのエントリーが発生していなかった場合など結果に大きな違いが出る場合があります。

滅多にないケースですが、そのような可能性があることも理解しておく必要があります。

リアル口座のバックテスト結果と実際の取引結果の違い

それではリアル口座のデータで行ったバックテストの結果は、実際のリアル口座での取引結果と一致するかというと、これも違いが生じる可能性があります。

なぜならばバックテストでは常にスプレッドは一定ですが、実際の取引ではスプレッドは常に変動しています。スプレッドが異なれば取引結果も違ってきます。

またどんなに値動きが激しくても、バックテストでは発注が行われたレートと約定したレートが異なってしまう、スリッページが発生しません。しかし実際の取引ではスリッページの発生の可能性はあります。

スリッページが発生するとバックテストとはエントリーポイントやエグジットポイントが異なってきますので、取引結果にも違いが生じます。

つまりリアル口座での実際の取引を完全に再現することは不可能ということになります。

バックテスト、デモ口座取引の意味

リアル口座での実際の取引とは結果が異なるからといって、バックテストやデモ口座での取引に意味が無いかというと、そんなことはありません。

バックテストはドローダウンの大きさやMT4 EAがエントリーする頻度など、MT4 EAの特徴を把握するのに役立ちます。

デモ口座での取引は、MT4 EAがきちんと稼働するか、稼働時にエラーが発生しないかを確認するのに役立ちます。

当社のMT4 EAは開発時にバックテストやデモ口座での取引を繰り返し行い、動作性をチェックしています。しかしそれは過去のデータによるものです。

MT4 EAがリリースされてからのデータについては、使用される方々がそれぞれ実施していただく必要があります。MT4 EAを使用されるさいにはバックテストとデモ口座での取引を行うことをおすすめいたします。

なお当社のMT4 EAはすべて無料で提供しておりますので、ご興味のある方はブログ訪問をきっかにぜひ下のボタンより無料EAを取得されてください。

無料EA一覧

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村