MT4 EA > NEWS > 2015 NEWS > 7月1日

6月のEA稼動は好調だったが、ギリシャ問題により市場が不安定。

6月のEA成績は好調ではありましたが、先週末からの週明けにかけてのギリシャデフォルト問題により最終的に損失をこうむる結果になりました。

 

しかし、先日のメルマガとニュースにてギリシャ動向への注意を促した為、多くのEA利用者が、稼働停止やロット調整をおこなったと思われますので最終的にはプラストレードとなった方も多かったのではないでしょうか?

 

7月についてもギリシャ問題への注意が必要です。

7月5日の国民投票の結果により、市場が混乱する可能性がありますので3日から5日を過ぎた付近のEA稼動は控えた方が良いでしょう。

 

また、通常第一金曜日に発表されるアメリカ雇用統計が、今月は米国祝日により2日の木曜日に発表されますのでご注意下さい。

 

◆ 2015年6月のEA結果

以下、( )内の結果はギリシャのデフォルト問題ニュース時にEA稼動を停止していた場合の結果です。

 

・SepTimeMethod +42.2pips(+42.2pips)

・TLBreak3 -1.2pips(-1.2pips)

・W_Entry_System3 -51.1pips(+174.7pips)

・4MAsFX -139.6pips(+104.0pips)

・Proto7V3 -177.9pips(+105.8pips)

 

◆ 7月の注目経済指標

7月2日 欧 ECB理事会議事要旨(20:30)、米 雇用統計(21:30)

7月5日 ギリシャ国民投票

7月8日 米 FOMC議事要旨(27:00)

7月10日 米 イエレンFOMC議長発言(25:00)

7月16日 米 ドラギECB総裁発言(21:30)

7月29日 米 FOMC政策金利発表(27:00)

 

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。


「外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求 めてください。」