MT4の注文方法(成行・指値・逆指値・OCO・IFD・IFO)

2019年01月09日

MT4には様々な注文方法がありますが、今回はその全て(成行・指値・逆指値・OCO・IFD・IFO)について説明します。これらの注文方法を相場状況に合わせて使いこなすことで、リスクを避けたり利益を出せるチャンスを逃さずつかまえることが可能になります。

それぞれの注文方法の特徴についてはFXトレードの注文方法をご覧ください。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAはMT4の持つ様々な注文方法を研究し、その時の相場に合った最適な注文がなされるようプログラミングされています。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

MT4での新規注文画面の表示方法

MT4で新規注文を入れるためには新規注文画面を表示させなければなりません。MT4で新規注文画面の表示方法は三種類あり、MT4の新規注文画面は以下のような画面であり全ての新規注文はこの画面で行うことになります。

mt4trade1

上記の画面を呼び出す方法の1つには、以下のようにMT4のツールバーのボタンを押す方法があります。

赤枠で囲まれた「新規注文」のボタンをクリックすることで新規注文画面を呼び出せます。

mt4trade2

2つ目の方法は、以下のようにチャート上で右クリックし新規注文画面を呼び出す方法です。

以下の画像のように、別ウインドウが表示され、「注文発注」→「新規注文」をクリックすると新規注文画面を呼び出せます。

mt4trade3

3つ目は方法はパソコンのキーボードの「F9」ボタンを押す方法となります。

キーボード配列のお使いのキーボードで様々ですが、ほとんどのキーボードにはファンクションキーが存在していますので、「F9」を押すことで新規注文画面を呼び出すことができます。

mt4trade4

MT4の新規注文画面の基本説明

それではMT4の新規注文画面の基本説明を以下にご案内します。

画像の①~⑧の項目について以下にご説明していきますのでご参考にしてください。

mt4trade5

①「通貨ペア」:注文する通貨ペアの選択です。MT4の画面上にチャートが開かれている方は、この選択項目には開かれているチャートの通貨ペアが自動的に表示されます。

この新規注文画面に表示されている通貨ペアを変更したい場合は、上記画像の青丸で示した「V」のクリックにより変更でき以下画像の赤枠のように各通貨ペアが表示されます。取引したい通貨ペアを選択してください。

mt4trade6

②「数量」:発注するロット数の入力画面です。

以下画像の数値部分をダブルクリックすることで希望の発注ロットを入力することができます。また、青丸で示した「V」をクリックすると選択ウインドウが拡大し複数の数値から選択することが可能です。

mt4trade7

以下画像は青丸をクリックした場合に表示される画面です。おおまかな数値しか用意されていないので、「1.5ロット」など、この中にないロット数で発注したい場合は、直接入力する必要があります。

mt4trade8

③「決済逆指値(S/L)」:新規発注時に損失を決定させる決済逆指値価格の入力画面です。なおS/Lは「Stop Loss(損失確定注文の意)」です。

以下赤枠「▲または▼」のクリックにより現在の価格が表示されます。この枠には手動で決済逆指値価格を入力することもできますし、「▲または▼」をクリックして価格を変更することもできます。

mt4trade9

④「決済指値(T/P)」:新規発注時に利益を決定させる決済指値価格を入力できます。なおT/Pは「Take Profit(利益確定注文の意)」のことです。操作方法は「決済逆指値(S/L)」と同様です。

mt4trade10

⑤「コメント」:発注したポジションにコメントを入れる事ができます。

たとえば以下画像の赤枠のようにコメント欄に「米国雇用統計」と入力し発注します。

そうすると更に下にある画像の赤枠のように、保有したポジションのコメント欄に「米国雇用統計」と表示されます。直接取引成績に関係する機能ではありませんが、ポジションを保有した理由や時期などのメモ代わりに使うと便利です。

