MT4 EA > NEWS > 2010 NEWS > 1月20日

【重要】バックテスト結果とリアルトレード結果を一致させる対策

この度、バージョンアップEA『Ultima3.0』を配布させていただきましたところリアルトレードとバックテストでリミット、ストップのそれぞれの値が異なるという報告が7名の方(全体の1%程度)から寄せられました。想定値ですが、全体の3%の方で同様の症状が起こっているのでは?と想定しております。

プログラムのバグを疑い全て見直しましたが、問題点はありませんでした。

MT4のエントリー時に使用するTickデータ処理に問題があるのではと推測をたてリミット値、ストップ値を決定する際に使用する、1分足、60分足、日足のチャートも一緒に起動させたところ、バックテストと同じリミット値、ストップ値をとりました。

MT4自体のTickデータ処理に関しては、アルゴリズムを知る事はできませんので原因の詳細を特定することは困難ではありますが、上記の方法で、リミット値、ストップ値の誤差は改善することができましたのでEAご使用者の皆様は、添付URL(画像)を参考に、時間足を起動させEAを稼動させて下さい。各時間足のレイアウトは自由にしていただいて結構ですし最小化して、画面に表示させないようにしても問題ございません。

DercSystemⅡ・DercSystemProfitⅡご利用の方も念のため、URLを参考に 設定頂きますようお願い申し上げます。

◆Ultima3.0を使用の方
http://mt4-ea.com/news/img/ultima3.0.jpg

◆DercSystemⅡを使用の方
http://mt4-ea.com/news/img/dercsystem2.jpg

◆DercSystemProfitⅡを使用の方
http://mt4-ea.com/news/img/dercsystemprofit2.jpg


「外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求 めてください。」