7月結果 MT4 EAは好調!中旬には新EAをリリースします!

[更新日:2018年08月01日]

7月の為替相場は非常に動きの少ない状態でした。ユーロドルの7月の最高値と最安値の差は215pipsほどしかなく、これは2017年以降では最も値動きの幅が少なかったことになります。ちなみに2番目に値幅が少なかったのは2017年10月で305pipsです。7月の値幅がどれだけ少なかったかがお分かりかと思います。

値幅が少ないという事は為替取引のボリューム(市場の相場参加者)も少ない事を意味していますので、このような時期は値動きが安定せずイレギュラーな動きが多くなり、急激に相場が動きがちです。

当社のMT4 EAについては、そういった相場の中でもある程度の成績を残すことができましたが、残念ながら損失が発生したMT4 EAもありました。EAでの取引には難しい相場であったことは確かですが、今後の開発の課題にしたいと思います。

8月は2日に発表される英中銀政策金利発表に注目が集まっています。

英中銀の利上げの可能性については6月の理事会でも利上げ賛成派が増え、7月にもカーニー英中銀総裁が8月の利上げに前向きな発言を行ったことで期待が高まっています。

ただ7月18日の英国消費者物価指数では予想を下回り、市場の一部からも英国経済に利上げを後押しするだけの力強さはないとの意見も出ており、現在も混とんとした状況です。

相場も全く折り込めていませんので、発表直後の相場の動きに注意が必要です。

また8月26日のFOMC議事録も注目されています。次回の米国の利上げに対する何らかのヒントとなる言葉が出る可能性もあります。ただ、先日トランプ大統領が米国の利上げペースやドル高の現状に対して懸念を示す発言を出しており、今までのようなペースでは利上げが行われない恐れも出てきていますので、市場も様々な情報を注視している状況です。

これらの指標発表前後には、相場が乱高下するおそれもありますので、リスク回避のためにEA停止などの措置をとり、相場の動きの様子をみられることをおすすめいたします。

MT4 EAの稼働停止および再稼働についてのタイミングは以下のサイトを参考にされてください。

MT4 EAの経済指標発表時の稼働停止の必要性について

https://mt4-ea.com/blog/4118/

■ 2018年7月のEAトレード結果(若干の誤差はご容赦ください。)

デモ口座実稼動、EAデフォルト設定フル稼働、Swap含まず公表。

・Proto7V7      + 2.06% 2ヶ月連続勝利 ※1 
・RSIlogic2     + 1.55% ※1
・2PTFX         + 52.6pips 9ヶ月連続勝利 ※2
・RegFX         + 52.3pips 4ヶ月連続勝利

・UCBand        - 267.42pips

※1、RSIlogic2、Proto7V7は最大損失率を基準にしているEAであるため、EAの成績は証拠金残高に対する損益率(%)で記載しています。

※2、7月の注目経済指標で10分前に決済した場合の結果は-83.8pips。決済しなかった場合は現在、含み損を保有中で来月の結果に反映されます。

■ 8月の注目経済指標

8月1日 米 FOMC議事要旨(27:00)
8月2日 英 英中銀政策金利発表(20:00)
8月3日 米 雇用統計(21:30)

8月22日 米 FOMC議事要旨(27:00)

EAのダウンロードは無料です!是非「無料EA」を無料取得してください。

■ 良くあるお問合せ

MT4 EAがポジションを持たない場合の対象方法

バックテストを正しく行う方法

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。