FXトレードにおけるpips(ピップス)について

2018年12月11日

FXトレードでは共通の通貨単位としてpipsという単位が用いられます。pips(pipの複数形)の読み方は「ピップス」または「ピプス」となります。pipの意味を辞書で調ると「サイコロの目」と書かれていますが、FXの世界で使われているpipは「Percentage in point(「最小単位の1%」の意味)」の頭文字を取ったものであり、この他にも「price interest point(「利益の最小単位」の意味)の頭文字を取ったという説もあります。

またpipsは複数形であるため、1pip、2pips、3pips・・・と記述されることもありますが、たいていの場合は1pipも1pipsと記述されることが殆どです。その理由として、pipsは1pips、0.9pips、0.8pips・・・と小数点以下も存在するため1pipだけを単数形とするのは不自然であるからです。

今回はFXトレードの通貨ペアのスプレッド(売る場合と買う場合の差)(https://mt4-ea.com/blog/3573/)などでも使われる非常に重要な単位を示す用語「pips(ピップス)」について詳しく説明をしていきます。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社です。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンより無料EAをご取得ください。

MT4 EA

1pipsの基準となる価格は通貨ペアによって異なる

FXの世界ではドル円やユーロドルなど様々な通貨ペアで取引が行われていきますが、通貨ペアによって1pipsの基準となる位置が異なっています。

USD/JPY(ドル円)で説明すると、小数点以下第二位が1pipsの基準位置となります。つまり1銭を1pipsとして表します。

pips1

例えばUSD/JPYのスプレッドが2pipsとなっている場合は以下の通りとなります。

pips2

上記で説明をしたUSD/JPYだけでなくEUR/JPY(ユーロ円)、GBP/JPY(ポンド円)など右側が日本円の通貨ペアは全て小数点以下第二位が1pipsの基準となりますので覚えておきましょう。また現在、ほとんどのFX会社では、これらの通貨ペアは小数点以下第三位の桁までレートが付けられていますので、小数点以下第三位の部分は0.1pips単位ということになりますので合わせて理解しておきましょう。

次に、EUR/USD(ユーロドル)やEUR/GBP(ユーロポンド)など通貨ペアでの説明です。右側が日本円以外の通貨ペアの場合の1pipsの基準は小数点以下第四位となります。

pips3

例えばEUR/USDのスプレッドが2pipsとなっている場合は以下の通りとなります。

pips4

右側が日本円の通貨ペア以外の場合は、全て小数点以下第四位が1pipsの基準になりますので覚えておきましょう。現在ほとんどのFX会社では、日本円以外の通貨ペアは小数点以下第五位の桁までレートが付けられており、小数点以下第五位の部分は0.1pips単位ということになります。

少しややこしく混乱するかもしれませんが、通貨ペア名に「JPY」が入っていれば小数点以下第二位が1pips、それ以外は全て小数点以下第四位が1pipsの位置と覚えておくと良いでしょう。

通貨とpips(ピップス)の違い

FXを勉強していると通貨とpips、何が違うのか混乱してくる場合がありますので、ここでは先に進む前に通貨とは何か?に関しての説明をしたいと思います。

pipsについては、1pipsの基準はレートの小数点以下第二位あるいは第四位の位置であることは上記でご説明した通りです。pipsを1pips、2pips、3pips・・・と数えるように、通貨も1通貨、2通貨、3通貨・・・と数えます。1通貨の基準は何になるかというと、レートそのものになります。

例えばUSD/JPYの現在のレートが112.523円ならば1通貨は112.523円になります。レートはリアルタイムで常に変動しますので、1通貨の金額もそれに合わせて常に変動することになります。

pips8

この通貨という単位は主にトレードする際の発注量を決めるときに使用します。例えばUSD/JPYのレートが112.523円の時、1万通貨買うといったトレードをする場合のトレード金額は、以下のように計算します。

pips9

発注時に通貨という単位を使う理由については、トレード金額を使用すると単純に発注が面倒だからです。レートはリアルタイムで変動するのですから、発注金額をパソコンに打ち込む間でも変わってしまいます。そういった面倒さを避ける為に通貨という単位が使用されているのです。

ここまでを理解すれば次に説明するpipsを使用する意味が見えてくるでしょう。

pips(ピップス)を使う意味

FXトレードにおいて、pipsという共通の単位が使われる意味ですが、通貨の金額の変動の大きさを比較したとき分かりやすいからです。

例えばEUR/GBP(ユーロポンド)が0.02ポンド上がった、というのとUSD/JPY(ドル円)が1円上がったというのでは、どちらが大きくて小さいのかを比較することが分かりづらい。

pips5

pipsという単位を用いるとEUR/GBPが200pips上がった、USD/JPYが100pips上がったと共通単位で捉えることができるため比較がしやすくなります。FXトレードの収支比較をする場合でも、pipsで比較した方が便利なことはご理解いただけると思います。

pips6

ここからは具体例を用いて説明していきます。

AさんはUSD/JPYを10万通貨トレードして10万円の利益、Bさんは同じくUSD/JPYを3万通貨トレードして6万円の利益を獲得したとします。金額の比較ではAさんが多くの利益を得ましたが、 発注量をみるとAさんは10万通貨、Bさんは3万通貨とAさんの方が多くのお金を使っています。

次に獲得pips数に置き換えてみます。

1pipsは1銭、100pipsは1円ですので以下のようにpips値を算出することができます。

Aさん:10万円÷10万通貨=1円=100pips
Bさん:6万円÷3万通貨=2円=200pips

この計算によって、Aさんは100pips獲得して10万円の利益を上げ、Bさんは200pipsを獲得して6万円の利益をあげたことが分かります。

今回、もしAさんが200pips獲得したなら20万円の利益をあげたことになりますので、上手にFXトレードをおこなったのはBさんとなりますね。

このように、獲得pips数を読み解いていくことで、自分のトレードが良かったか悪かったかを具体的に比較し分析することができますのでトレード結果を分析していくのであれば獲得したpipsの値に注目していくと良いでしょう。

pips7

MT4 EAとpips

MT4 EAを利用したトレードでも、そのトレード成績はほとんどの場合pipsで表記されております。当社が無料でリリースしているMT4 EAに関しても、毎月ご使用者様に報告させていただくトレード成績は1部を除いてpipsで報告しております。

また当社がリリースするMT4 EAの中にはさらに1歩進んだ資金管理プログラムを搭載し、損益をpips単位で管理するのではなく損益率で管理しているMT4 EAも提供しております。

当社のMT4 EAはすべて無料で提供しておりますので、ご興味のある方はブログ訪問をきっかにぜひ下のボタンより無料EAを取得されてください。

無料EA一覧

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村