パラメーターの設定

パラメーター設定について

パラメーターとは「処理結果に影響を与える外部から投入される変動要素」のことを言います。

パラメーターの数値変更により、利益重視のリスクの高い取引、安全面重視のリスクの低い取引など、独自の取引スタイルに合わせたEAをカスタマイズすることが可能となります。パラメーターの変更は自動売買の醍醐味ですが設定内容によっては大きな損失を被る可能性もありますので十分にご注意の上、セッティングをおこなってください。

また、当サイトで無料配布をしているEAについては、EA取得時の状態(デフォルト状態)で最高のパフォーマンスが発揮できるようにパラメーター設定の最適化を既に施しています。取引数が少ないなど、ご自分のトレードスタイルと合わない場合はパラメーター設定により調節ください。

パラメーター設定での良くある勘違い

どんなEAでもパラメーター設定を上手におこなえば、素晴らしいパフォーマンスEAとして生まれ変わらせることができると考えている方がいます。しかし、どんなにパラメーター設定が上手な方でも、EAそのもののロジック(性能や機能)が悪ければ、利益を生み出すことは困難です。

また、EAのロジックにおいても時間の経過と共に、現状のトレンドや相場に適応できなくなっていくことが殆どですので、現状相場に適応しているEAを活用していくことが大切です。

なお、当サイトのEAについては、EAの研究開発チームがトレンドや相場の特徴を徹底分析してMT4 EAを完成させており、EAメンテナンスも1ヶ月単位でおこなっていますので、ご利用者様にとって最適なEAが提供できていると自負しています。
当サイトのEAにご興味がございましたら是非とも取得してみてください。当サイトのEAは全て無料、有料課金されるようなことは一切ございませんので安心してご利用ください。

パラメーターを表示させる方法

MT4の左側に表示されている「ナビゲーター」の中の「エキスパートアドバイザ」に使用可能なEAが格納されいます。その中から使用したいex4ファイルを選択して、チャート上にドラッグ・アンド・ドロップすることで下部のような画像が表示されます。

パラメーターを表示させる方法01

パラメーターを表示させる方法02

表示された画面には、パラメーターの入力というタブがありますので「パラメーター」を選択すれば設定画面へと遷移します。また、パラメーターの表示項目はEAによって異なりますので、ご利用のEAに不明なパラメーターがある場合は、EA配布元へお問合せください。以下には基本的なパラメーターを説明します。

パラメーターを表示させる方法03

Magic

EAにはマジックナンバーという識別番号が存在します。
MT4を使用すれば一つの口座(アカウント)で複数のEAを同時に稼動させることができるのですが、同じマジックナンバーのEAを稼働させてしまうと誤作動が発生する恐れがあるため、複数のEAを稼働させるためにはEA毎に異なるマジックナンバーを付ける必要があります。

MM

MMとはMoney Managementの略であり、この項目では口座資金量によって自動的に発注ロット数を計算するかどうかを決定することができます。

通常は「true」と「false」の二択となっています。
「true」を選択すると、MM_Riskに入力されている数値(係数)から、自動的に発注ロット数が計算されます。「false」を選択すると、FixLotsに入力されている値(固定ロット)で発注をおこないます。

MM_Risk

MM_Riskは発注ロット数を調整するための項目であり、MM(Money Management)で「true」を選択した方が数値調整をおこないます。

MM_Riskの値を大きく設定すれば口座資金量に対する発注ロット数が大きくなり、ハイリスクハイリターンの取引が実現できます。数値を小さく設定すると口座資金量に対する発注ロット数が小さくなるのでリスクが低くなります。

口座資金量が10万円(または1,000USD)の場合、MM_Risk値を「5」とすることで5,000通貨の発注ロット数、MM_Risk値を「10」とすれば10,000通貨の発注ロット数となります。なお、EAによってはパラメーター名が「Risk」となっていたり、「MM_Level」となっていることがありますが内容は同じです。

FixLots

FixLotsとはパラメーターのMM(Money Management)で「false」を選択した方が、発注ロット数を決定する項目です。パラメーター名が「Lots」のみになっている場合がありますが内容は同じです。

MM_Riskのパラメーターと同様に、値を大きく設定するとハイリスクハイリターンの取引が実現できます。パラメーター値を0.1とすると発注ロット数は0.1ロット、パラメーター値を1.0とすると1.0ロットでの発注がおこなわれます。

