MT4 EA > NEWS > 2015 NEWS > 1月1日

謹賀新年。2014年度の総括と12月のトレード結果

本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。

 

◆ 2014年全体の総括

 

2014年は、前半と後半で大きく事情が異なる内容でした。

前半は相場を動かす材料に乏しく、ボラティリティの狭い相場。

後半は日銀のサプライズ金融緩和やアメリカ経済の好調に支えられ、活発な相場の動きが演出されました。

 

◆ 2015年の相場予測

 

アメリカの利上げと、その時期が注目ポイントとなるでしょう。

市場予想では2015年半ばと考えられているようですが、指標内容により早期利上げが行われる可能性も示唆されています。

 

2015年は、間違いなくアメリカの経済指標を中心に相場が動きます。

雇用統計やFOMC、FRB議長発言は、これまで以上に注意が必要です。

 

◆ 2014年12月のトレード結果詳細

 

円安ドル高の流れの中で、地政学リスクによる一時的なドル売りやクリスマス休暇によるボラティリティ低下の影響で難しい相場でした。

 

大きなトレード損失が見られた12月4日はドラギECB総裁発言の日。

メールやWEBで注意を促した為、殆どの方が損失を避けたと思われます。

 

◆ 2014年12月のE結果

 

以下、( )内の結果はドラギECB総裁発言の指標時にEA稼動を停止していた場合の結果です。

 

・W Entry System3 + 47.2 pips

・Proto7 V2 - 2.0 pips

・TripleTacForex2 - 0.8 pips

・WPR_ST -122.9 pips(+32.6 pips)

・TLBreak2 -430.5 pips(+27.0 pips)

 

※ EA結果に大きな誤差がある方は、EA設定の誤りである可能性がありますので結果に乖離がある場合はお問合せください。

 

◆ 1月の注目経済指標

 

12月2日 米 イエレンFRB議長発言(22:30)

12月3日 米 11月ADP雇用統計(22:15)

12月4日 英 BOE金利発表(21:00)、欧 ECB政策金利発表(21:45)ドラギ総裁会見(22:30)

12月5日 米 11月雇用統計(22:30)

12月8日 日 四半期GDP(8:50)

12月14日 日 衆議院選挙(※ 翌月曜日の相場に影響する可能性有り)

12月17日 英 英中銀政策委員会議事要旨発表(18:30)、米 FOMC政策金利発表(28:00)

12月19日 日 黒田日銀総裁会見(15:30)

 

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。


「外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求 めてください。」