3月結果 3つのEAが勝利!今月はEUの合意なき離脱に注意

[更新日:2019年04月01日]

3月の相場もここ最近の流れと同様に英国のEU離脱問題が中心になりました。注目を集めた3月12日の英議会EU離脱案採決の結果は大方の予想通り391対242で否決され、翌3月13日の「合意なき離脱」を行うかどうかを問う投票も、321対278で拒否されました。

その後メイ首相は3月末に迫ったEU離脱期限を3ヶ月延期することをEU側に要請、しかしこれをEU側が「もっと延期期限を短くするか、そうでなければ1年単位の延期を行うべき」と拒否したことで、相場に影響を与えました。

また3月29日には3度目となる離脱案採決が実施されましたが、これも344対286で否決されました。

当社のEAにおきましては、EURUSDを取引対象としているEAに影響が出てしまいましたが、メルマガ等で周知させていただいている「注目の経済指標」発表前の事前決済や稼働停止などの措置を取られた方は、最小限の損失で済んだかと思います。

さて3月も英EU離脱問題に注目が必要です。今後のメイ首相の選択肢は3つです。EU側の要請どおり4月12日に「合意なき離脱」を決定するか、もしくは最長1年のさらなる離脱延期をEU側に要請するか、そして総選挙を行うかです。

英国側が最も避けたいのは「合意なき離脱」の実施ですから、4月12日にどのような判断が行われるか分かりませんが当日は一時的に相場が乱高下するおそれがありますので事前に保有ポジションを決済しEAの稼働を停止されることをお勧めいたします。

EAの稼働停止および再稼働についてのタイミングは以下のサイトを参考にされてください。

なお3月に好調であったMT4 EAは最新EA「FXAR1」、5ヵ月連続勝利の「Proto7V7.1」、3か月連続勝利の「RegFX2」でした。

MT4 EAの経済指標発表時の稼働停止の必要性について
https://mt4-ea.com/blog/4118/

■ 2019年3月のEAトレード結果(若干の誤差はご容赦ください。)

デモ口座実稼動、EAデフォルト設定フル稼働、Swap含まず公表。
()内は重要指標発表で、EAを停止した場合の結果となります。

・RegFX2     + 50.6pips (+38.6pips) 3ヶ月連続勝利
・FXAR1      + 0.87% (左に同じ) ※1
・Proto7V7.1   + 0.61% (左に同じ) 5ヶ月連続勝利 ※1
・2PTFX2     -148.9pips (+98.2pips)
・RSIlogic2.1   - 4.07% (-2.89%) ※1

※1、RSIlogic2.1、Proto7V7.1、FXAR1は最大損失率が基準のEAのため、EAの成績は証拠金残高に対する損益率(%)で記載しています。

■ 4月の注目経済指標

4月5日 米 雇用統計(21:30)
4月10日 欧 ECB総裁会見(21:30)、米 FOMC議事要旨(27:00)
4月12日 英 合意なき離脱期限(不明)
4月26日 米 実質GDP速報(21:30)

EAのダウンロードは無料です!是非「無料EA」を無料取得してください。

■ 良くあるお問合せ

MT4 EAがポジションを持たない場合の対象方法

バックテストを正しく行う方法

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。

無料EAの開発者ブログ

大注目の人気コンテンツ