MT4 EA > NEWS > 2014 NEWS > 11月1日

MT4 EAにとっての厳しい相場展開。10月の結果。

10月も、ボラティリティは回復傾向にありユーロドル日足レベルで平均100pipsを超え、これは昨年の8月と同等のボラティリティです。

 

しかし、値動きは相場が乱高下する安定性に欠ける値動きでした。

 

特に10月6日のドル安の値動きは、市場を動かす材料が無い中での利益確定のドル売りの動きであると予想され、相場の事前予測が困難な、避けられない損失となってしまい、2014年、初めての大きな損失を計上してしまいました。

 

それでもメルマガで案内した「10月相場の注目指標」での指標前後にEA稼動対策をおこなう事で、成績の悪化を防げたEAも見られた事からやはり為替相場を大きく動かす可能性が高い重要指標時は、EAの稼動停止や発注量のコントロールが重要と言えます。

 

また、10月31日に日銀が追加緩和のサプライズ発表しましたが、11月も日銀の動向には注意が必要でしょう。

 

◆ 11月相場の注目ポイント

11月5日 日 黒田日銀総裁発言(11:30)、米 ADP雇用統計(22:15)

11月6日 日 日銀金融政策決定会合議事要旨発表(8:50)、英 BOE金利発表(21:00)、欧 ECB政策金利発表(21:45)ECB総裁記者会見(22:30)

11月7日 米 10月雇用統計(22:30)イエレンFRB議長発言(24:15)

11月19日 日 日銀金融政策決定会合後発表(時間不明)、欧 英中銀金融政策委員会議事要旨(18:30)、米 FOMC議事要旨(28:00)

 

◆ 2014年10月のEA結果

・TLBreak2 -316.7 pips(+124.1pips)

・Proto7 V2 - 87.2 pips(+ 29.8pips)

・WPR_ST -326.6 pips(- 70.7pips)

・TripleTacForex2 -239.1 pips(-150.7pips)

・W Entry System3 -215.6 pips(-227.7pips)

 

※ EA結果に大きな誤差がある方は、EA設定の誤りである可能性がありますので結果に乖離がある場合はお問合せください。

 

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。


「外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求 めてください。」