5月結果 MT4 EA絶好調!6月は経済指標に注意

[更新日:2018年06月01日]

5月の為替相場は先月同様に全体的に緩慢な動きになりました。以前はユーロ圏の金融緩和の出口戦略や英国の利上げに対して市場の期待感が強く為替相場も活性化していましたが、第一四半期の経済状況が悪くその期待も薄れ、為替相場への影響力も衰えてきている状況です。

米経済についても良くも悪くもない状況で、現在の市場の関心は主要国の経済状況よりも、イタリアの政治問題や米中貿易問題など政治的な面に集まっているようです。

そんな状況の中、当社のEAについてはわずかに損失がでたものもありましたが、全体的には好調を維持しています。

6月の注目すべき経済指標は13日のFOMCです。ここでの利上げはほぼ確実視されていますので市場では織り込み済みです。市場の関心はFOMCの結果よりも年内の利上げの回数が何回になるかに移っていますので、FOMC発表の後のパウエル議長会見の内容に注目が集まっています。この会見であと2回の利上げが見込まれるような発言があるとドル買いの下支えは継続し、その発言がなければ下支えは失われます。そうなると為替相場は目先の方向性を失うことになり混とんとした状況に陥るおそれもあります。

パウエル議長会見は今後の為替相場に影響を強く与える大事な会見になりますので、市場の注目度は非常に高くなっています。

また14日のECB政策金利にも注意を払ってください。おそらく新たな出口戦略の発表はないでしょうが、ドラギ総裁の発言内容には今後のユーロ経済の行方をうらなう重要な発言が出る可能性もあります。

これらの指標発表前後には、相場が乱高下するおそれもありますので、リスク回避のためにEA停止などの措置をとり、相場の動きの様子をみられることをおすすめいたします。

■ 2018年5月のEAトレード結果(若干の誤差はご容赦ください。)

デモ口座実稼動、EAデフォルト設定フル稼働、Swap含まず公表。()内は重要指標発表で、EAを停止した場合の結果となります。

・2PTFX         + 160.9pips (7ヶ月連続勝利)
・RegFX         +  91.1pips (2ヶ月連続勝利)
・UCBand        +  85.6pips (6ヶ月連続勝利)
・RSIlogic2     + 0.47% ※1 (4ヶ月連続勝利)

・Proto7V7      - 0.12% ※1

※1、RSIlogic2、Proto7V7は最大損失率を基準にしているEAであるため、EAの成績は証拠金残高に対する損益率(%)で記載しています。

■ 6月の注目経済指標

6月1日 米 雇用統計(21:30)
6月13日 米 FOMC政策金利(27:00)、パウエルFRB議長会見(27:30)

6月14日 欧 ECB政策金利(20:45)ドラギECB総裁会見(21:30)

EAのダウンロードは無料です!是非「無料EA」を無料取得してください。

■ 良くあるお問合せ

MT4 EAがポジションを持たない場合の対象方法

バックテストを正しく行う方法

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。