8月結果 EA絶好調!UCBandは無敗で6ヶ月連続勝利

[更新日:2017年09月01日]

8月は米朝問題やユーロ高への懸念が為替相場に影響を与えましたが、当サイトのMT4 EAにおいては特に影響を受けず、全体的に利益を重ねることができたようです。

米朝問題については市場は現状ではそれほど問題視しているようではなく、楽観的な雰囲気がただよっています。今後も注意が必要ですがそれほど過敏になる必要はないかもしれません。

またユーロ高に関しては、8月24日~26日に開催された経済シンポジウムでECBのドラギ総裁がユーロ高についての懸念を述べなかったため、一層ユーロ買いが進みました。しかしさすがに過熱感が強く、現在は調整色が濃くなっています。

9月の為替相場についてですが、まずは9月7日のECB政策金利発表とドラギ総裁発言に注目が集まります。ここでなんらかのユーロ高に対する懸念が発表されれば、一気にユーロ売りの相場に転換します。逆に何の発表もなければユーロ高をある程度は許容すると市場は判断し、一層ユーロ買いが進むでしょう。

また9月20日のFOMCにも注意が必要です。今回のFOMCでは利上げ予想はされていませんが、FRB(アメリカの中央銀行)が保有する国債などの資産の量を減らす「バランスシートの縮小」が行われることが確実視されています。バランスシートの縮小が行われると債券市場では利回りが上がりますので、発表直後に一時的に大きくドルが買われる可能性があります。逆にバランスシートの縮小の発表がなければ、市場はFOMC前にある程度織り込んでいるはずですので一気にドル売りが進むことになります。

ECB政策金利発表やFOMCの前後には相場が乱高下するおそれがありますので、保有ポジションの事前決済やEAの稼動停止をおこなうことをお勧めいたします。

■ 2017年8月のEAトレード結果(若干の誤差はご容赦ください。)

デモ口座実稼動、EAデフォルト設定フル稼働、Swap含まず公表。

・Proto7V6            +162.1pips (2ヶ月連続勝利!)
・PMF02.1              +142.8pips
・TMAGU3              +111.2pips
・UCBand              +54.6pips (6ヶ月連続勝利!)

・W Entry System6       -72.2pips

■ 9月の注目経済指標

9月1日 米 雇用統計(21:30)
9月7日 欧 ECB政策金利発表(21:30)ドラギ総裁発言(21:30)

9月20日 米 FOMC政策金利発表(27:00)イエレン議長発言(27:30)

EAのダウンロードは無料です!是非「無料EA」を無料取得してください。

■ 良くあるお問合せ

MT4 EAがポジションを持たない場合の対象方法

バックテストを正しく行う方法

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。