MT4 EA > NEWS > 2011 NEWS > 9月4日

全EAの連続勝利記録がストップ。8月トレード結果。

全EAの3ヶ月連勝、Proto7の4ヶ月連続勝利記録がストップ。

現在、8月の最終週より相場に落着きが戻りEA状況が好調軌道に乗っていますが月次報告がマイナスとなり悔しい結果となりました。

過去、2ヶ月連続の負けがない事から9月の巻き返しを期待します。

8月はデフォルト問題・欧州不安・日銀介入等で非常に不安定な相場となりました。

8月の相場分析を行いましたので。以下ご参考までにご覧下さい。

 

◇2011年8月のトレード結果をご報告します。

Spreadは2pips固定、EAはデフォルト設定、Swapは含まず公表しています。

・Proto7 -75.5 pips

・FitMPR -204.7 pips

・PT Proto7 -206.3 pips

※HUAU社のEAについては、他社EAの為、検証結果は公表致しておりません。

 

◇現在までのEAデータをお知らせします。ご参考までに。

・Proto7(11月リリース、10ヶ月経過)

Total「+2943.3 pips」月別平均「+294.93pips」獲得中

・FitMPR(3月リリース、6ヶ月経過)

Total「+959.2 pips」月別平均「+159.86pips」獲得中

 

◇8月相場の分析

8月は夏休み相場だった事から市場参加者が減少した事に加え、デフォルト問題・欧州不安・日銀介入の警戒不安などで通常と異なる荒れた相場パターンが見られました。

EURUSDの1時間足の時間足データを使用しデータを取りました。

 

2011年1月~7月の1時間足の値幅(最高値-最安値)は平均値が27.6pips、8月の平均は33.7pips。6pips(22%)程の変化幅ですが平均値の値としては大きな違いと言えます。

次に1時間足でのRSI 14本のデータでRSIが30を下回った後に70を上回るまでの期間と70を上回った後に30を下回るまでの期間を集計した所、2011年1月~7月の平均値が121.3時間、8月は平均値が70.8時間でした。

つまり過去に比べ58%の時間で値幅が激しく上下動を繰り返した非常に荒れた相場だった事がわかります。

 

なお、現在の相場は8月最終週に入り徐々に落ち着きを戻しており各EAの成績も上がってきております。今後、さらなる相場混乱が無いとは限りませんが、以前のマーケットパターンに戻る可能性は十分に期待できるものと考えております。

 

当方では今後も更に相場分析を強化しイレギュラーな状況下でも高いパフォーマンスを発揮できるEA開発に取組んで参ります。

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。


「外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替 取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって 損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求 めてください。」