mt4trade11 mt4trade12

⑥「注文種別」:注文方法を選択することができます。

以下青丸の「V」をクリックすると「成行注文」か「指値注文」の選択が可能です。それぞれの注文の詳細は後ほどご説明いたします。

mt4trade13

⑦「成行売り」:ボタンのクリックにより即時に成行の売り注文が入ります。

以下画像の場合は、ボタン上部に表示されているAの価格で売り注文が発注されます。

mt4trade14

⑧「成行買い」:ボタンのクリックにより即時に成行の買い注文が入ります。

以下画像の場合は、ボタン上部に表示されているBの価格で買い注文が発注されます。

mt4trade15

新規注文画面の各基本項目の説明は以上です。

それでは次のコンテンツからMT4での注文方法について説明していきます。上記に解説した基本説明を理解したあとは、MT4での注文方法を理解してみると良いでしょう。

成行注文を入れる方法

「成行注文」は為替レートを指定せずに「今」のレートで売りと買いのどちらかを指定して注文をする方法です。ここでは例としてUSD/JPY(ドル円)を0.1ロット、成行で買うことにします。

以下の画像のように①の通貨ペアで「USDJPY」を選択。今回は0.1ロット発注しますので②の数量に0.1を入力します。そして③の「成行買い」をクリックすれば買い注文が完了します。

mt4trade16

指値注文を入れる方法

「指値注文」とは、(売りたい価格/買いたい価格)を指定して取引する方法で、現在のレートよりも有利な条件で取引をしたい場合の注文方法が指値注文です。

新規注文画面を開き、成行注文と同様に取引したい「通貨ペア」と「数量」を入力したら以下画像の赤枠のように注文種別で「指値注文」を選択します。

mt4trade26

「指値注文」を選択すると、以下画像のように「指値注文または逆指値注文(新規注文)」という枠が表示され、その中の「注文種別」には4種類の注文方法が表示されます。指値注文はこの中の「Buy Limit」と「Sell Limit」になります。

Buy Limitは「指値買い」。つまり現在より低い価格を指定して予約注文を入れる買い方です。例えば現在ドル円の価格が100円だとしたら今買うよりも、もっと低い価格で買った方が有利になります。99円まで下がったら買うという予約注文を入れる場合にBuy Limit(指値買い)を使います。

Sell Limitは「指値売り」。指値買いとは逆で、現在より高い価格を指定して売りの予約注文を入れる方法です。例えば現在のドル円の価格が100円だとしたら今売るよりも、もっと高い価格で売った方が有利になります。101円まで上がったら売るという予約注文を入れる時にSell Limit(指値売り)を使います。

mt4trade27

それでは実際にBuy Limit(指値買い)の注文を入れてみます。今回はドル円を0.1ロット、現在のレートが111円ほどなので110円にまで下がったら買うといった指値買い注文を入れてみます。

以下画像のように通貨ペアと数量を入力し、注文種別を指値注文にしたら、「Buy Limit」を選択、赤枠の価格に「110」と入力し、赤矢印の「発注」ボタンをクリックします。これでBuy Limit(指値買い)注文が入り、ドル円の価格が110円にまで下がったら、自動的に買い注文が入ることになります。

mt4trade28

Buy Limit(指値買い)の注文が確定すれば、以下画像のようにMT4画面上の「ターミナル」でも確認することができます。

mt4trade29

もし間違えて、指値買い注文の価格を現在の価格よりも高く設定してしまった場合は、注文が入らず以下画像のようなエラー画面が表示されます。以下画像のエラーが表示されたら「OK」をクリックし、再度正しい価格で注文をしなければなりません。

mt4trade30

なお、指値注文では有効期限を設定することも可能です。

以下の赤枠画像のようにチェックボックスにチェックを入れることで有効期限の直接入力が可能です。また青枠の「V」をクリックするとカレンダーが表示され、日付を指定した有効期限の入力ができます。仮に指値注文が実行されることなく有効期限を迎えてしまった場合は、この指値注文はキャンセルとなります。

mt4trade31

逆指値注文を入れる方法

「逆指値注文」とは、(売りたい価格/買いたい価格)を指定して取引する方法で、現在のレートよりも不利な条件で取引をする注文方法が逆指値注文です。

どんなときに逆指値注文を使うのか?

