EAが稼動しない場合の対処方法

2013年11月13日

当サイトが配布している無料EAを入手後、実際に稼動させてもポジションを持たないといった場合があります。

そのさいは以下をご確認ください。

設定しているEAとMT4のアカウントが一致しているか

EAには使用者様ごとにMT4の使用口座IDを設定しております。

申込いただいた口座IDと異なる口座IDではEAは稼動いたしません。

またデモ口座にリアル口座用のEAを設定されてる場合、逆にリアル口座にデモ口座用のEAを設定されている場合も同様です。

使用する通貨ペアまたは時間足が異なる

各EAは、稼動可能な通貨ペアと時間足があらかじめ設定されています。

たとえばユーロドル(EURUSD)の5分足で稼動するEAをポンドドル(GBPUSD)やドル円(USDJPY)、また1分足や15分足に設定した場合は、取引が実行されません。

以上のご確認をしていただき、問題がない場合は以下をご確認ください。

保有ポジションの確認

EAは毎日取引するわけではなく、ボラティリティが低い時、あるいは取引条件に合致しない場合は、1週間以上も取引しない事もあります。

各EAの取引履歴で、稼動期間中に取引があるかどうかをご確認ください。取引履歴は左側の「ブログカテゴリー」の「無料MT4EA取引履歴」からご覧になれます。

カテゴリー

ご使用のMT4EAの稼動期間

imageEAが稼動しない場合の対処方法の続きを読む

本日、為替市場は祝日(ベテランズデー)で休場

2013年11月11日

本日はアメリカの株式市場は開きますが、為替市場は祝日(ベテランズデー)のため休場になります。

カナダも祝日なので休場です。

アメリカ市場が休場になると、極端にボラティリティが低下し、予想外の値動きが出る場合があります。

EAの取引成績に特段の影響があるとは考えづらいですが、ボラティリティが低下すると成績も悪化する場合もあるので、ご心配な方は発注数の調整や稼動停止されても良いでしょう。

今月は今のところ配布中のEAは全体的に良い成績を残しています。

市場動向に注意して、無理な稼動取引をさせないようにお気をつけください。

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

image本日、為替市場は祝日(ベテランズデー)で休場の続きを読む

為替市場、方向性が見えない展開が続く

2013年11月09日

昨夜発表されたアメリカの雇用統計、失業率は前回の7.2%から7.3%へ悪化という結果。

しかし非農業部門雇用者数は予想の12.0万人を大きく上回る20.4万人と発表され、失業率の悪化など無視されたかのように一気にドル買いが進みました。

EURUSDは一気に70pipsほど下げ、その後もじわじわと下落し昨夜のECB政策金利発表と同様に1.3000付近で反発しました。

当サイトEAは幸いこの値動きに影響されることはありませんでした。

稼動停止などのリスク対策をされていた方は、週明けから稼動を再開しても問題ないでしょう。

さて来週の展望ですが、今週とはうって変わって注目するような経済指標の発表予定はありません。

今回の雇用統計も非農業部門雇用者数だけが目立った結果になりましたが、景気悪化を示唆するような指標も発表されているため、方向性が見えない展開になっています。

そのためおそらくボラティリティが低下し、持ち合い相場を作る時間帯が長くなるのでは予想されます。

経済指標発表時にEAのリスク管理が必要になるような場面はないようですが、市場に影響を与えるようなニュースなどはチェックしておくことをおすすめします。

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイ  <a id='alpr' style='visibility:visible; ;' href='https://mt4-ea.com/blog/510/'>…</a></p>           		<a href=image為替市場、方向性が見えない展開が続くの続きを読む

2013年11月雇用統計前情報、大変動はないだろう

2013年11月08日

本日11月8日、日本時間22:30にアメリカの雇用統計が発表されます。

前回の雇用統計が労働統計局の一時閉鎖の影響で発表が10月22日に変更されたので、まだ2週間ほどしか経っておりません。

おそらく数値的には大きな変動はないだろうと思います。

ただし市場は昨夜のECB政策金利のサプライズ利下げの影響や、今後のアメリカのテーパリング(緩和縮小)の方向性を決める判断材料となることから、模様眺めの状態なので指標発表時に数値の大きな変動がなくても、レートは乱高下するおそれがあります。

EAを使用されている方は、ポジション調整や稼動停止などのリスク管理を行われることをおすすめします。

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

image2013年11月雇用統計前情報、大変動はないだろうの続きを読む

ECB政策金利、大方予想を裏切り利下げ

2013年11月08日

昨夜21:45に発表されたECB政策金利ですが、大方の予想を裏切り利下げされる結果になりました。

この結果によりユーロは急落。

ユーロドルは一気に150pipsほど下げました。

その後22:30のドラギ総裁の会見を受けて、さらに60pipsほど下落。

1.33000付近で反発し、半値もどしのかたちになりました。

当サイト配布中のEAは指標発表時は影響を受けなかったものの、値を戻すさいにW_Entry_Sytem3が損失を計上しました。

おそらく多くの方が急激なレート変動を予想して、EA稼動停止などのリスク回避策を取っていたと思います。

EAというのは急激なレート変動に弱いので、決してほったらかしでも良いというものではないことは、メルマガでも毎回申し上げておりますが、大きなレート変動をもたらす可能性が高い指標発表時に、きちんと稼動コントロールできるかでEA取引の損益は大きく異なってきます。

リスク管理とは具体的には保有中のポジションがある場合は、指標発表前に決済あるいはポジション縮小を実行したり、新規発注時のロット数の縮小、あるいはEAの稼動自体を停止させることです。

ぜひとも実行していただきたいEA取引のテクニックだと思います。

本日も22:30にアメリカの雇用統計が発表されます。

指標の内容いかんでは、今後のアメリカの緩和縮小の方向性に影響を与える可能性もあることから、市場は大きな注目をしています。

その分、急激なレート変動が予想されますのでリスク管理を怠らないように注意ください。

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

imageECB政策金利、大方予想を裏切り利下げの続きを読む