7月結果は人気TOP3のEAが絶好調!そして朗報も

[更新日:2017年08月01日]

7月は米国のヘルスケア法案の不成立やトランプ大統領のロシア疑惑などファンダメンタルズが相場に大きな影響を与えました。

また経済状況が好調だと言われていた英国も経済指標の内容が悪化し、為替市場では米ドルもポンドも日本円も買いづらい状態になっています。

そのような相場状況のなかで、金融緩和からの出口戦略が期待されているユーロに市場の注目が集まっており、ユーロ相場は市場の動きにかなり敏感に動いています。

7月のMT4 EAの成績ですが、人気TOP3のMT4 EAは大きく利益を獲得。しかし、ユーロドルを取引通過ペアにしている2つのMT4 EAは損失を被ってしまいました。

現状では米国のインフレ傾向も縮小しており、次の利上げはあっても今年の12月との見解が多数を占めており、英国の経済状況もそれほどの勢いが見られません。ユーロに関しては市場期待も高くこれまで以上に注目されると思われますので、8月以降も現在の相場状況が続くと思われます。

そのため8月はユーロ関連の指標のなかでも、8月17日のECB理事会議事要旨にはご注意ください。内容次第では相場が乱高下するおそれもあります。

発表前には保有ポジションがある場合は決済をおこない、EAの稼動を停止し相場の動きが落ち着いたことを確認のうえ再稼動されることをおすすめいたします。

■ 2017年7月のEAトレード結果(若干の誤差はご容赦ください。)

デモ口座実稼動、EAデフォルト設定フル稼働、Swap含まず公表。

()内は指標発表で、EAを停止した場合の結果となります。

・Proto7V6            +183.9pips
・UCBand              +170.1pips
・W Entry System6       +92.3pips
・TMAGU3              -296.5pips(-412.6pips)

・PMF02.1             -596.8pips(-643.0pips)

■ 8月の注目経済指標

8月3日 英 BOE政策金利発表(20:00)
8月4日 米 雇用統計(21:30)

8月17日 欧 ECB理事会議事要旨(20:30)

EAのダウンロードは無料です!是非「無料EA」を無料取得してください。

■ 良くあるお問合せ

MT4 EAがポジションを持たない場合の対象方法

バックテストを正しく行う方法

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。