たとえば、現在の米ドルのレートが1ドル=100円で、この後102円まで上がると予想しているが、少し相場の動きに勢いが出てきたのを確認してから「101円で」買いたいといった場面で使います。101円で買うということは現在の100円で買うよりも不利になるので、この注文は101円での「逆指値の買い注文」となります。

それでは新規注文画面を開き、逆指値注文を入れる方法を案内していきます。

以下画像のように取引したい通貨ペアと数量を入力したら、注文種別で「指値注文」を選択します。ここまでは先ほどの指値注文と同じです。

mt4trade26

「指値注文」を選択すると、以下画像のように「指値注文または逆指値注文(新規注文)」という枠が表示され、「注文種別」をクリックすると4種類の注文方法が出てきます。逆指値注文は「Buy Stop」と「Sell Stop」にあたります。

Buy Stopは「逆指値買い」。つまり現在より高い価格を指定して予約注文を入れる買い方です。例えば現在レートが100円で101円まで上がったら買うという予約注文を入れる時にBuy Stop(逆指値買い)を使います。

Sell Stopは「逆指値売り」。逆指値買いとは逆で現在より低い価格を指定して売りの予約注文を入れる方法です。現在レートが100円で99円まで下がったら売るという予約注文を入れる時にSell Stop(逆指値売り)を使います。

mt4trade32

それでは実際にBuy Stop(逆指値買い)の注文を入れてみますので以下画像をご覧ください。例としてドル円を0.1ロット、現在のレートが111円ほどなので112円にまで上がったら買うといった逆指値買い注文を入れてみます。

通貨ペアと数量を入力し、注文種別を指値注文にしたら、「Buy Stop」を選択します。そして赤枠の価格の部分に「112」を入力し、赤矢印の「発注」ボタンをクリックします。これでBuy Stop(逆指値買い)の注文が入り、ドル円の価格が112円にまで上がったら、自動的に買い注文が入ることになります。

mt4trade33

Buy Stop(逆指値買い)の注文が確定すれば、以下画像のようにMT4画面上の「ターミナル」でも確認することができます。

mt4trade38

もし間違えて、逆指値買い注文の価格を現在の価格よりも低く設定してしまった場合は、注文が入らず指値注文の時と同様にエラーが表示されますので、価格設定をやり直す必要があります。

また逆指値注文も指値注文と同様に有効期限を設定することが可能ですので、設定したい方は上記の「指値注文」のコンテンツを参考にしてください。

OCO(オーシーオー)注文を入れる方法

OCO(オーシーオー)注文とは、二つの注文を同時におこない、どちらかの注文が約定したら、もう一つの注文が取り消しになる注文方法です。二つの注文は、損失を決定させる決済逆指値注文と利益を決定させる決済指値注文となります。

本来OCO注文は決済注文でも新規注文でも使用できますが、現時点でMT4では決済時にのみにOCO注文をおこなうことができます。(新規注文では使用できない)

それでは保有中の買いポジションに決済のOCO注文を入れてみます。

ポジションを保有してから画像赤枠のボタン(ターミナルボタン)をクリックします。

mt4trade17

以下のように保有ポジションデータが表示されますのでデータ欄のどこかで「右クリック」してください。

mt4trade18

右クリックにより以下が表示され赤枠の「注文変更または取消」をクリックしてください。

mt4trade19

「注文変更または取消」をクリックすると以下画像(発注画面)が表示されます。赤枠で囲ったように注文種別が「注文の変更または取消」になっていることを確認し、次にお進みください。

mt4trade20

まずは損失決定の決済逆指値注文の価格入力方法からご説明いたします。

価格が110円まで下がったら決済逆指値を実行したい(損切したい)という場合は、以下画像の赤枠の部分に「110」と入力。

※決済指値は、決済逆指値の操作方法と全く同じのため割愛いたします。

mt4trade21

次は以下画像の赤枠にある「下段にコピー」をご覧ください。この場所をクリックすると、決済逆指値に価格がコピーされます。コピー後に「▲」をクリックすると価格が上昇、「▼」をクリックすると価格が下降します。価格の微調整が可能な便利な機能です。

