MT4 EA > EA バックテスト方法

EA(Expert Advisor)のバックテスト方法(基本)

バックテストでは過去のチャートでEAを稼働させ、どのような推移となるのかを確認する事ができる。

EAを導入すべきか、しないべきかを判断する1つの材料として使用される事が多い。

サイトでご案内しているバックテスト方法は、ごく一般的な方法です。

当EAのバックテストは、各EA配布時に添付しておりますEA導入マニュアルに従い行って下さい。

バックテストの手順(Step.1 : 過去データのダウンロード設定)

MT4プラットフォームにログインし、ツールバーの「ツール」→「オプション」をクリック。

以下の画面が表示されるので、タブから「チャート」を選択。

「ヒストリー内のバーの最大数」「チャート表示バーの最大数」に9を「99999999999999」14回入れ、OKをクリック。

これにより、MT4内のバックデータを最大限にダウンロードできるように設定を行った事になる。

再度チャートを確認すると「99999999999999」が「2147483647」と変更されていますが気にしなくても結構です。

ex4ファイル挿入(Step.2)
矢印

バックテストの手順(Step.2 : 過去データのダウンロード)

ツールバーの「ツール」→「Hisutory Center」→「Forex の +」をクリック。

バックテストを行いたい通貨ペアをダブルクリックすると、1Minute(M1)...etcが表示される。

ここでは1Minute(1分足)を選択。Download Warningが表示されますので、OKを選択。

ダウンロードが完了まで少々時間がかかります。最後に、閉じるボタンをクリック。

ex4ファイル挿入(Step.2)
矢印

「外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求 めてください。」