10月結果 EAの取引成績は良好。2PTFXは12ヶ月連勝!

[更新日:2018年11月01日]

10月の相場は前半は米株の急落や米中貿易戦争などで市場にリスク回避の動きが強まり、ドルが大幅に下落する展開になりました。後半に入ると英国のEU離脱交渉の行き詰まりやEUがイタリア予算案を拒否したことによってユーロ安が進む荒れた相場状況でした。

10月は急激な動きの多い状況が多く当社のEAにとって厳しい展開になりましたが、トータルで見ると悪くはない結果でした。

11月は8日にFOMC政策金利発表が予定されています。市場予想では現状維持が圧倒的です。問題は12月に今年最後の利上げが行われるかどうかに焦点が集まっているようです。トランプ大統領は前々から現状の利上げペースに反対姿勢をとっていますが、10月のFRB議事録ではこれまで通りの利上げペースを維持する旨の方針が確認されました。

これはFRBが大統領管轄ではなく独立した組織であることを意味し、あくまで独自の方針で金融政策を進めていくという意思のあらわれのようです。

現在では12月の利上げ確率は70%弱と微妙なところですので、判断が難しい状況です。そのため11月15日のパウエルFRB議長発言にはかなりの注目が集まっていますので注意が必要です。

その他の注目指標発表前後には、相場が乱高下するおそれもありますので、リスク回避のためにEA停止などの措置をとり、相場の動きの様子をみられることをおすすめいたします。

EAの稼働停止および再稼働についてのタイミングは以下のコンテンツを参考にしてださい。

MT4 EAの経済指標発表時の稼働停止の必要性について
https://mt4-ea.com/blog/4118/

■ 2018年10月のEAトレード結果(若干の誤差はご容赦ください。)

デモ口座実稼動、EAデフォルト設定フル稼働、Swap含まず公表。
()内は重要指標発表で、EAを停止した場合の結果となります。

・STCFX      + 5.18%(+4.05%) ※1
・RSIlogic2     + 4.51%(+4.36%) 4ヶ月連続勝利 ※1
・2PTFX      + 93.4pips(-27.6pips) 12ヶ月連続勝利
・Proto7V7     - 2.32%(-0.39%) ※1

・RegFX      - 88.2pips

※1、Proto7V7、RSIlogic2、STCFXは最大損失率を基準にしているEAであるため、EAの成績は証拠金残高に対する損益率(%)で記載しています。

■ 11月の注目経済指標

11月2日 米 雇用統計(21:30)
11月8日 米 FOMC政策金利発表(28:00)
11月15日 米 FRB議長発言(8:05)

11月29日 米 FOMC議事要旨(28:00)

EAのダウンロードは無料です!是非「無料EA」を無料取得してください。

■ 良くあるお問合せ

MT4 EAがポジションを持たない場合の対象方法

バックテストを正しく行う方法

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。