mt4trade22

上記の他にも、現在の価格からの差を設定する方法があります。例えば現在価格から50pips下がったところで決済逆指値注文を入れたい場合は、以下画像の赤枠部分の「現在値との差」に「500」と入力します。ちなみにpipsというのはFXトレードで使用される共通の通貨単位です。詳しくはFXトレードにおけるpips(ピップス)についてをご覧ください。

なぜ50pipsを「500」と入力する理由ですが「現在値との差」はpipsではなく「ポイント」で入力するように設定されているから。MT4では「1ポイント=0.1pips」なので「500ポイント=50pips」となります。

また、赤枠部分に「500」と入力すると、すぐ下の「下段にコピー」の部分に現在値から500ポイント(50pips)引かれた価格が反映されます。そしてその下段にコピーの価格をクリックすることで、決済逆指値の部分に価格が入力されます。

mt4trade23

最後にOCO(オーシーオー)注文の完了までを案内します。

例として、以下画像のように保有したポジションが110円になったら損切(決済逆指値)、112円になったら利確(決済指値)となるOCO注文を入れました。

画像の上矢印に表示されている青枠の部分「ポジション#46988734・・・・変更する」という場所をクリックすることで注文内容が確定され自動的にウィンドウが閉じます。

mt4trade24

注文が正しく反映されているかの確認は、MT4上のターミナルから確認できます。以下画像をみてみると、赤枠の決済逆指値に110、決済指値に112と入っていますので、価格が110円まで下がったら自動的に損切決済され、112円まで上がったら自動的に利確決済されるというOCO注文が入っていることが確認できます。この注文のどちらか一方が実行されれば、もう一方は取り消されることになります。

mt4trade25

IFD(イフダン)注文を入れる方法

IFD注文とは新規注文と決済注文(決済指値か決済逆指値のどちらか一方)を同時に発注する注文です。新規の注文が実行されることで、自動的に決済注文(指値または逆指値)が入ります。

まずは、ドル円が「110円まで下がったら買う」という新規指値買い注文を出すと同時に「112円まで上がったら売る」という利益確定の注文を出す方法をご案内します。

まずは通貨ペアと数量を入力。

その後、①の注文種別で「指値注文」を選択。②の注文種別は指値買いなので「Buy Limit」を選択。③の価格は110円になったら買うので「110」を入力。④の決済指値は112円になったら売り決済を行うので「112」を入力。全ての入力が終わったら赤矢印の「発注」をクリックすると注文が入ります。

※逆決済指値の場合は、①の注文種別で「逆指値注文」。②の注文種別は「Sell Limit」となります。

mt4trade35

発注確定後は以下画像のようにMT4のターミナルから確認できます。110円でのBuy Limit(指値買い)注文と112円での決済指値注文が同時に入ります。

mt4trade36

また、IFD注文は利益確定の決済指値に加えて、損切の決済逆指値を新規注文と同時に入れる事ができます。以下画像の①~③は上記でご案内した通りですので今回は④に注目してください。

④には109円と入力しています。これはもし相場が109円になった場合、損切のために売り決済を行うという設定です。全ての入力が完了しましたら以下画像の赤矢印の「発注」をクリックします。

mt4trade37

発注確定後は以下画像のようにMT4のターミナルから確認できます。110円でのBuy Limit(指値買い)注文と109円での決済逆指値注文が同時に入りました。

mt4trade38

なお、IFD注文にも有効期限を設定することが可能です。

IFO注文を入れる方法

IFO注文とは新規注文と決済注文(決済指値と決済逆指値の両方)を同時に発注する注文方法です。

例えばドル円が「110円まで下がったら買う」という新規指値買い注文を出すと同時に「112円になったら売る」という利益確定のための決済指値注文も一緒に出し、さらに109円まで下がったら損切のための決済逆指値注文も出すとします。