SP_Limit

SP_Limitとはスプレッドリミットのことであり、スプレッドの許容限界値を示しています。パラメーター名が「Spread_Limit」となっている場合もあります。

SP_Limitの値を小さく設定すると、許容スプレッドが狭くなりますので有利な取引が期待できますが、あまりにも小さな値に設定してしまうと発注タイミングを逃してしまうことに繋がり、取引量が少なくなる可能性が高まります。

SP_Limitの値を大きく設定すると、許容スプレッドが広くなりますので取引量こそ多くなりますが、不利な取引をおこなうことに繋がります。

当社では、取引通貨ペアの平均スプレッドよりも1~2pips程度大きくしたものがパラメーター値として最適であると考えています。(例:平均スプレッドが2の場合は「3」または「4」と入力)

SlippageLimit

SlippageLimitは、発注時に起こるスリッページの許容限界値を示すパラメーターです。

レートの動きが激しくなると、狙ったレートでの発注ができず、ズレたレートでの発注をおこなってしまうことがあり、そのズレ幅を制限するのがSlippageLimitとなります。

SlippageLimitの値を2.0とした場合、スリッページが2.0pips以上発生した場合には発注を行いません。この数値を小さくすると有利な取引が期待できますが、あまりにも小さな値にしすると極端に取引が減ってしまうため、当社では、1~2pips程度がパラメーター値として最適であると考えています。

comment

EAの取引履歴は「取引履歴」より確認ができますが、同一口座内で複数のEAを稼働させると、取引履歴をみてもどのEAが取引をおこなったのかが分からなくなることがあります。

どのEAにより取引が行われたのかを表示できるパラメーターがcommentとなり、テキスト入力をおこなうことでMT4の取引履歴の「コメント」欄に表示がおこなわれます。

一般的には使用EAの名称を入力しますが、どのように変更をしても問題はありません。

MaxPos

MaxPosとは、同時に保有できる最大ポジション数を設定するパラメーターです。パラメーター名が「MaxTrades」となっている場合もあります。

EAは有利な相場と判断すると、ポジション保有中でも追加でポジションを持とうとする場合があります。このポジション数をいくつまで許容できるかをMaxPosによって決定します。

例えばMaxPosを5に設定した場合は、最大で5つまでのポジション保有が可能となります。大きな数値を設定すると利益の積み重ねも期待できますが、損失が出ると大きな損失を被ってしまう可能性もありますので、当社ではパラメーター値を3~5程度にすることを推奨しています。

TP

TPとは、Take Profitの略であり、利益確定値を意味しています。

保有ポジションの利益が、TPで設定した値に達した時点で利益確定の決済を行います。例えばパラメーター値を6とした場合は、保有ポジションの利益が6pipsに到達した時点で決済されることになります。

TPの数値を大きくすると利益幅が大きくなるというメリットがある反面、利益幅に到達する前に相場の方向が反転してしまうと利益確定のタイミングを逃がすことに繋がります。TPの数値を小さくすると早いタイミングでの利益確定が期待できますが利益も小さくなります。値動きが大きくなっているタイミングを見計らって設定値を大きくしたり、値動きが小さければ値を低く設定するなどの工夫も可能です。

基本的には事前設定されている初期値は変更不要とお考えください。また、TP値に到達する前に、EA側の判断で利益確定をおこなうことも多くあります。

SL

SLとは、Stop Lossの略であり、損失確定値を意味しています。
保有ポジションの損失が、SLで設定した値に達した時点で損失確定の決済を行います。例えばパラメーター値を100とした場合、保有ポジションの損失が100pipsに到達した時点で決済されることになります。

SLの数値を大きくすることで損失幅は大きくなりますが、損失幅への到達前に相場の方向が反転することで、損失が縮小となり利益へとつながる可能性もあります。SLの数値を小さくすれば、損失幅こそ小さくなりますが多くの損失ポジションを確定させることに繋がります。値動きが大きくなっているタイミングを見計らって設定値を大きくしたり、値動きが小さければ値を低く設定するなどの工夫も可能です。

基本的には事前設定されている初期値は変更不要とお考えください。また、SL値に到達する前に、EA側の判断で損失確定をおこなうことも多くあります。