MT4 EA > NEWS > 2012 NEWS > 4月20日

バックテストの正しい方法について

◆バックテストの正しい方法について

 

以前、シストレ中級者レベルの方10名にバックテストを実施して頂いた経験があり、バックテスト結果の成功者はわずか1名でした。

ご自身でのバックテストは容易ではない事が伺えますので当サイトで毎月公開しているグラフデータを参考頂くか、デモ運用でのテストをされる事をお勧めします。

(当グラフ結果は、市場サイトと同じく固定2pipsでの公開です)

 

正確なバックテストには多くの環境を用意する必要がある為、バックテストについて、公表グラフ結果と若干の誤差である場合はバックテストが成功しているとお考え頂いて結構です。

 

FXDDは変動スプレッドの為、スプレッドが大きく開いている時にテストした場合は結果が異なります。

通常はスプレッド固定をしバックテストをしますが、固定させる方法はプログラムレベルが高い方でなければ難しく、若干の誤差は正しいと考えて下さい。

 

全く結果が一致しない方は、バックテストに誤りがあるかヒストリカルデータをFXDDのデータを使用せず、MT4のヒストリーセンターから得ているケースが多いです。

MT4のヒストリーセンターはサーバー時間も異なり何よりデータの信頼性が乏しいので全く異なる結果が出ます。

 

その他にも、1分足データの作成方法に問題がある場合があります。

精度の高いヒストリカルデータを作成する際は、過去データを一旦全削除してクリアな状態で作成して下さい。

この作業を行わずに上書きすると、エラーが多発する可能性があります。

 

テスト以外でも不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

お問合せ

 

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。


「外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求 めてください。」