8月のEA取引は予想通り

[更新日:2013年09月01日]

2013年8月が終わり、7月に当社がメルマガ、ホームページでお伝えした、予想通りの相場展開となりました。

欧米のサマーバケーション期間の影響で、8月半ば付近からはボラティリティが低下し、ティック数は平均値の半分近くまでの低下となりました。相場の不安定さが影響してMT4 EAも安定感に欠き、不安定な取引となりました。

8月半ば頃よりロット調整、EAの停止などの対策を実行された方はリスクを最小限に抑えられたのではないかと思います。

9月は、サマーバケーションも終了し、通常相場に戻ると予想をしていますが、9月6日(21:30)に発表される雇用統計と、9月19日(日本時間早朝)に発表されるFOMCの前後はリスク回避策としてのポジションの調整をおこなうことをオススメします。

これ以外の相場展開については激動場面は少ないと予測しておりますので通常稼働で問題がないと考えています。

なお、9月10日には最新のEAをリリースする予定となっております。今回のMT4 EAは複数インジケーターを同時に監視して、高勝率の場面でエントリーするEAであり、少額資金でも運用ができます。

ナンピンマーチンゲール手法のEAではありますが、通常のナンピンEAのように限りなく損失が膨らむようなロジックは採用しておりませんので安心してご利用いただけるのではないかと考えています。

■2013年8月のMT4 EAトレード結果

・MultiCustomEA      +54.0pips
・W Entry System2     -105.1pips

・Proto7          -304.7pips

※Multi Customは、独自カスタムEAの為ご参考まで。

※「TripleTacForex」「10MaxEA」は他社EAの成績はサポート対象外の為、ご自身で結果調査頂きますようお願いいたします。

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。