FXトレードでの通貨単位とロットとは

2018年04月10日

FXには「取引通貨単位」というものがあり、それはFX業者ごとにそれぞれ決められています。

たとえば、AというFX会社の米ドル取引通貨単位が「1000通貨以上1000通貨単位」と指定されている場合は、取引できる通貨単位は「1000ドル以上から」、そして、「1000ドル、2000ドル、3000ドル」というように1000の倍数をその通貨の取引単位として取り引きできます。

ちなみに取引通貨単位に使われる通貨は通貨ペアの左側の通貨になります。例えば米ドル/円ならば米ドルが取引通貨単位になりユーロ/米ドルならばユーロが取引通貨単位になります。日本円は通貨取引の世界ルールで必ず右側になるように決められていますので、日本円が取引通貨単位になることはありません。

tuukapea

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAは各FX会社の取引通貨単位のデータを取得し発注ロット数の算出などに利用しております。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

FXで使われる取引通貨単位

FXの取引通貨単位は、それぞれのFX会社で決められていると書きましたが、主に使われる単位としては以下のものがあります。

●1通貨単位―(1米ドル、1ユーロ、1ポンドなど)
●10通貨単位
●100通貨単位
●1000通貨単位
●10000通貨単位

 

取引通貨単位が大きくなれば、それだけ取引金額も大きくなります。

つまり、米ドルを10000通貨単位で取引する場合、1米ドル=100円の取引レートだとすると、10000通貨単位の一番少ない取引金額は100万円で、次が200万円といった単位で取引することになります。

最小取引単位とは

FX会社で取引可能な、もっとも小さな通貨単位のことを「最小取引単位」といいます。

以前は最小取引単位を10万通貨や1万通貨に設定しているFX会社が多かったのですが、最近ではFX初心者であってもお小遣い程度の金額から気軽にFXを始めることができるように、1000通貨単位で取引できるFX会社が増えてきています。

ちなみに海外の大手FX会社のXM社のマイクロ口座の場合は10通貨単位から取引することが可能です。

FX取引のロットとは

FXでは通貨単位の他にロット(Lot)と呼ばれる単位もあります。ロットというのは、まとまった通貨単位のことを指します。1ロットをどれぐらいの通貨単位にするかはFX会社によって異なりますが、海外のFX会社では1ロット=10万通貨単位としているところが多く、日本のFX会社では1ロット=1万通貨単位としているところが多いようです。ここで注意しなければならないのは1ロットというのは最小取引単位ではないということです。

たとえば最小取引通貨単位が1000通貨単位のFX会社があったとします。このFX会社が1ロット=10万通貨に設定している会社であれば、1000通貨は10万通貨の100分の1ですので、最小取引通貨単位をロット数にすると0.01ロットになります。この0.01ロットのことを「最小取引ロット」といいます。つまり

最小取引通貨単位「1000通貨」 = 最小取引ロット数「0.01ロット」

ということですので、このFX会社では0.01ロットから取引できるということになります。

1ロットを1万通貨に設定している会社であれば、1000通貨は1万通貨の10分の1です。最小取引ロット数は0.1ロットということになりますので、このFX会社では0.1ロットから取引できるといったぐあいです。

同じ1000通貨単位でも、そのFX会社が1ロットを何通貨単位に設定しているかでロット数が異なってくることを覚えておいてください。

aea3bb51eee33861d7dea1dccb51f368_s

FX口座種別によるロットの違い

1ロットが何通貨単位に設定されているかはFX会社ごとに違うということを説明しましたが、海外のFX会社の中には同じ会社内の口座でも、口座の種類によって1ロットが何通貨単位になるのかが異なる場合があります。

例えばXM社の場合ですとスタンダード口座とマイクロ口座というのがあります。スタンダード口座では1ロットを10万通貨に設定していますが、マイクロ口座の場合は1ロットを1000通貨に設定しています。

そして最低取引通貨単位はどちらの口座も0.01ロットです。つまりスタンダード口座では「0.01ロット=1000通貨単位」から取引することができ、マイクロ口座では「0.01ロット=10通貨単位」から取引することができることになります。

マイクロ口座では非常に少ない通貨単位で取引することができるため、資金が少ない方やFX初心者の方に好まれています。

最大取引ロットとは

取引できる最も小さなロット数が最小取引ロットといいましたが、逆に1回の取引で発注できる最も大きなロット数を最大取引ロットといいます。

最大取引ロットも最小取引ロットと同様に、FX会社やFX口座種別によって異なります。

FX会社が採用している最大取引ロットで最も多いのは50ロットあるいは100ロットです。

どれだけ潤沢な資金を持っていても、1度の取引で最大取引ロット以上の発注を行うことはできません。

海外各社の最小(最大)取引通貨単位とロット数

それでは弊社がおすすめする海外FX会社の最小(最大)取引通貨単位とロット数を紹介いたします。

FX会社別ロット数

海外の大手FX会社は大体どこも似たような状況です。その中でも1,000通貨よりも小さな最小取引通貨単位を持つのはXM社のマイクロ口座だけです。

その分マイクロ口座の場合は最大取引通貨が10万通貨に規制されていますが、FXトレードを少額で行う場合は十分でしょう。

MT4EAにおける取引通貨単位

MT4EAにおいて取引通貨単位は非常に重要になります。通常MT4EAでは発注ロット数を自動で計算しますが、そのさい必ず最小取引通貨と最大取引通貨のデータを利用します。

そして細かく発注ロット数をコントロールすることで、リスクを抑えたトレードが可能になります。

当社のMT4EAも全て各FX会社の取引通貨単位データを分析し、リスクコントロールを行っております。

なお当社のMT4 EAはすべて無料で提供しておりますので、ご興味のある方はブログ訪問をきっかにぜひ下のボタンより無料EAを取得されてください。

無料EA一覧

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村