以下画像をご覧ください。

mt4trade39

まずは通貨ペアと数量を入力。①の注文種別は「指値注文」を選択。②の注文種別は指値買いになるので「Buy Limit」を選択。(※もし逆指値買いの場合は①の注文種別は「指値注文」。②の注文種別は「Buy Stop」を選択します)。③の価格は110円になったら買うので「110」を入力。④の決済指値は112円になったら利益確定の売り決済を行うので「112」を入力。⑤の決済逆指値は109円になったら損切のための売り決済を行うので「109」を入力。全ての入力が終わったら赤矢印の「発注」をクリックすると注文が入ります。(IFO注文も有効期限を設定することが可能です)

発注確定後は以下画像のようにMT4のターミナルから確認できます。110円でのBuy Limit(指値買い)注文と109円での決済逆指値注文、112円での決済指値注文が同時に入ります。この注文を入れると「新規発注」「損切」「利益確定」が全て自動的に行われます。

mt4trade40

注文の取消方法

MT4で入れた予約注文(指値、逆指値、OCO、IFD、IFO)の取消方法をご説明しますので以下画像をご覧ください。

予約されている発注データの上で「右クリック」すると別ウインドウが開きますので、「注文の変更または取消」をクリックします。

mt4trade41

「注文の変更または取消」のクリック後には以下画像が表示されますので、赤枠の「注文の取消」をクリックすることで、予約注文が取り消されます。

mt4trade42

ワンクリック注文の方法

MT4ではワンクリックで「成行注文」ができる機能がありますので以下画像をご覧ください。

MT4の「ツール」→「オプション」をクリックします。

mt4trade43

以下画像の通りに「取引」タブを選択し、「ワンクリック取引」のチェックボックスにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

mt4trade44

次に以下画像の通りに、チャート上で「右クリック」をすると別ウインドウが表示されますので、赤枠の「ワンクリックトレード」をクリックします。

mt4trade45

チャート左上に以下のように「トレードパネル」が表示されます。使い方は赤枠内に発注するロット数を入力し、「SELL(売り)」または「BUY(買い)」のいずれかのボタンをクリックするだけです。

mt4trade46

なお補足として、ワンクリックトレードのトレードパネルは以下画像のように、通貨ペアの左側の「▼」をクリックすることでも表示させることが可能です。ワンクリックトレードは成行注文でしか使えませんが、非常にスピーディに注文することができる便利な機能です。

mt4trade46-2

成行決済方法

MT4での成行決済方法についてご説明いたします。保有しているポジションを今すぐに決済したい場合に必要な方法です。

以下画像のようにポジションデータを右クリックすると別ウインドウが表示されますので「決済注文」をクリックします。これだけで保有ポジションをすぐに決済することができます。

mt4trade47

MT4 EAでの注文方法

MT4 EAは新規注文から損切、利確の全ての注文を自動化したものです。そういう意味ではIFO注文のようですが、MT4 EAの場合はもっと高度な注文が可能です。

たとえばIFO注文では「価格がいくらになったら新規注文」「価格がいくらになったら利益確定(または損切)」といったように、必ず「価格」を基準にしなければなりません。

MT4 EAももちろん「価格」を基準に注文する事も可能ですが、「現在の価格が移動平均線を抜けたら買い」「短期移動平均線が長期移動平均線を下抜いたら決済」といったチャート分析を基準として注文を入れることも可能ですし、新規注文から何時間経過したら決済するというふうに、時間を基準として注文を入れる事もできます。

当社の開発しているMT4 EAも様々な状況を判断して、複数の注文方法の中から最適なものを自動的に選択するようなプログラミングがなされています。

なお当社のMT4 EAはすべて無料で提供しておりますので、ご興味のある方はブログ訪問をきっかにぜひ下のボタンより無料EAを取得されてください。

無料EA一覧

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村