6月はMT4 EAが絶好調!7月トレードにも期待

[更新日:2017年07月03日]

6月が終わり、今回も当社のMT4 EAは絶好調です。各EAが危険を回避し、5つのうち4つのMT4 EAが利益となりました。

6月は英国解散総選挙、FOMCの利上げという大きなイベントがありましたが無料EAは上手く回避することができました。Proto7V5.1に限ってですが、6月中旬頃、少し大きめのドローダウンが出ました。その後は猛烈に盛り返しましたが、残念ながらトータルでプラスになるには少し足りなかったようです。

さて7月ですが先月から欧州圏の金融緩和の出口戦略について市場期待が高まってきています。現実的な出口戦略への移行には、まだ少し壁が高いようですが市場の注目が集まれば、経済指標や要人発言によって相場が大きく動きやすくなるので注意が必要です。

7月20日にはECB政策金利発表とドラギECB総裁発言がありますが、特にドラギ総裁発言には注意してください。今後に向けた何らかのヒント的な発言が出る可能性があります。

また7月26日には英国GDP速報値が発表されます。通常はあまり注目されませんが、インフレ率が高まり早期利上げが期待されている中でのGDP発表ですから市場の注目度も高くなります。

注目経済指標発表時にはポジションボリュームの調整や稼動停止などの措置をとられることをお勧めいたします。

■ 2017年6月のEAトレード結果(若干の誤差はご容赦ください。)

デモ口座実稼動、EAデフォルト設定フル稼働、Swap含まず公表。

・PMF02.1            +152.4pips
・UCBand             +108.6pips
・TMAGU3             +77.0pips
・W Entry System6      +65.2pips

・Proto7V5.1          -54.7pips

■ 7月の注目経済指標

7月5日 米 FOMC議事要旨(27:00)
7月7日 米 雇用統計(21:30)
7月20日 欧 ECB政策金利(20:45)
7月20日 欧 ドラギECB総裁発言(21:30)
7月26日 英 4-6月期四半期GDP速報値(17:30)

7月26日 米 FOMC政策金利発表(27:00)

EAのダウンロードは無料です!是非「無料EA」を無料取得してください。

■ 良くあるお問合せ

MT4 EAがポジションを持たない場合の対象方法

バックテストを正しく行う方法

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。