MT4 EA > NEWS > 2014 NEWS > 2月11日

※重要※ MT4のバージョンアップにご注意ください。

MT4が「build509」から「build600系」にバージョンアップされました。

EA格納フォルダの変更がEAへの最大の影響点ではありますがスクリプトが正常稼動しないなどの事例も、世界で報告されています。

 

FXDDでも現時点ではアップデート非推奨の発表がありました。

当方としても、今回のバージョンアップは見送ることを推奨します。

 

各事例に対する、対処方法をご案内します。ご参考下さい。

◆ バージョンアップ後の「EAとヒストリカルデータ」の格納場所。

EAは正しいフォルダに格納しなければ正常に稼動しません。

 

EAとヒストリカルデータの格納場所

 

◆ MT4を以前のバージョンに戻す方法。

変更後は必ずバックテストを実行し、正常稼動できるか確かめ下さい。

MT4を以前のバージョンに戻す方法

 

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。


「外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求 めてください。」