MT4の複数インストール方法

MT4の複数インストール方法について

EAトレードに慣れてくると、性質の異なるEAを同時に稼働して、更なる利益追求やリスクヘッジなどを考えていく機会が増えてくることが多くあります。このような場合は稼動したいと考えているEAの数分のMT4をパソコンにインストールして、それぞれのMT4内で一つのEAを稼働させていくことが重要となります。

このページ内では、EAを安全に正常稼働させるために非常に重要となる、MT4の複数インストール方法をご案内していきます。MT4を分けてEAを稼働させることで資金管理が分かりやすくなるというメリットもあります。(MT4のインストールが初めての方は「MetaTrader4(MT4)のインストール」ページからお進みください。)

MT4は物理上、ひとつの口座内で複数のMT4 EAを同時に稼動させることができますが、発注のタイミングが他のMT4 EAと重なってしまった場合、相互干渉を起こしてしまい正しい発注がおこなわれずに予期せぬ損失が発生するおそれがあります。このようなリスクを避けるためにも、ひとつのMT4上で稼動させるMT4 EAはひとつとお考えください。

さて、MT4の複数インストール方法はとても簡単ですが、利用中のFX会社のMT4を単純にインストールするだけでは、既にパソコン内にインストールされているMT4が上書きされるだけとなってしまい意味がありません。ページ案内に従って、MT4をインストールすれば誰でも簡単にMT4を複数インストールすることができますので是非とも参考にしてください。WindowsのOSにより若干の操作の違いはありますが、基本的な複数インストール方法はお分かりいただけると思います。

Metatrader4(メタトレーダー、MT4)のダウンロード

ステップ1

MT4の複数インストールが初めての方は、まずご自身のPC内にインストールされているMT4のアイコン状況をお確かめください。アイコン名が初期状態となっている場合は、任意で結構ですのでアイコン名を以下のように変更してください。(MT4のインストールが初めての方は「MetaTrader4(MT4)のインストール」ページからお進みください。)

ショートカットのファイル名を変更

ご利用中のFX会社のサイト上から、MT4を再度ダウンロードしてください。このページ内ではXM Trading社のMT4を複数インストールするための方法を案内していきますが、XM社以外のFX会社を利用している方でも、複数インストールの方法は同様の流れとなりますのでご参考ください。

XM Trading

http://www.xmtrading.com/jp/platforms

FXDD

http://www.fxdd.com/bm/jp/software/downloads/?platform=mt4basic

Metatrader4のexeファイルを実行する

ステップ2
exeファイルの実行

ご利用のFX会社のMetatrader4(MT4)をダウンロードするとダウンロード先にexeファイルが表示されます。当サイトでは、XM Trading社のMT4をPCのデスクトップ上にダウンロードしましたので、右記のようにXM Trading社のexeファイルが表示されました。
exeファイルのアイコンをダブルクリックし、exeファイルを実行します。

インストールフォルダの変更

ステップ3

以下の画像が表示されますので、画像に従い「はい、上記の全てのライセンス条項に同意します」にチェックを入れた後、「設定」をクリックします。

インストールフォルダの変更1

MT4インストール時の初期設定では、インストール先が「C:\Program Files (x86)\XMTrading MT4」となっていますが、MT4を複数インストールする場合は、フォルダ名を変更する必要があります。まずは「インストールフォルダ」の「参照」をクリックしてください。

インストールフォルダの変更2

インストール先フォルダの選択画面が表示されますので赤枠のようにCドライブ「ローカル ディスク(C:)」を選択して、次に「新しいフォルダーの作成(N)」をクリックしてください。

インストールフォルダの変更3

フォルダー名は任意で設定ができますので、当ページでは「MT4_XM1」とします。フォルダー名を入力しましたら、「OK」ボタンをクリックしてください。

インストールフォルダの変更4

以下画像のように、インストールフォルダが上部で設定をおこなった「C:¥MT4_XM1」となっており、プログラムグループも赤枠のように「MT4_XM1」となっていれば完了です。「次へ」ボタンをクリックするとMT4のインストールが開始され、インストールが完了しましたら「完了」ボタンにより終了させてください。

インストールフォルダの変更5

インストールフォルダの変更6

WEBページが自動表示された場合は閉じる

ステップ4

下記のようなMQL5のWEBページが開く場合がありますがこの画面は閉じてください。

不要な画面

Metatrader4が自動的に立ち上がります

ステップ5

MT4のインストールが完了すると、自動的にMT4が立ち上がりますのでログイン作業へと移ります。

Metatrader4の画面

取引サーバーの設定

ステップ6
まずは、FX会社での口座開設時に送られてきた、E-mailをご確認ください。

(追加口座申請がまだの方は、以下の作業がおこなえませんので追加口座の申請をお願いいたします。)

MT4にログインするための情報が登録E-mail宛に届いていると思いますので、その情報を元にサーバー設定をおこないます。当サイトでは、XM Trading社より「XMTRADING.COM-Real 11」がサーバーアドレスであると、連絡が届きましたので該当サーバーを選択し「次へ」ボタンを押して進みます。

※ 以下の画面を閉じてしまった場合は、MT4の上部ツールバーの「ファイル」→「取引口座にログイン」と進むと、同じ設定画面に移動することができます。

mt4のサーバー設定

ログインIDとパスワードを入力

ステップ7

「既存のアカウント」にチェックを入れて、FX会社から届いた「MT4 ID」と、あらかじめお客様自身が設定をした「パスワード」を入力し、「完了」ボタンをクリック。

ログインIDとパスワード

Metatrader4へのログインが完了

ステップ8
Metatrader4のログイン完了

ログイン成功によりMT4の右下に赤色で表示されていた「回線不通」が消えます。右記ように緑に変化して数字が動き出せばMT4へのログインが成功となります。ログインが成功したあとは、いったんMT4を閉じてください。

ショートカットのファイル名を変更

ステップ9

デスクトップをみると「XMTrading MT4」というMT4のショートカットが作成されていることが確認できます。ショートカット名の変更は必ず必要となりますので十分にご注意ください。

デスクトップ上に重複したMT4ショートカット名が存在している場合、以前インストールをしたMT4のショートカットは上書きされてデスクトップから消え、最新MT4のショートカットのみが表示されます。これは、過去にインストールをしたMT4がPC内から削除されたということではありません。Cドライブ上には過去のMT4が存在していますので探し出すことは可能です。

なお、ショートカット名は任意で変更できますが、このページでは「MT4_XM1」とします。

インストールフォルダの変更7

MT4をさらにインストールするには

ステップ10
MT4はPCの空き容量がある限り、いくつでもインストールが可能であり、複数インストールの方法はこのページで案内をしている「Step2からStep9」を繰返すことで可能となります。

上記でも説明していますがフォルダ名やアイコン名が重複しないようにご注意ください。

MT4の複数インストールを完了した後は、MT4 EAの設定が可能となります。MT4 EAの設定については以下ボタンよりお進みください。