ヒストリカルデータの設定

ヒストリカルデータとは

ヒストリカルデータは日本語で履歴資料などと訳すことができます。FXの世界でも同様に過去の通貨ペア毎の値動きデータ(履歴資料)をヒストリカルデータと呼んでおり、Metatrader4(MT4)が利用できるFX会社の多くが独自のヒストリカルデータをダウンロード形式で提供しています。

ヒストリカルデータはMT4に簡単にインポートをすることができ、インポート後は導入を検討している各自動売買ソフト(EA)が過去においてどのような結果を残したのかをシミュレーションすることが可能となります。つまり、どのEAを利用すれば将来の利益獲得に繋がりやすいのかを見極めることができるようになるため、自動売買をおこなうFXトレーダーには重要な判断要素の一つになっています。

なお、ヒストリカルデータのデータ精度は各FX会社により異なります。MT4の開発会社「MetaQuotes社」でもヒストリカルデータの提供をしていますがEAの良し悪しを判断できる程の高精度データとはなっていませんので、当社サイトでは高精度なヒストリカルデータを提供しているFXDD社のヒストリカルデータを利用して、インポート方法をご案内します。

ヒストリカルデータのダウンロードページにアクセスする

ステップ1

当サイトでは、高精度なヒストリカルデータを提供しているFXDD社のページにアクセスをして、ヒストリカルデータをダウンロードします。

FXDD社でダウンロードをしたヒストリカルデータは、XM社などのMT4にも問題なく導入が可能です。まずは以下のURLにアクセスしてください。

http://www.fxdd.com/us/en/forex-resources/forex-trading-tools/metatrader-1-minute-data/

ヒストリカルデータのダウンロード

ステップ2

FXDDのダウンロードページに進むと以下のような画面が現れますので取得したい通貨ペアのデータを選択してください。通貨ペアをクリックすることでダウンロードが始まりますので、完了後はデスクトップなどの適当な場所で保管してください。

ダウンロードしたヒストリカルデータは圧縮されていますので、ダウンロード後は解凍作業をおこなってください。

なお、当ページでは通貨ペア「EUR/USD」のヒストリカルデータをダウンロードして説明していきます。

ヒストリカルデータのダウンロード

MetaTrader4の設定

ステップ3

Metatrader4を開き、上部ツールバーから「ツール」→「オプション」と進んでください。

「オプション」を選択

チャート項目の中に「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」があります。「ヒストリー内の最大バー数」とは、MT4に保存できるヒストリカルデータの本数です。「チャートの最大バー数」とはチャートに表示できるヒストリカルデータの本数です。

初期設定のままではダウンロードしたヒストリカルデータのすべてを、MT4にインストールすることができないので、それぞれのボックス内に最大値である「9999999999999999」を入力し、最後にOKボタンを押してください。

ボックス内に最大値を入力

再度、「ツール」から「オプション」を開くと以下画像の、赤枠のように現状の最大の値が表示されていることが確認できます。ここではまだ設定した最大バー数はMT4に適用されていません。いったんMT4を閉じて再起動させてください。

最大値の確認

チャートの設定

ステップ4

通貨ペアを表示させます。

当ページでは「EUR/USD」のヒストリカルデータをダウンロードしましたので、Metatrader4の上部ツールバーから「ファイル」→「新規チャート」→「EURUSD」と進みます。

新規チャートを開く

左側赤枠にある「M1」を選択して表示チャートを1分足にします。

チャートの設定2

MT4に格納されているヒストリカルデータを削除

ステップ5

新しくヒストリカルデータをインストールする前に、ヒストリカルデータの混同を避けるため既存のヒストリカルデータを削除する作業をおこないます。

メニューの「ファイル」→「データフォルダを開く」→「history」と進みます。

ヒストリカルデータを削除

「history」内に使用している口座(デモまたはリアル)のフォルダがあるのでクリックし開きます。

当ページではデモ口座にヒストリカルデータをインストールします。

ヒストリカルデータを削除2

フォルダを開くとHSTファイルという種類のファイルがあります。ファイル名は「通貨ペア名+時間足」で表示されています。たとえば「EURUSD30」とあればEURUSDの30分足のヒストリカルデータということです。

