ADP雇用統計は予想以上の内容

2016年09月01日

昨夜発表されたADP雇用統計は、予想17.5万人に対して17.7万人と予想以上の結果になりました。

ADP雇用統計は雇用関係の指標ではあるものの、米雇用統計とはあまり関連性は無く、昨日も反応薄ではありました。

ただ市場では、この結果をうけて9/2の米雇用統計への期待は高まったようです。

昨日のドル円相場は高値安値の幅が70pipsほどしかなく、完全に米雇用統計の結果待ちになっています。

この狭いボラティリティの動きは、おそらく米雇用統計発表まで続くでしょうが、そのぶん雇用統計発表後は蓄えられた市場エネルギーが放出されるでしょう。

さらにポンドもこう着状態にありますので、クロスポンドの相場も米雇用統計で新たな動きを見せる事になりそうです。

また8月の無料MT4 EAの結果ですが、サマーバケーションシーズンで市場参加者が減少した荒い相場の影響を受けたEAもありましたが、全体的には良い結果が残せました。

後ほど登録者の方々には詳細を記したメルマガを送付させていただきます。

また今月の要注意ポイントもあげておりますので、ご参考にされてください。

8月の無料MT4 EAの成績

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

imageADP雇用統計は予想以上の内容の続きを読む

9月利上げ期待が次第に高まる

2016年08月31日

昨日はフィッシャー副議長のインタビューがありました。

内容的には、「利上げの過程は経済次第」と発言するなど具体的に9月利上げを示唆するおのはありませんでした。

しかし「利上げは1回で終わったとは言えない」とも言及し、今後の利上げを期待させるものにもなりました。

昨日のドル円は日本時間AM1:00過ぎに103円を越えて、一層の円安になりました。

特にドル買いの材料があるわけではないので、この動きは9月利上げの市場期待からだと思われます。

当初は米雇用統計までは102円を挟んでの動きになると思われていたので、予想以上に9月利上げへの期待が高いことが伺えます。

そうなると、今週末の米雇用統計は非常に注目を集めます。

ここで予想以上の結果が出ると、一気に9月利上げ期待が高まりドル買いが進むでしょうし、逆に予想以下ならドルの失望売りになるでしょう。

いずれにしても、雇用統計発表後は相場は乱高下するおそれが高くなりますので、ご注意ください。

8月の無料MT4 EAの成績

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

image9月利上げ期待が次第に高まるの続きを読む

米雇用統計までの流れ

2016年08月30日

昨日は週末のイエレン発言後のドル高の流れが続きました。

一時102円を越えてきましたが、その後の上値は重く、じりじりと円高方向への動きに転じました。

市場では9月米利上げを見据えた動きにはなっていますが、やはり今週末の米雇用統計の内容を確認したいようです。

ただ現在の状況では、ドル売りを誘発するような材料は見当たりませんので、週末までは102円を挟んで、狭い値幅での動きになりそうです。

米雇用統計までは市場は材料不足になりそうですが、そんな中でも8/31にADP雇用統計、9/1にISM製造業景況指数といった相場を動かす可能性がある指標が発表されます。

特にADP雇用統計は、雇用関連の指標であるとともに、月末の発表ですので普段以上に相場が動くかもしれません。

当サイトの無料MT4 EAに関しては、稼動停止までの措置は必要ないかと思いますが、保有ポジションの調整や発注ロット数を減らすなどの対策をとられても良いかもしれません。

8月の無料MT4 EAの成績

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

image米雇用統計までの流れの続きを読む

来週の米雇用統計は重要

2016年08月28日

今週は、週末にイエレンFRB議長発言が予定されていたため、全体的には様子見ムードの週でした。

ここ最近、米要人から9月FOMCでの利上げに対してタカ派的な発言が出ていたため、イエレン議長の発言は市場も注目していました。

その週末の講演でイエレン議長は、「この数ヵ月で追加利上げへの説得力が増した」と発言。

内容的には、年内利上げの可能性は有りと読み取れますが、市場が期待した9月利上げの有無に対するヒントはありませんでした。

しかし、その後、フィッシャーFRB副議長が「8月雇用統計はFOMC決定に影響。イエレン議長の発言は9月利上げの可能性と整合」と発言したことから、市場では9月利上げ期待が一気に高まり、ドル買いが進みました。

仮に9月利上げに向かって進んでいるのなら、今週末の9/2に発表される米雇用統計は非常に重要なファクターになります。

この日の内容が予想を上回るものならば、ドル買いの勢いは一気に高まる可能性があります。

当サイトの無料MT4 EAをご使用の方々は、当日は必ず保有ポジションの調整(決済)や事前の稼動停止を行って、値動きが落ち着くのを待ってから再稼動されることをおすすめいたします。

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

image来週の米雇用統計は重要の続きを読む

ドル円100円割れ、本日FOMC議事要旨

2016年08月17日

昨日のドル円は英国民投票時以来となる一時100円割れとなりました。

特にドル売りを加速させるような材料はなかったのですが、先週末からの米経済指標の弱さや、サマーバケーションで市場参加者が減少しており、売りが売りを呼んでいるといった状況なのかもしれません。

ただその後のダドリー連銀総裁の「利上げの時期に近づいている。9月の利上げはあり得る。状況を考慮すると10年債利回りはかなり低い」との発言を受けてドルが買われ、99.5円付近から一気に100円を超えてきました。

ハト派で知られたダドリー総裁の、タカ派寄りの発言でしたので相場に影響を与えたようです。

ポンド円も128円台まで下落しましたが、ダドリー発言で130円台に回復、現在は131円付近にあります。

昨日発表された英コアPPIは、予想0.8%に対して1.0%と強い内容でした。

これは英国民投票後のポンド安で輸入品の価格が上がり、それが商品価格に反映されたかたちです。

この結果については、市場は折り込み済みのようで、相場への影響は限定的でした。

しかし、ここまで物価高が急速に進むと、これ以上のポンド安は英国民の家計を直撃しかねないため、英中銀は今後の追加緩和の実施について慎重にならざるをえません。

まだまだ様子見は続くでしょうが、今後はポンド高方向への動きも警戒すべきかもしれません。

さて本日は27:00にFOMC議事要旨の発表があります。

目新しい内容が発表される可能性は低いですが、当サイトの無料MT4 EAをご使用の方々はご注意ください。

当サイトのEAにご興味のある方は以下のボタンよりMT4 EAを無料にて取得可能です。

MT4 EA

ブログランキングにも参加していますので、ページ訪問をきっかけに是非クリックをいただけると嬉しいです。

<

imageドル円100円割れ、本日FOMC議事要旨の続きを読む