FXトレードでのスプレッド

2017年10月24日

スプレッドとは通貨を買う場合のレートと売る場合のレートの差額のことで、各FX会社が独自にスプレッドを設定して提供しています。スプレッドがあることで実際のトレードでどのようなことが起こるのかを説明します。

spr_1

上部の画像は、1ポンドあたりの日本円の価格をあらわしたものです。

画像をみると、通貨を買う場合のレート(ASKとも言います)は「148円334銭」となっています。そして仮に買った瞬間にすぐに売った場合の売りレート(BIDとも言います)は「148円324銭」となっています。

(売りレート)148円324銭 - (買いレート)148円334銭 = -0.01銭

このように、レートは全く動いていないにも関わらず、0.01円の損をすることがわかります。この0.01円がスプレッドであり、いわばトレードする時の手数料になります。

最近では、ほとんどのFX会社が「手数料無料」を宣伝文句としてうたっていますが、この手数料というのは「スプレッド以外の手数料」が無料というわけです。つまり「スプレッド以外の手数料はいただきません」という意味になります。

スプレッドはトレードをするうえで、損益に直結する非常に大事なもので、今回はこのスプレッドについて説明をしてまいります。

なお、当社はMT4 EAの開発を専門に手がける会社ですが、当社が作成するMT4 EAもスプレッドを十分に考慮して作成しています。MT4 EAにご興味のあるかたは以下のボタンから無料EAをご取得ください。

MT4 EA

スプレッドの単位

スプレッドの単位で「円」が使われることはなく、通常は「銭」にてあらわされます。たとえば先ほどの「0.01円」は「1銭」に相当しますのでスプレッドは「1銭」です。

ただこの言い方ですと、「米ドル/円」、「ユーロ/円」や「ポンド/円」など日本円がからんでいる通貨ペアの場合には問題ないのですが、ユーロ/米ドルなどの場合は単位が米ドルになりますのでスプレッドは「0.01米ドル」と言わなければならなくなります。またユーロ/ポンドなどの場合はスプレッドは「0.01ポンド」といった具合です。

そうなると単位が統一されずにややこしくなりますので「pips(ピップス)」という単位が使用されます。

日本円がからんだ通貨ペアの場合はレートの百分の一の位、つまり1銭が1pips。スプレッドが0.02円ならば2銭となるので2pipsとなります。

日本円がからんでいない通貨ペアの場合は全て、レートの1万分の一の位が1pipsになります。ご説明をしますので以下をご覧ください。

spr_2

これはポンド/米ドルのレートです。

(売)1.31129ドル - (買)1.31139ドル = -0.0001ドル

つまり、スプレッドは1pipsです。

FX会社によって、スプレッドの表示方法は二種類あることをご理解ください。

・全ての通貨ペアを「pips」で表示する

・日本円のからんだ通貨ペアのスプレッドは「銭」、それ以外は「pips」

繰返しになりますが「銭」で表示されたスプレッドは、そのまま「pips」だと思って頂いてかまいません。「スプレッド5銭」と表示されていれば、それは「スプレッド5pips」と同じ意味です。

表示方法はこの二種類しかありませんので迷わないようにされてください。

FX会社によるスプレッドの違い

スプレッドは世界共通のものではなく、FX会社によって個別に設定されています。日本のFX会社の場合、ほとんどの顧客が日本人です。そのため、日本人に人気のある通貨ペアである米ドル/円のスプレッドを安く設定し顧客を呼び込む傾向があります。

海外のFX会社の場合、日本人以外の顧客が多くいます。世界のFX市場で一番人気のある通貨ペアはユーロ/米ドルです。そのため、会社の戦略的にユーロ/米ドルのスプレッドを安く設定している会社が多いようです。

それでは、日本のFX会社のスプレッドの例を見てみましょう。以下をご覧ください。

spr_3

各社で随分違う印象を受けます。ポンド/円にいたっては、一番安いところと一番高いところの差が3pipsもあります。

スプレッドは手数料ですので、単純に考えるとスプレッドが一番安いFX会社に顧客が集中しそうな気がしますが、実際はそんなこともなくスプレッドが少し高いFX会社でも人気のあるところはたくさんあります。

それはFXトレードを行ううえで重要なことはスプレッドだけではないからです。たとえばFX会社が提供しているチャートシステムです。チャートはFXトレーダーにとっては車のナビゲーションのようなものです。ナビゲーションを頼りにする場合、性能が悪くなれば道を外してしまう可能性がありますので悪影響となります。どれだけスプレッドを安く設定していてもチャートの性能が悪い会社は、トレーダーから敬遠されるでしょう。以下をご覧ください。

spr_3_1

A社はスプレッドが安いのですが、チャート機能はB社より相当落ちます。B社のチャートは分析ツールが充実していてトレードの方向性が判断しやすく、チャート上から発注を行うのもワンクリックで発注できます。