今回はEURUSDのヒストリカルデータを新たにインストールしますので、既存のEURUSDのヒストリカルデータを全て削除します。

削除を実行する前に、ここでMT4をいったん閉じます。MT4を開いたまま削除を実行すると、削除したヒストリカルデータが再生成されてしまいます。

画像の赤枠の部分がEURUSDの全ての時間足のヒストリカルデータになるので「Delete」にて削除します。

ヒストリカルデータを削除3

削除が完了したら、ヒストリカルデータが格納されていたフォルダを閉じて、MT4を再起動させます。

ヒストリカルデータのインストール

ステップ6

STEP2でダウンロードしたヒストリカルデータは、1週間ほど前までのデータしか入っておりません。そのため直近のヒストリカルデータをダウンロードしておく必要があります。

STEP5で再起動させたMT4のEURUSD1分足チャートを開き、左側赤枠にある「マイナス虫眼鏡マーク」がグレー色になるまで押します。(チャート最小化作業)

そして右側赤枠のように「自動スクロール機能」が凹んでいない状態にします。(無効化作業)

ヒストリカルデータのインストール

次に、パソコンのキーボードの「Page UP」ボタン、「Home」ボタン、「方向キーの左」ボタンのいずれかを押すとチャートが過去に遡っていきますので、チャートの動きが止まるまで長押しします。

上記完了後は「MT4」を閉じて、直近のヒストリカルデータをMT4に反映させるためにMT4を再起動させて下さい。

MT4が再起動したら上部ツールバーから「ツール」→「ヒストリーセンター」と進みます。

右のような画像が表示されますのでEURUSDの通貨ペアでヒストリカルデータを設定する場合は、「EURUSD」→「1分足(M1)」を選択し、最後にインポートボタンをクリックします。

ヒストリカルセンターの設定

以下画像が表示されますので、参照ボタンをクリックします。

参照ボタンをクリック

当ページ上部でダウンロードをおこなった「EUR/USD」のファイルからヒストリカルデータ「EURUSD.hst」を選択します。見つからない場合は以下画像の中央赤枠部分が「MetaQuotes files(*.hts)」になっていない可能性があります。選択完了後は開くボタンをクリックします。

開くボタンをクリック

ファイルが選択され、以下のようにヒストリカルデータが表示されますのでOKボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

以下のような画面に切り替わりますので、閉じるボタンで画面を閉じてください。

画面を閉じる

ここでインストールしたヒストリカルデータをMT4に反映させるために、MT4を閉じて再起動させます。

5分足から日足までのデータ作成

ステップ7
上部ツールバーから「ファイル」→「オフラインチャート」と進みます。

右のような画像が表示されますので、「EURUSD,M1」を選択をして「開く」ボタンをクリック。
MT4の画面上に「EURUSD,M1(offline)」のチャートが現れます。

データ作成

MT4左側のナビゲーター(下画像)から「スクリプト」→「PeriodConverter」をクリックします。

データ作成2

次は、パラメーターの入力タブを選択します。

値を「5」としてOKボタンをクリックしてください。

パラメーターの入力タブを選択

再度、ナビゲーターから「スクリプト」→「PeriodConverter」をクリックします。

Period_converterを停止して…?という警告文が表示されますが「はい」を押してください。

今度はパラメーターの値を「15」としてOKボタンをクリックします。

この作業を「30」、「60」、「240」、「1440」と作成していきます。

パラメーターの値を入力

最終確認作業

ステップ8
上部ツールバーから「ファイル」→「オフラインチャート」と進みます。

以下のようにEURUSDデータがM1からDailyまで作成されていたら成功です。

ヒストリカルデータのインストール作業は完了です。
オフライン・チャートリストのキャンセルボタンをクリックし、EURUSD1分足のofflineチャート、MT4を閉じて、MT4を再度起動させてください。

※ 再起動を行わなければデータ反映されません

インストール作業完了

ヒストリカルデータの設定が完了後は、いよいよバックテストが可能となります。詳しくはバックテストの方法ページをご覧ください。