MT4 EA > NEWS > 2011 NEWS > 12月18日

12月後半のEAトレードはご慎重に。

毎年、12月後半の相場は、通貨流通量が減少し為替レートが通常と異なる動きになっています。

このような背景から、2011年12月後半のトレードについては通常よりもロット数を抑え

た取引とする事が良いと考えます。

 

また、当EAについては年明けになると好成績が望めるデータが出ております。

これらは過去のデータ上の話であり、この情報が絶対的に正しいとは言い切れませんので参考としてお考え下さい。

 

◆以下は詳細な分析データとなります。

12月24日から12月31日までの平均出来高と10、11月の平均出来高を2008~2010年の各年で比較したものとなります。

MT4の出来高とはTickがどれだけ動いたかと言う事です。

 

---◇1日平均出来高-------------------------------

2008年10~11月 108,489

2008年12月24日~31日 56,940(10~11月の56.0%)

2009年10~11月 101,682

2009年12月24日~31日 50,741(10~11月の49.9%)

2010年10~11月 67,983

2010年12月24日~31日 43,322(10~11月の63.7%)

--------------------------------------------------

 

総じておおよそ、通常の半分程度のTick数しかありません。

Tick数が少ない=相場参加者が少ないと言えます。

BT結果も12月24日~31日の間では微妙な成績となっています。

(※ 但し必ず損失が発生するとも言い切れません)

 

更に、1月2日~7日の成績をバックテストで確認するとほぼ毎年プラスの成績を出しているとの結果が出ています。

この期間の1日平均出来高を前年10~11月と比較すると

 

-------------------

2009年  86.1%

2010年  82..3%

2011年  114.2%

-------------------

 

通常より若干出来高は少ないものの通常値に近いといえます。

2011年に関しては、通常よりも15%近くも増えています。

 

よって当サイトとしては年末はロット数を少なく、年始には通常ロットに戻すという資金管理が良いと考えました。

参考いただければ幸いです。

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。


「外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求 めてください。」