対して、A社の場合はチャートの分析ツールが乏しく、また発注もいくつかの手順を踏んで操作しなければなりません。これではトレードチャンスを逃してしまうおそれもあります。

またスプレッドは固定されている業者と変動する業者がありますが、最近一番多いのは「原則固定」としているFX会社です。スプレッドが「原則固定」のFX会社は、値動きが安定している時間帯こそ固定されたスプレッドが提供されますが、経済指標発表時などの為替変動が激しい相場の場合はスプレッドが広がってしまいます。

例えば米ドル/円のスプレッドを0.3pipsとしておきながらも、値動きが激しくなる経済指標発表時には急にスプレッドが広がり20pips以上になる業者もあります。

経済指標発表時は値動きが大きくなりますので、FXトレーダーにとっては大きな利益を出しやすいトレードチャンスとも考えることができます。そんな時に急に手数料が高くなるのは困り物ですね。実は低スプレッドを売り物にしているFX会社の多くがこのタイプになりますので注意が必要です。

FXトレーダーによっては複数のFX会社に口座開設をし、経済指標発表時はスプレッドが広めであるが経済指標時にスプレッドが広がりにくいFX会社でトレードし、それ以外の時間帯ではスプレッドが狭いFX会社でトレードするという、FX会社を使い分けたFXトレーダーも多くいます。

また、FX会社の選択で重要となるのがFX会社のサーバーの強さです。FX会社にとってサーバーとは、顧客からの注文を処理する非常に重要な部分です。このサーバーが脆弱なものだと、顧客の注文が集中したとき処理がしきれず、注文が通るのが遅れたりすることがあります。この注文が遅れることを「スリッページ」といいFXトレーダーにとっては大きな問題になります。

トレード時のスリッページ

スリッページはFX会社のサーバーが脆弱なため、発注された注文をさばききれずに注文が通るのが遅れたときに発生します。以下をご覧ください。

spr_4

米ドル/円を110円で購入して、110.2円で売るというトレード戦略を立てたとします。

この通りトレードすれば20pipsの利益になります。しかし実際に発注を行うと、発注した時に注文が通らずレートが110.1円になった時に注文が確定しました。10pipsのスリッページです。その後、当初の予定通り110.2円になった時<に決済しました。

本来ならば20pipsの利益が出るはずが、10pipsスリッページしたため利益が10pipsになってしまいました。

仮にこのFX会社の米ドル/円のスプレッドが0.3pipsときわめて安いものだとしても、こうしたスリッページが頻繁に起こるのでは、結局スリッページによる損失まで含めると、かなりの手数料を払うことと同じになってしまいます。

先の例ではトレーダーにとって不利になるスリッページでしたが、スリッページすればトレーダーに得になるケースもあるのではと思う方が多いのではないでしょうか。

先ほどの例でいくと、110円で発注し109.9円で注文が確定する場合です。この場合に110.2円で決済すると30pipsの利益になり、スリッページが起きたぶんトレーダーは得したことになります。

spr_5

しかし、なぜかこういった事はほとんど起こりません。トレーダーに得になるスリッページが発生した時は、注文自体が通らず拒否される事が多くなります。

なぜそうなるのか確たる証拠がないので何とも申し上げることはできないのですが、そういう傾向があるということは覚えておいてください。

ともかくスリッページもまた手数料と同じ意味をもちますので、いくらスプレッドが安いFX会社でもスリッページが多い会社は避けるのが良いでしょう。

スリッページの多さやスリッページ幅を確認する方法は、実際に自分で取引してみるしかありません。インターネットで口コミなどを見て、スリッページが多いという評判がたくさんのせられている業者は最初から避けても良いですが、そこまで多くない場合は自分で確認するのが一番です。

またFX会社が用意しているデモ口座ではスリッページはほとんど起きませんので、デモ口座で確認するのは避けたほうが良いでしょう。

スプレッドとMT4 EA

MT4 EAにとってもスプレッドは非常に重要な要素になっています。当社の開発するMT4 EAはできる限りスプレッドの安い通貨ペアを対象にしています。また経済指標発表時などにある設定値以上にスプレッドが広がった場合は、自動的に注文をカットするリミッターがプログラミングされています。

またスリッページにいたっても、安全と考えられる許容値を設定しており、それ以上のスリッページが発生した場合も自動的に注文がカットされます。

そのため当社のMT4 EAをご使用の方々は、スプレッドやスリッページについては、何の心配もされずに安心してMT4 EAを使用していただくことができます。

なお当社のMT4 EAはすべて無料で提供しておりますので、ご興味のある方はブログ訪問をきっかにぜひ下のボタンより無料EAを取得されてください。

無料EA一覧

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村