7月の取引結果 過去にない複雑な相場展開

[更新日:2015年08月03日]

2015年7月の為替取引が終了しましたが、今回は過去にはない複雑な相場展開となり、MT4 EAにとっては2015年で最も難しい相場となりました。

結果的にはリリースをしている5つの無料EAのうち、3つのEAが勝利をし、2つのEAが損失を被った展開となりましたが、損失額が比較的大きくなった点が悔やまれます。

今回の相場は、ギリシャ問題、中国株の急落、普段は全く注目されていない指標アメリカ雇用コスト指数(33年ぶりの低水準)に市場が反応するなど、予測困難な出来事が多く、残念ながら避けられない損失でありました。

2015年8月はアメリカの利上げについての関連情報に注意が必要となります。市場では年内利上げが確実であると見ており、利上げ時期は9月か12月とみられており、8月におこなわれる雇用関連指標と物価関連指標が利上げの重要な判断材料となりそうですのでご注意ください。

また、イギリスもインフレ懸念により「利上げ時期に近づいている」と発言をしています。そのため、8月6日の英中銀金利発表にも要注意となります。

なお、現在リスク対策が取りづらいのは中国株の値動きです。中国株の急騰急落のニュースが発表された際は、MT4 EAの発注量を調整した方が良いでしょう。

■2015年8月のEAトレード結果

・SepTimeMethod   +326.8pips
・Proto7V3      +86.9pips
・4MAsFX       +40.4pips
・TLBreak3      -243.5pips

・W_Entry_System3  -565.0pips

 

■8月の注目経済指標

8月5日 米 ADP雇用統計(21:15)
8月6日 英 英中銀金利発表(20:00)
8月7日 米 雇用統計(21:30)

8月19日 米 消費者物価指数(21:30)、FOMC議事要旨(27:30)

※8月3日よりギリシャ株式市場が再開します。再開後数時間は為替市場も影響を受ける可能性があります。8月3日の日本時間16:00前後はご注意ください。

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。