ヒストリカルデータのダウンロード

ヒストリカルデータのダウンロード

ヒストリカルデータのダウンロードイメージ

ヒストリカルデータの詳細は下部の「ヒストリカルデータとは」で説明しておりますのでご覧ください。

当社ではFXDD社が提供しているヒストリカルデータが最も精度が高いと考えており、この項目ではFXDD社が提供しているヒストリカルデータのダウンロード方法をご案内します。

ヒストリカルデータはMT4自体からダウンロードすることも可能ですが、EAの良し悪しを判断できる程の高精度なヒストリカルデータではありませんので、当社ではMT4からダウンロードできるヒストリカルデータの使用は避けるべきだと考えています。

FXDD社のヒストリカルデータのダウンロードは非常に簡単で、以下のURLにアクセスするだけで各通貨ペア(1分足)のヒストリカルデータが表示され、ご希望の通貨ペアを選択をすればデータのダウンロードが可能となります。ダウンロードをしたデータはデスクトップなどの適当な場所に保存ください。

また、FXDD社が提供しているMT4と、XM社が提供しているMT4のサーバー時間は同じであるため、FXDD社よりダウンロードをしたヒストリカルデータはそのままXM社のMT4で使用することも可能です。FXDD社が提供しているヒストリカルデータは1分足データのみですが、他の必要な時間足データは1分足データをインポートしたのち、MT4上で作成することができます。是非以下のリンクよりヒストリカルデータをダウンロードしてみてください。

http://www.fxdd.com/us/en/forex-resources/forex-trading-tools/metatrader-1-minute-data/

FXDD社のヒストリカルデータ

ヒストリカルデータをMT4にインストールする方法

ヒストリカルデータをMT4にインストールして、設定をおこなう方法は以下のリンクよりご確認ください。

バックテストを正しく実行する方法は、以下のリンクよりご確認ください。

(ヒストリカルデータをMT4に正しくインストールした後にご覧ください。)

ヒストリカルデータとは

ヒストリカルデータ

ヒストリカルデータは日本語で履歴資料と訳すことができ、過去の為替相場を記録したデータのことをヒストリカルデータと呼びます。

ダウンロードをしたヒストリカルデータはMT4に導入することができ、過去数年分のヒストリカルデータをMT4にインポートすることで、使用予定のMT4 EAが過去数年間においてどのような取引をおこなったのかを確認することが可能となります。過去の取引を知るための作業をバックテストと呼び、EA導入前の重要な確認作業とされています。

重要ポイントとして、過去の取引内容を知ることのできるバックテスト以上に重要となるのは「フォワードテスト」。そして最も重要なのは「リアルトレード結果」です。バックテスト結果はあくまでもテスト結果であることを理解することが大切です。

バックテスト結果のカラクリ (※フォワードテストの前に)

バックテスト結果のカラクリ

インターネット上で配布・販売されているMT4 EAのほとんどが、バックテスト結果(Strategy Tester Report)を開示していますが、その9割以上がMT4 EA制作時のバックテスト結果であり、真っ直ぐな右肩上がりのグラフを見せています。

しかし実際のトレードで、真っ直ぐな右肩上がりを続けるEAはまず存在しないため注意が必要です。例えば、MT4 EAを取得した日付が2017年6月末である場合、バックテスト結果(Strategy Tester Report)をみた時に、期間が「2011.01.01 10:00 – 2017.04.30 10:00」となっていれば、5月分と6月分のトレード結果が抜けていることになりますので、EAを購入・取得する前に「5月分と6月分の取引データが見たい」と開示要求をしてみるのも良いと思います。

もし開示をしてもらえない場合は、そのEAの購入には慎重になる必要があります。というのも実は、仕上げたばかりのEAは「パラメータの最適化」という作業によって、どんなEAでも右肩上がりのグラフにできるというカラクリがあります。このような背景から、バックテスト結果はあくまでも参考として考え、重要であるのは実際のトレード結果であるということを理解することが大切です。

フォワードテストとは

フォワードテストとはイメージ

フォワードテストとは、実際の取引がどのようなトレード結果となるのかを確認するためのテストです。

フォワードテストは、デモ口座を開設してデモ環境にてEAを実際に動かしてテストする方法が一般的です。当社で案内をしている海外FX会社の場合、デモ環境とリアルトレード環境が同様の値動きを示しているため、実際のリアルトレードの環境と同様のトレード結果が取得できます。

他社でEAを取得した際に推奨するフォワードテスト期間は、1ヶ月程度。当サイトで配布しているEAも、少なくとも1ヶ月間のフォワードテストをおこなった後に、皆様にEA配布をおこなっています。

またフォワードテストをおこなったさいに確認すべきことは、「取引頻度(トレード数)」、「口座資金に対しての発注ロット数」、「勝率」、「ドローダウン率」、「利益率」などがあげられます。そしてフォワードテストをおこなった期間のバックテストをおこない、フォワードテストの成績と大きな差異のない結果が得られているかを確認することで、EAが正常に稼動していたことが分かります。