2013年9月FOMC直前情報

2013年09月18日

9月18日27:00(19日3:00)にFOMC政策金利が発表されます。

量的緩和が実施されるか、非常に注目されておりますので為替レートの瞬間的な大きな変動が予想されます。

市場は少ないながらも緩和縮小される、との予想ですがこればかりは発表されるまでは分かりません。

 

急激な為替レートの変動はEAにとって大敵です。

現在お持ちのポジションがあればロット調整や手仕舞いを行うことをおすすめするとともに、本日昼以降のエントリーに関しては同様にロット調整及び稼動停止などの措置を取られた方がよいでしょう。

 

また急激なレート変動があっても市場がおりこんでいる以上のサプライズが無い限り、数時間後には変動も落ち着きを見せるでしょう。

EAの通常稼動は相場変動の落ち着きを確認された後に行ってください。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

2013年9月雇用統計前情報

2013年09月05日

明日9月6日、日本時間21:30にアメリカの8月失業率が発表されます。

先月の米雇用統計発表後の失業保険申請件数と失業保険継続受給者数件数の推移を見てみると

 

<8月8日>

・新規失業保険申請件数 33.3万件

・失業保険継続受給者数 301.8万人

<9月5日>

・新規失業保険申請件数 32.3万件

・失業保険継続受給者数 295.1万人

 

若干の改善は見られますが、前回の雇用統計直前のデータを見ると

<8月1日>

・新規失業保険申請件数 32.6万件

・失業保険継続受給者数 295.1万人

 

ほとんど9月5日のデータと比べて変化がありません。

ですので、明日の失業率も前回の7.4%から大きな変化はないのではと予想されます。

 

ただし、失業率と同時に発表される非農業部門雇用者数、民間部門雇用者数の内容次第では大きな変動があるかもしれません。

現在保有中のポジションの調整、新規ポジションのロット調整、EAの稼動停止など雇用統計発表に備えておかれることをおすすめいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

MT4EAの正しいバックテストの方法(ストラテジーテスター編)

2013年08月05日

MetaTrader4(MT4)のストラテジーテスターを使用した、正しいバックテスト方法を説明します。

MT4にヒストリカルデータをインポートしていない場合は、MT4EAの正しいバックテストの方法(ヒストリカルデータ編)をご覧下さい。

 

1.MT4の設定

 

メニューの「ツール」→「オプション」をクリックする。

 

 

「エキスパートアドバイザー」をクリックして、赤枠で囲った部分にチェックを入れ「OK」をクリックする

imageMT4EAの正しいバックテストの方法(ストラテジーテスター編)の続きを読む

MT4EAの正しいバックテストの方法(ヒストリカルデータ編)

2013年08月04日

EURUSDのヒストリカルデータを利用したMT4EAのバックテスト方法について説明します。

 

まずはヒストリカルデータのダウンロードとインポートです。

 

1.ヒストリカルデータをダウンロードする。

 

ダウンロードページはこちら   EURUSDをクリックして適当なところ(デスクトップなど)にダウンロードします。

 

 

ヒストリカルデータは圧縮されているので解凍しておきます。

imageMT4EAの正しいバックテストの方法(ヒストリカルデータ編)の続きを読む

MT4EAバックテストのヒストリカルデータの重要性

2013年08月03日

MetaTrader4(MT4)でバックテストを行うにはヒストリカルデータという過去の値動きのデータが必要になります。

 

ヒストリカルデータは1分ごとの始値、終値、高値、安値が記録されたいわゆる四足値といわれるものです。

 

 

この1分足のデータはMT4のヒストリーセンターからダウンロードすることができます。

 

そしてこのダウンロードした1分足データから5分足や15分足など他の時間足を生成することで、バックテストを行うことが可能になります。

 

 

ただここで問題があります。

 

MT4のヒストリーセンターからダウンロードできる1分足データは、MT4を開発したMetaQuotes社が提供しているものですが、このデータは足抜けが多く精度も非常に悪いため、あまり良いデータとは言えません。

 

また、サーバー時間もFXDDのものとは一致しないので、時間フィルターを使用しているEAだと正確なバックテストを行うことができません。

 

 

この問題を解決するのがFXDD社が提供している1分足データです。

 

FXDD社のヒストリカルデータは比較的精度も高く、当然FXDDのMT4サーバー時間とも一致しています。

 

 

スプレッドの拡大縮小もありますので、バックテスト自体が完全に過去の取引を再現できるものではありませんが、EAの特徴を判断するにはFXDD社の提供するヒストリカルデータで必要十分でしょう。

 

 

FXDDのヒストリカルデータはこちらから入手できます。

 

使用方法についてはMT4EAの正しいバックテストの方法(ヒストリカルデータ編)をご覧下さい。

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

 


FXシステムトレード ブログランキングへ